2016年6月14日更新

【獣医師監修】犬の腸閉塞〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬が腸閉塞を発症すると、腸管が閉塞してしまい、激しい嘔吐や腹痛などを訴えます。軽度の場合は、食欲低下や便秘などの症状が出ますが、さらに悪化すると、脱水やショック状態などに陥り、命の危険にもつながります。しかし、この腸閉塞は、誤飲・誤食やなんらかの腫瘍が原因になることが多く、日頃から愛犬の様子に注意することが予防につながります。

 

犬の腸閉塞の原因

犬の腸閉塞は、その名の通り、犬の腸がなんらかの原因でつまってしまい、消化物がそこに塞き止められてしまった状態を指します。この状態によって、腸は機能しなくなり、様々な症状が現れます。

誤食が主な原因

犬の腸閉塞の原因として多いものは、異物の誤食です。

おもちゃなどを丸のみしてしまうと、消化されずに腸につまってしまうことがあります。小型犬の場合は、小さなボールなどでも危険ですが、大型犬であっても噛み砕いたプラスチックなど、様々な物が原因になるのです。

おもちゃでなくても、人間の食べたトウモロコシの芯や梅干、果物の種、紐やビニール袋などが原因になることがあります。

その他の原因

誤食以外の原因で犬が腸閉塞を起こす場合もあります。

例えば、腸管に腫瘍ができていたり、周辺の臓器がなんらかの疾患などで肥大している場合も腸閉塞になる可能性があります。また、低マグネシウム血症などの電解質異常や、ジステンパーなどの感染症などが原因になることもあります。

犬の腸閉塞の症状

犬の腸閉塞の症状としては、まずは嘔吐が見られます。また、元気や食欲がなくなってしまいます。食べ物が消化できずにつまってしまっている状態なので、無理もありません。最初のうちは嘔吐を繰り返していても、元気があるように見えますが、次第に便秘や脱水なども起こり、元気がなくなってしまいます。

重篤な症状

異物によって腸がつまっている場合は、腹痛があり、元気も全くなくなってしまいます。大好きなおやつなどにも目を向けず、食欲が低下する頃には、すでに、お腹を触るだけでもかなり痛がる様子になります。背中を丸めるような姿勢や、呼吸が速い状態、嘔吐や下痢、消化不良による口臭など、様々な症状が現れます。そのままにしておくと、腸管が壊死し、場合によっては命にまで危険が及びます。

腫瘍や基礎疾患などで腸閉塞を起こしている場合は、なかなかその症状に気づくことは難しいものです。便の状態や体重の変化などがないか、日頃から健康チェックをしておくことが大切になります。

 

犬の腸閉塞の対策

犬の腸管閉塞が起きた場合、まずは、その原因となるものを見極め、それに伴った処置や治療が必要になります。すでに、なんらかの基礎疾患が原因になっている場合は、その疾患の根本的な治療が必要になります。しかし、命の危険につながる脱水などの状態になっている場合は、緊急の処置を行った上で治療が始まります。

誤食が原因で腸閉塞を起こしている場合は、異物を取り除くことが必要になります。すでに腸管がつまっていて、症状も重篤な場合は、開腹手術が行われ、異物を取り除くことが必要になるのです。

日常生活での注意

犬の誤食は、思わぬところで発生してしまうこともあります。長時間の留守番の際に、ガムを与えていたところ、消化がうまくできずに腸閉塞を起こしてしまうこともあります。また、おもちゃを与えていて、目を離した時に飲み込んでしまうということもあります。

異物が胃から腸へ移動した際、長期間経って、腸閉塞の症状が現れることもあります。日頃から誤食を防ぐことは、とても大切になるのです。

まとめ

犬の腸閉塞の症状が見られたら、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。そのままにしておくと、どんどん愛犬の容態が悪化してしまいます。重症にならないうちに、処置をしてもらうことが大切です。

普段から誤食に気をつけること、感染症などに注意すること、定期的に健康診断を受けることなども大切になります。思わぬ事故や病気から、愛犬が腸閉塞にならないよう注意してあげましょう。