2016年6月30日更新

【獣医師監修】猫はトマトの栄養にあやかることが出来るのか?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

トマトが赤くなると医者が青くなるという言葉が存在するほど栄養たっぷりのトマト。

健康志向で猫に手作り食を与えている飼い主は、その栄養価の高さから猫にも食べさせたい!と1度は思ったことがあるでしょう。ですが、猫にトマトは食べさせても良いのかどうか不安にもなりますよね。ネットで調べても良いと書いてあったり悪いと書いてあったり。本当のところはどうなのでしょうか。

 

トマトは与えても良い

トマトには猫にとって有害と思われる成分は含まれていないので、与えても大丈夫です。

食べても大丈夫なのに、何故食べてはいけないとしている情報もあるのでしょうか?それは猫が肉食動物だからです。

人に飼われるようになってからは肉食というよりも雑食に近くなっていますが、猫の体の構造は未だに肉食動物寄りの体をしています。つまり、野菜などの植物を消化するのがとても苦手ということです。

トマトは植物なので当然消化には負担がかかります。過敏な猫であれば少量でも嘔吐や下痢を引き起こす可能性があるので、まずは大さじ1杯程度から与え、体調の変化がないかよく観察して徐々に与える量を増やしていくのが良いでしょう。

植物はダメなのに、何故猫草を食べるのか

よく毛玉を吐き出す助けとして猫草を食べたり、お腹の調子が悪い時に急に草を食べ始めたりするのは、体に良く回復が見込めるから食べているのではなく、消化器に負担がかかり刺激になるから食べているのです。

刺激になれば当然嘔吐などの消化器症状に繋がるので、毛玉や、体調不良の原因となっていそうなものを排出することができ、いわば自身で荒療治を施しているということなのです。

ですから、食べている姿が可愛いとか、ただ単に好きだから毎日食べているとか、そういう与え方をしていると非常に危険です。食べたままの状態で丸々便に混じって出てきているならまだ良い方ですが、消化出来ず、合わせて便も排出できずにいると、腸内に草が溜まり腸閉塞を起こす可能性があります。

家に猫草を置いているのであれば、食べる頻度や量を飼い主がコントロールするようにしましょう。

 

葉や茎に注意

家庭菜園をしていたり、ベランダでミニトマトを育てていたりするお宅もあると思います。猫と一緒に楽しむのは良いですが、葉や茎を食べさせないように注意してください。

トマトの葉や茎にはソラニンが含まれており、摂取すると心拍数の低下や消化器症状などを引き起こし危険です。また、ナルコチンとよばれる成分が皮膚のかぶれなどを引き起こすこともあるので、猫は近寄らせないのが1番の対策と言えそうです。

ソラニンは未熟な青いトマトの身にも含まれているので、熟す前のものは与えないようにしてください。

手作り食に加えるなら1/8程度

トマトを手作り食に加える場合は、1/8程度が望ましいでしょう。

また、そのままの形で与えると消化しにくく負担がかかりますので、すり潰したりしてペースト状にすることをお勧めします。酸っぱさが苦手な猫はトマトを好まないので、食べなくてもあまり無理強いしないようにして下さいね。

とはいえ、栄養価の高いトマトですから少量をペーストにして、ささみの茹で汁などで伸ばして飲ませてあげるとビタミンCも摂れ、免疫力強化に一役かうことでしょう。