2016年3月2日更新

スコティッシュ・テリアの価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

胴長短足のがっしりとした体形と、長く針金のような被毛が独特の風貌を醸し出すスコティッシュ・テリア。タフで頑固な面もありますが、家族には忠誠を尽くす犬です。そんなスコティッシュ・テリアの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

スコティッシュ・テリアの価格・相場は?

スコティッシュ・テリアの価格のおおよその相場は150,000円~250,000円くらいとなります。

スコティッシュ・テリアのカラーにはもっとも一般的なブラック以外に、クリーム色のようなウィートン、暗色のブリンドルがありますが、カラーによる価格の差はあまりありません。

子犬の価格に差ができる要因としては主に、血統、容姿、月齢となります。スコティッシュ・テリアのような中型の犬種の場合は小型の犬種に比べて成長が速いため、販売に適した月齢を超えると価格が下がる傾向があります。また犬種標準(スタンダード)と呼ばれるJKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)が定めたその犬種固有の姿形に近い要素の多い子犬になるほど高額になります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでスコティッシュ・テリアを購入するには?

日本では住環境の影響か小型の犬種に人気が集まる傾向があります。そのため日本のペットショップでは流行の犬種以外は小型の犬種の販売が主流となりますので、中型のスコティッシュ・テリアをペットショップの店頭で見かけることはあまりありません。

ペットショップから購入することの利点は身近なところから子犬を引き取ることができることですね。

スコティッシュ・テリアのように店頭で販売されていない子犬をペットショップで購入する場合は、子犬を探すサービスを利用するとよいでしょう。ただしこのサービスは通常の販売とはサービス内容が異なることがありますので、事前にそのお店のサービス内容とおおまかな価格を確認しておくと安心です。

ブリーダーからスコティッシュ・テリアを購入するには?

引き取りの時の子犬の負担を考えると、自宅からできるだけ近いブリーダーを選びたいところですよね。スコティッシュ・テリアのブリーダーはインターネットを使っても調べることができます。スコティッシュ・テリア、ブリーダー、地域名で検索してみてください。ただ、スコティッシュ・テリアの場合は血友病やヴォン・ヴィレブランド病という血液にまつわる遺伝性の疾患がありますので、ブリーダーを選ぶときにはこのような遺伝性の疾患に対して正しく配慮した繁殖を行っているブリーダーを選びましょう。ブリーダーを選ぶときの基本的なポイントをいくつかご紹介します。

  • 特定の犬種を長く繁殖していること
  • 繫殖や飼育の環境が清潔で、親犬が生き生きと生活していること
  • 事前説明の際にスコティッシュ・テリアのよい面だけでなく注意すべき点もしっかりと伝えてくれること
  • 遺伝性の疾患について正しい知識を持っていて、DNA検査の実施などしっかりとした管理が行われていること

などです。ブリーダーから購入する場合はこれらのポイントを確認するためにも、メールや電話だけのやり取りでなく直接犬舎へ出向いてブリーダーの話しを聞くようにしましょう。

 

里親制度とは?

災害救助犬の夢之丞のことをご存知の方も多いのではないでしょうか。広島の土砂崩れ現場で行方不明だった男性を発見したことで注目を集めた災害救助犬です。そんな夢之丞ですが殺処分寸前のところをボランティアの方に救い出された元保護犬なのです。テレビの放映でもショッキングな場面でしたが、ボランティアの方が夢之丞を救出した時の表情はなかなか忘れられるものではありません。

夢之丞のように殺処分の直前で救われることは奇跡的なことです。保護された犬や猫が飼い主の元へ戻るか新しい飼い主に引き取られる確率は全体の約30%で、犬と猫をあわせると現在もまだ1日300頭近い殺処分が行われています。

里親制度とは保護された犬や猫に新しい飼い主を募集し、1頭でも多くの犬や猫が新しい家族に出会えるようにと行われている活動です。里親を募集している犬や猫の情報はインターネットなどを通じて広く公開されています。犬、里親、地域名で検索をしてみてください。スコティッシュ・テリアの里親募集はあまりありませんが、思いもかけないような出会いがあるかもしれません。

里親への応募方法はそれぞれの施設や団体によって異なります、詳しい内容はホームページに掲載されていますので確認してみてください。


〈画像引用元:Kelly Hunter

スコティッシュ・テリアを飼う時に考えて欲しいこと

スコティッシュ・テリアは「ダイハード(最期まで抵抗する頑固物)」と呼ばれるほど、タフで少々荒っぽいところのある犬種なので、犬を飼うことに慣れていない人や、小さなお子さんのいるご家庭に向く犬種とはいいがたいところがあります。

犬を飼う時はその犬の見た目だけでなく、性質やかかりやすい病気などをよく調べ、自分たちの生活にあった犬種を選ぶようにしましょう。