2016年3月29日更新

殺処分から救い出されて1000人の心を救ったセラピードッグの移動車両を確保したい!

高齢者施設や障害者施設などを訪問して人々の心のケアをする職業犬をセラピードッグと呼びます。最近ではセラピードッグの存在が知られるようになり、活躍の場も広がってきました。日本アニマルセラピー協会栃木中央本部に所属する平澤剛さんはこれまでに動物愛護センターなどから行き場を失った犬を多数引き取り、セラピードッグとして育成してきました。平澤さんの活動により、多くの犬の命と人の心が救われましたが、昨年末に起きた北関東の豪雨はその活動に影を落としました。今回は平澤さんの活動と現状を追ってみました。

活動は行き場のない犬たちを救うことから始まる


環境省が発表したところによると平成26年度に保険所に引き取られた犬は5万匹以上、そのうち2万匹以上が行き場もないまま殺処分されています。日本アニマルセラピーの活動は、まず動物愛護センターに収容されている殺処分寸前の犬や東日本震災で被災した犬を救い出すこと、そして保護した犬がセラピードッグとして新たな生き方を見つけられるようトレーニングを行うことから始まります。

人間のエゴにより捨てられたり、震災で恐怖を味わったりした犬たちの中には、心に闇を抱え人間に素直に心を開けない犬も少なくありません。こうした犬たちも長い時間をかけて愛情を注ぎ、訓練を重ねると徐々に人間との信頼関係を取り戻し、セラピストとしての仕事を楽しむようになります。

写真の犬リヤンは生後7ヶ月でペットショップの店先に捨てられていました。リヤンについていた手紙には「繁殖にでも使ってください」と書かれていたそうです。捨てられた場所が違っていたら命を落としていたかもしれないリヤンですが、セラピードッグへの道が開け、いまでは訪問先で皆のアイドルになっています。

セラピードッグで高齢者や被災者の心を救おう


平澤さんたちはセラピードッグに成長した犬たちを連れて、これまで高齢者施設、障害者施設、医療機関、小学校などを訪れ、のべ1000人以上の人々に喜びと癒しを届けてきました。

セラピードッグと触れあうことによる影響は科学的にも証明されつつあります。2015年4月には「飼い主とイヌが触れ合うことで互いにオキシトシンというホルモンが分泌される」という筑波大学の研究チームによる論文がアメリカ『サイエンス』誌に掲載され、世界中で話題になりました。オキシトシンは別名幸せホルモンとも呼ばれ、オキシトシンが分泌すると気分が幸せになる、ストレスが解消する、心臓の機能をあげるなどの効果があると言われています。

実際に東日本震災後に犬を連れて仮設住宅を訪問した際、津波と一緒に犬を失ってしまった女性から「仮設住宅に避難して寂しかったけれど久しぶりに犬と触れあえて心がほっとした」と喜ばれたそうです。1頭の犬と二人六脚で栃木県から細々をスタートした活動は今では群馬、茨城にも広がっています。

明るい活動に影を落とした豪雨の被害


2015年9月に北関東を襲った豪雨は平澤さんの活動にも影響を及ぼしました。犬たちを施設に運ぶ運搬車が水没し使用できない状態に陥ってしまったのです。セラピードッグに会いたいという人々のもとへ犬を連れて行くにはどうしてもクルマが必要です。セラピードッグが広げる笑顔と癒しの輪を広げるために、平澤さんは「REDAYFOR」を通じて支援を求めることにしました。

人間と犬の両方を幸せにする活動のために、私たちができることは?


大型犬も多いセラピードッグを施設や病院まで連れて行くには大型の運搬車両が必要です。そのためには約100万円の費用が必要となるため、現在、平澤さんは費用を賄う資金を募っています。人間のエゴによって捨てられた犬、その犬に救われる人間…負のスパイラルから転じて幸せの輪を作っている活動をお手伝いしたいと思う方は是非、「READYFOR」
のサイトをチェックしてみてください。

殺処分をまぬがれ、1000人の心を救った犬の移動手段を確保したい

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

引き取り手なく殺処分を待つ老犬や障害犬のために安全なバリアフリーの保護施設を!

環境省のデータによれば平成26年に保健所に持ち込まれた犬は53173頭。そのうち21593頭が飼い主の元に戻れず、譲渡されることもなく殺処分されています。近年では保護団体の活躍やペットを大切……

犬の殺処分

マイクロチップで、迷子のペットをいち早く飼い主さんのもとへ!

突然の災害などによって大切なペットと離れ離れになってしまった時、ちゃんと飼い主さんの元へ帰ることが出来るためには、まずペットの身元がわかることが大切です。ペットはしゃべれないので、こんなとき……

犬の殺処分

犬の里親になろうかなぁと思ったらぜひ行ってみて欲しい。『犬の譲渡会』について

犬をペットショップで購入するのではなく、捨てられて保護された犬を引き取りたいと思ったら、一度訪れてほしいのが犬の譲渡会です。譲渡会では新たな飼い主を探す犬たちが待っていますので、もしかしたら……

犬の殺処分

殺処分ゼロの実現へ。Twitterに写真を投稿すると『募金』ができる特別企画!

かわいいペット動画を紹介するサイトPetFilm(ペットフィルム)で、『シルバーウィーク特別企画!元気なシニア犬&ネコ大集合!』というキャンペーンを実施中!!この企画、ただの写真投稿……

その他のニュース

里親になるためのもうひとつの方法。保護犬カフェについて教えて!

保護犬を引き取ってペットにしたいけれど愛護センターや譲渡会に行って可哀想な犬の姿を見るのは気が引けるという方もいるのではないでしょうか。そんな人にとって保護犬に会えるもうひとつの方法が保護犬……

犬の殺処分