2017年5月17日更新

コーギーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

胴長短足な体つきに、ピンと立った大きな三角の耳が特徴的なウェルシュ・コーギー・ペンブローク。活発で動き回ることが大好きなエネルギッシュな犬です。そんなウェルシュ・コーギー・ペンブロークの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの価格・相場は?

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのおおよその平均相場は100,000円~300,000円といわれています。

子犬の価格にははっきりとした基準がないため、販売者の考え方がそのまま値段に反映されるようなところがあり、大きな幅ができるのが通常です。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの子犬も100,000円以下の子犬から300,000円以上する子犬までいます。価格差の主な要因は血統、容姿、月齢で、ドッグショーなどを目指せるような犬種標準(スタンダード)に近い要素の多い子犬でチャンピオンの血統の子犬などになると、驚くほど高額な子犬もいます。

またブリーダーの場合は最初から価格を提示せず、購入者との話し合いの中で決めて行くような場合もあるようなので、自分たちがどのくらいの価格のどのようなタイプの子犬を望んでいるのかをはっきりさせておくとよいでしょう。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでウェルシュ・コーギー・ペンブロークを購入するには?

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク は根強く人気のある犬種ですが、一時期のような爆発的な人気ではなく、また初心者向けの犬種とはいいがたいことなどから、最近ではペットショップの店頭で見かけることも少なくなってきました。

ペットショップのよいところは何といっても自宅の近くに多くのお店があり、気軽に見て回れることです。ペットショップから購入する場合はその利点を生かして、多くのお店を回ってお店の雰囲気を見て回りましょう。よいペットショップを選ぶ基本的なポイントをいくつかご紹介します。

  • 生体販売の登録業であることを証明する標識が店内に掲示されていること
  • 店内に清潔感があって子犬の展示スペースが清潔に保たれていること
  • 子犬同士が触れ合って一緒に遊ぶ場所が設けられていること
  • 販売されている子犬の爪や耳、目の周りや肛門の回りがつねにきれいにしてあること

などです。まず安心できるペットショップを見つけ、店頭でウェルシュ・コーギー・ペンブロークが販売されていない場合は、子犬を探してもらうサービスを行っていないか聞いてみるのもよいでしょう。

ブリーダーからウェルシュ・コーギー・ペンブロークを購入するには?

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの場合は国内に多くのブリーダーが存在します。多くのブリーダーの中でどのブリーダーから購入するかは難しい問題です。まず引き取りの際の子犬の負担を軽減するためには、できるだけ自宅の近くのブリーダーを探したいですね。でも自宅の近くだからといって、犬舎の様子などを確認せずに購入を検討するのはおすすめできません。よいブリーダーを見分ける基本的なポイントをいくつかご紹介します。

  • 特定の犬種を長く繁殖していること
  • あまり多くの犬種を取り扱っていないこと(できれば専門に繁殖している方がよいです)
  • 購入前に飼うことにあたってのメリットだけでなくデメリットも含めた説明がされること
  • 犬舎の中が清潔で、繫殖を終えた親犬の面倒をしっかりと見ていること

他にはその犬種固有の遺伝性疾患について正しい知識を持っていることも大切なポイントです。近年はウェルシュ・コーギー・ペンブロークの遺伝性疾患として変性性脊髄症(DM)の発症が多く報告されています。変性性脊髄症は痛みを伴わずゆっくりと進行する病気で、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの場合は10歳ころから発症するといわれています。最初は後ろ足から症状があらわれ、進行すると首の脊髄にも広がり呼吸が困難になります。事前の説明の中でこの疾患についての説明がない、または血統の中にいないから大丈夫だけしか説明されないようなブリーダーの場合は、購入を控えた方がよいかもしれません。

 

親制度とは?

公共の動物愛護センターや保健所に保護された犬や猫は、それぞれの施設で定められた預かり期間内に引き取り手が現れなかった場合は、残念ながら殺処分されることになります。預かり期間はそれぞれの施設で異なりますが、もっとも短い期間で3日間と定められています。もちろん民間のボランティアで保護活動をされている方々が、公共の施設から一時的に引き取って期限を設けることなく里親を募集している場合もありますが、保護できる頭数には限りがあります。新しく犬や猫を引き取るためには、今預かっている犬や猫に新しい飼い主を見つける必要があるのです。

里親募集制度とはこのように公共や民間の施設に保護されている犬や猫に、新しい飼い主を見つけることによって、1頭でも多く殺処分から救って行こうという活動です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークはコンスタントに里親の募集がある犬種です。1度どのような犬が里親を募集しているか見てみませんか?ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、里親で簡単に検索することができます。素敵な出会いがあるかもしれませんよ。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼う時に考えて欲しいこと

ペットの流行には様々な問題が含まれています。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークもテレビなどの影響もあって一時期大変流行した犬種ですが、流行は終わると徐々にペットショップで見かけることが少なくなっていきました。

でも子犬は生き物です。人気があるから増やして人気がなくなったから減らすなんて、おかしなことだと思いませんか?ペットショップから姿を消すと同時に増えて行くのは保護件数です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼うことをお考えならば、是非里親になることもあわせて検討してみて欲しいと思います。どこでどのような犬と出会うか、自分たちのライフスタイルにあわせてよく検討してみて欲しいと思うのです。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード