2015年9月30日更新

新潟で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。

心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないことが重要です。元気がない、食欲がない、疲れやすくなった、散歩を嫌がるようになった、ゼイゼイというようになった、咳がでるようになったなどの症状がある場合、心臓病の可能性もあるので、医療機関で診察していただいてみてはいかがでしょうか。今回は、犬の心臓病に強い動物病院をピックアップしてご紹介します。

 

心臓病のうち最も多いとされる僧帽弁閉鎖不全症になりやすい犬種一例

  • マルチーズ
  • ヨークシャーテリア
  • チワワ
  • シーズー
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • ミニチュアダックスフンド
  • キャバリア
  • パピヨン

新潟県で犬の心臓病に強い動物病院10選

2015年8月現在 順不同

アニマルメディカルプラザ関屋 あさい動物病院

特徴

診療科目に内科系・循環器系疾患がある動物病院です。ホームページに初診の方用の問診票が用意されているので、プリントアウトし記入して持参すると診察がスムーズとなります。火曜日が予約診療となっています。時間外診療は
23時前後まで電話転送で受け付けており、それ以降はカルテがある方のみ専用の携帯電話番号で引き受けているとの事です。

心臓外科など極めて専門性の高い分野については、優秀な専門医のいる動物病院を紹介する制度となっています。

また一般診療以外にサービスプログラム(ノラちゃんセット/野良猫の手術の支援)、無料相談会(予約制)など、ボランティア精神がある動物病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒951-8165 新潟県新潟市中央区関屋金鉢山町85-4
電話  025-232-1112
ホームページ http://www.a-vital.co.jp/

見附動物病院

特徴

日本獣医循環器学会認定医、日本獣医皮膚科学会認定医がおり、専門的な医療が提供できる動物病院となっています。

検査科目は血液・血液化学検査、内分泌検査、アレルギー検査、レントゲン検査、超音波 検査、心電図検査、内視鏡検査など。ホームページの症例紹介のなかに、犬に認められる先天性心奇形で最も多く発生するという動脈管開存症(PDA)が紹介されています。

治療は開存したままの動脈管を閉鎖することが有効となっており、胸を切開し心臓の近くにある動脈管を直接閉鎖する方法(開胸手術)と末梢の動脈からカテーテルを使って血管内から動脈管内に「詰め物」をする方法(インターベンション)がありますが、インターベンションによる手術が動物に対して負担が少なく済む、となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒954-0111 新潟県見附市今町5-35-29
電話 0258-66-7511
ホームページ http://www.mitsukeah.com/

くまちゃん動物病院

特徴

新潟動物眼科センターが併設されている為、眼科に強い病院ではあるのですが、診療科目に循環器科がある動物病院です。

検査機器としては、超音波断層診断装置、内視鏡検査装置、歯科用エックス線撮影装置、エックス線撮影装置、CRなどが備えられています。

急患の場合は診療時間外でも可能な限り対応する、となっています。(連絡が付かない場合は新潟動物夜間救急センター/070-6983-9912 に連絡をしてください。)

アクセス・連絡先

くまちゃん動物病院 本院
住所 〒950-0151 新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野4-5-5
電話 025-383-5515

くまちゃん動物病院 イオン分院
住所 〒950-0151 新潟市江南区下早通柳田1丁目1−1
電話 025-211-3751

ホームページ http://kumachan-ah.com/

山田動物クリニック

特徴

院長が日本獣医循環器学会に所属しています。(現在日本獣医循環器学会評議員)またCTが導入されているなど、高度な医療機器がある動物病院です。全国でも数少ない最先端獣医療を導入している、ということです。

「日々の健康管理から高度先進医療まで」幅広く高度な獣医医療を提供しています。また、十分に丁寧なインフォームドコンセント(必要な検査、病気の予後、治療法、料金などの説明と理解)を目指している病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒940-0098 新潟県長岡市信濃2丁目13-21
電話 0258-33-2522
ホームページ 日本獣医循環器学会評議員

エルム動物クリニック

特徴

日本獣医循環器学会所属の動物病院です。モットーは予防に勝る治療なし、となっています。各種臨床検査としては、皮膚、糞便、尿、血液(一般血液、血液化学、LipoTEST、血液ガス、ワン・キャン・テストなど)、心電図、レントゲン、超音波(エコー)などを実施しています。

料金は初診料1200円、再診料600円、時間外診察料2000円、深夜・早朝診察料5000円、休日診察料2500円など明快に記載しています。(価格は税別)

