2016年6月30日更新

【獣医師監修】猫にとって危険な食べ物 ~タコ~

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

お刺身やお寿司が食卓にあがる日は、眼をギラつかせている猫は多いことでしょう。猫は生魚などの海の生き物が好きだと思われがちですが、実は猫にとって海の生き物は危険な食べ物なのです。今回はその中でタコについてまとめました。

 

タコは猫にとって有害である

猫がタコを食べるというのはあまり聞いたことのない話ですが、中には好きで欲しがる猫もいるでしょう。一切れくらい、と思ってあげていると猫の健康を害することもあるのです。

継続的に多量に(猫にとって2~3枚の刺身でも多量といえるでしょう)タコを食べていると、黒目が開きっぱなしになり、ふらつき、やがて立てなくなり、そのまま放置すると死亡する可能性があります。

毎日タコなんてあげないから、と思っていても、猫は味を覚えています。飼い主の見ていないところで、お刺身のパックを狙ったり、スーパーの袋を漁って食べてしまうなんてこともありえない話ではありません。

タコは猫にとって危険な食べ物なので与えないようにしましょう。
また、味を覚えさせないようにしましょう。

なぜ危険なのか

人間や犬猫、それぞれ必要な量は違いますが、体が正常に機能するために不可欠な栄養素にビタミンB1があります。ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、神経伝達の手伝いなどをしており不足すると手足の痺れなど神経系に支障をきたします。

一方タコにはチアミナーゼと呼ばれる成分が入っており、チアミナーゼはチアミン(ビタミンB1)を壊してしまうのです。猫はビタミンB1を多く必要とする動物であり、不足すると食欲不振や嘔吐、下痢から始まり、起立困難、痙攣、昏睡を経て、最悪の場合は死に至ります。

つまり、タコを与えると必須ビタミンであるチアミンを壊してしまい、体の正常を保てなくなるのです。これらの理由から、猫にタコは与えてはいけないとされています。

 

与えないことが一番の対策

猫を危険にさらさないために何をすべきかというと、答えはシンプルです。タコを与えないようにすれば良いのです。

チアミナーゼは生のタコに含まれ、加熱すれば分解されチアミンを壊す危険性もなくなります。しかし、タコは非常に消化しにくく、猫には負担が大きすぎる食べ物です。かみごたえもありますので、よく噛んで食べれば良いのですが、猫はほぼ食べ物を丸呑みにしますから、喉や消化器にそのまま詰まってしまう可能性もあります。

生であっても、加熱してあっても、猫にとっては危険にさらされる可能性が捨てきれないので、与えないのが一番の対策といえるでしょう。

欲しがっても絶対に与えないようにしてください。

海辺の猫たちの体調は?

漁港のある地域では、よく猫が住み着いて売り場に出せないような魚を丸ごとそのままエサとしてもらっていたりしますよね。チアミナーゼはタコだけでなく、生魚やイカ、貝類にも含まれています。漁港の猫たちはほとんど漁師さんたちから与えられる魚が主食でしょうから、今後の体調が非常に心配されています。

もし、お刺身やお寿司などの生の魚を猫に与えてる人がいたら、危険だからやめてと伝えてあげてくださいね。