急に粗相するようになった猫。その原因と解決策は??

猫のトイレトレーニングは、子猫の頃にあっという間にできたという方も多いのではないでしょうか。しかし、トイレのしつけは完全にできているのに、突然床や畳、ベッドなど粗相をするようになってしまって驚くこともあります。

 

猫の粗相の原因

考えられる病気

猫の突然の粗相には、様々な原因が考えられます。まず最初に注意したいことは、猫の体調です。膀胱炎や腎臓病、下部尿路疾患など、病気が原因で排泄の失敗をしてしまうことがあります。

猫の本能

また、猫の本能的な部分が原因になることもあります。去勢していないオス猫は特に注意が必要です。柱などにマーキングで尿をすることもありますが、ストレス発散でわざと失敗しているという場合もあります。

トイレの汚れ、におい

トイレが汚れていることが理由で粗相をする猫もいます。トイレが汚れているのに、気づいていなかった飼い主さんへの猫なりのアピールというわけです。
トイレ掃除は汚れた部分を取り替えることはもちろんですが、においが気になるという猫もいます。定期的に全ての砂を交換して、トイレごと洗うなど、常に清潔にする必要があります。
また、トイレの砂を新しい物に変える際も要注意です。一度に全ての砂を変えてしまうと、その感触やにおいに猫は混乱してしまいます。少しずつ取り替えていくなど、猫にとってトイレの環境を整えてあげることはとても大切なことなのです。

猫が粗相をする原因は、病気や発情期によるストレス、また環境変化へのストレスが主なものです。飼い主さんへの不満や欲求を訴えるかのように、トイレをはずしているというわけです。

 

猫の粗相の対策

猫が粗相をしてしまった時は、まずは、何かストレスになることはなかったかと最近の行動を振り返ってみましょう。むやみに怒るのはよくありません。長時間ひとりでお留守番させていてあまりかまっていなかったというのであれば、たくさん遊んだりブラッシングをするなど、猫とのコミュニケーションが大切です。留守の間、トイレの汚れが気になったり、遊びや運動量が少ない時は、家族の協力をお願いしたり、ペットシッターを頼むなど、猫のストレス軽減に向けた工夫が大切です。
逆に、見知らぬ来客があって緊張のあまりストレスになってしまう猫もいます。こういった猫の場合は、来客の際には、別室に猫を入れておくなど、猫が安らげる環境づくりが必要になるのです。

猫は、孤独の時間も大切にすると言われていますが、飼い主さんとの関係ができると、やはり愛情をたっぷりそそぐことが大切です。猫が突然粗相をしてしまった時は、愛猫との暮らしをもう一度振り返ってみることが大切なのかもしれません。

関連記事