アクセス・連絡先

住所 〒950-2055 新潟県新潟市西区寺尾上3-10-13
電話 025-260-5680
ホームページ http://elmac.jp/

しろね動物病院

特徴

生活環境の改善、医療技術の進歩、飼い主の意識の向上などにより、平均寿命も年々伸びているため、高齢性疾患は増加しており、心臓病などになる犬も増えています。病気から守るには毎日注意深く観察、チェックをすることが重要ですが、内部から進行する病気については健康診断を勧めています。

検査内容としては糞尿・血液・血清・心電図・レントゲン(心血管造影などの実施)・超音波検査(腫瘍、心疾患、肝疾患、腸疾患などの把握)など。ホームページには急な診療時間の変更なども記載されているので、来院前はチェックするとよいでしょう。

心臓病については投薬治療が多いのですが、心臓の薬は飲み続けなければいけないので、成分・効能はもちろんですが、錠剤の形や嗜好性など飲みやすいように考えて作られているそうです。

アクセス・連絡先

住所 〒950-1217  新潟市南区白根1242-9
電話 025-372-5234
ホームページ http://www.shirone.jp/

もろみざと動物病院

特徴

獣循環器病で著名な 医師(JASMINEどうぶつ循環器病センター所長)に師事し、力を入れている分野として、循環器系疾患・心臓病をあげている動物病院です。性能の優れた超音波診断機で、検査プローブを使い分け、正確に診断、服薬開始や薬の選択をすることに努めています。なるべく体に負担がかからない治療、丁寧な診療を心掛けています。

希望に応じて、循環器外科がある二次診療施設にも紹介する制度があります。新潟ねこ察処分ゼロチャリティーTシャツの告知や飼い主のいない雌猫の不妊助成など、ボランティア活動にも熱心な動物病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒950-2015 新潟県新潟市西区西小針台1-16-11
電話 025-265-4837
ホームページ http://kemoja.punyu.jp/mrm/

荻川どうぶつ病院

特徴

興味分野として、画像診断(特にエコー検査)、皮膚科、循環器(心臓病)、呼吸器、消化器をあげている病院です。検査については問診、触診、視診、聴診を行い、必要に応じて血液検査、レントゲン検査、エコー検査などを実施しています。

心臓病に対応できる健康診断としては総合検査コースがあります。(血液検査コースにプラスして、レントゲン検査、エコー検査、尿検査、糞便検査。半日の預かり検査です。予約制。)予約診療、往診は12-16時に行われています。

ホームページの「予約診療」「往診」をクリックして申し込みをしてください。夜間や休診日など、診療時間外の急患は可能な限り対応しています。時間外診療の場合は必ず電話後来院してください。(基本留守番電話が対応しています。15分以内に電話がない場合は対応できないときとなっています。)

アクセス・連絡先

住所 〒新潟市秋葉区あおば通1-7-11-2
電話 0250-23-1002
ホームページ http://www.ogikawa-ah.com/

小島動物病院アニマルウェルネスセンター

特徴

内科系診療科のなかに循環器科がある動物病院です。心臓病は高齢化とともに増加し、長期にわたって治療が必要な疾患なので、動物の状態に合わせた治療や胸部レントゲン、心臓超音波検査、心電図などの検査を実施しています。

心臓病の飼い主の早期発見のポイントのひとつとして、心臓の機能が低下してきたことにより疲れやすく、長時間のお散歩が苦手になる、というのがあります。心臓の病気は初期の段階から治療をすれば進行を遅らせたり症状を軽減場合があり、早期発見・早期治療が大切です。定期的に検診や健康検査を受けることをおすすめします。

エキゾチックアニマル科なども診療科目にある為、繊細な治療、診断を得意としている病院と言えます。

アクセス・連絡先

住所 〒956-0832 新潟市秋葉区秋葉2丁目14-68
電話 0250-24-2223
ホームページ http://www.animal-wellness.co.jp/

とやの動物病院

特徴

診療科目の中に内科・循環器が含まれている動物病院です。院長が日本獣医循環器学会に所属しています。全般的な診療が行われています。

動物の症状や様子などについて、飼い主に聞くことから診療が始まるので、症状の記録や動画、過去の病気の記録、投薬中の薬、吐しゃ物や排泄物などがあれば持参してください。
様々な検査項目は超音波(エコー)検査、血液化学検査、血球検査、レントゲン検査、血液凝固分析検査や顕微鏡検査などが実施されています。特殊検査については外部専門機関に依頼し、結果をもとに治療方針を立てていく、となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒950-0981 新潟市中央区堀之内55-14
電話 025-383-6955
ホームページ http://www.toyano-ac.com/

 
 

関連カテゴリ