2016年3月2日更新

チベタン・テリアの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

目の上にもかかるようなフワフワフサフサとした美しい被毛が特徴的なチベタン・テリア。テリアの名前が付いていますがテリア種ではなく、穏やかで気品のある性格をしています。そんなチベタン・テリアの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

チベタン・テリアの価格・相場は?

チベタン・テリアの価格のおおよその相場は120,000円前後~250,000円くらいとなります。

チベタン・テリアは2015年のJKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)の登録数が16頭と大変少ない希少な犬種になります。そのため子犬の購入は国内だけでなく海外からの輸入も視野に入れて検討する必要があります。犬の輸入は国や地域によって手続きが異なるかなり煩雑な手続きになります。個人で輸入することを検討している場合は、農林水産省のホームページを参照し事前によく下調べをしておきましょう。

輸入の代行業者を利用する場合の価格は、子犬が輸入されるまでの間に入る業者の数によって価格が上下します。そのため相場は時価となることが多いようです。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでチベタン・テリアを購入するには?

価格のところでも書いた通り、チベタン・テリアは日本では繁殖数の少ない希少な犬種のため、ペットショップが主に子犬の買い付けに利用しているオークションなどへ子犬が出品されることはなく、ペットショップの店頭で見かけることは難しくなります。

ペットショップでは店頭で販売されていない子犬を探すサービスを行っています。大手のペットショップでは輸入の代行を行っているところもあります。チベタン・テリアをペットショップから購入するには、近くにある大手のペットショップを探して相談してみるとよいでしょう。ただし輸入を代行してもらう場合は子犬を見て選ぶことは通常の場合はできません。ペットショップのサービスの内容をよく確認し、価格や子犬の選び方など納得できるペットショップを選ぶようにしましょう。

ブリーダーからチベタン・テリアを購入するには?

国内で繁殖を行っているブリーダー数が少ないチベタン・テリアのような犬種の場合、JKCなどが開催しているドッグショーでチベタン・テリアの購入方法について情報を集めるのもよい方法だと思います。チベタン・テリアは9G愛玩犬に分類されます。下のJKCのホームページを参照してスケジュールを確認してください。

価格面では間に業者が入らない分個人で輸入する方が安くなりますが、個人で犬の輸入をするのはとても難しく、経験のない人が行うのはかなり難しいと思います。輸入経験の豊富な代理業者の方にお願いする方が安心です。チベタン・テリアの取り扱いのある輸入代行業者をご紹介します。参考になさってください。

また国内でチベタン・テリアの繁殖を行っているブリーダーのホームページをご紹介します。すぐに子犬がいただけるとは限りませんが、連絡をとってみるのもよいかもしれません。

 

里親制度とは?

年間で150,000頭以上の犬や猫が保護され、そのうち100,000頭以上が殺処分されている現状をご存知でしょうか?犬や猫が保護される原因は飼い主の不注意や、乱繁殖など、我々人間のペットに対するモラルのなさです。犬を飼うことを考える時にこのことから目を背けないで欲しいのです。

現在公共の施設に保護されている犬や猫を殺処分から救い出すためには、預かり期間内に新しい飼い主を見つける以外にありません。保護犬・猫の里親制度とは犬や猫の情報を広く一般に公開することで新しい飼い主を募集し、1頭でも多くの犬や猫を殺処分から救って行く制度です。

チベタン・テリアが里親を募集していることはあまりないかもしれませんが、同じ愛玩犬でもプードルやマルチーズなどは多くの犬が里親を募集しています。1度どのような犬が里親を募集しているか見てみませんか?インターネットで地域名、犬、里親で検索してみてください。思いがけない出会いがあるかもしれませんよ。

チベタン・テリアを飼う時に考えて欲しいこと

憧れの犬とともに生活をすることは考えるだけでワクワクすることですよね。でも、遠く離れたところから犬を輸入する場合は、慣れない気候や風土の中に連れてくることになるので、室温湿度や食事などに注意を払って体調を崩さないように注意してあげましょう。

また身近に多くの犬が飼い主を探していることも忘れないでください。どこでどのように犬と出会うか、自分たちの生活にあった出会いはどのようなものかをよく考えてみて欲しいと思うのです。