2016年6月3日更新

【獣医師監修】犬の脱肛〜原因・症状と対策

犬の脱肛は、直腸の粘膜が肛門の外に出てしまった場合や、重症化して直腸が完全に外に出てしまった場合を指します。

強くいきんだ場合や、他の疾患などが原因になることもありますが、日頃の栄養不足と肛門括約筋の筋力の衰えが関係していることもあります。日頃から排便時のチェックや肛門周辺のチェックを行い、異常を見つけた場合は、早めに獣医師に相談、処置してもらうようにしましょう。

犬の脱肛の原因

犬の脱肛は、直腸粘膜、重度の場合は直腸が肛門から外に出てきてしまった時の状態を言います。重度の場合は、直腸脱ということもあります。脱肛の原因としては、強くいきんだ際に直腸の一部まで出てきてしまうケースが多いようです。

強いいきみや腹圧によるもの

強くいきんだ際に脱肛になってしまう要因としては、まずは、メス犬が分娩するときです。

メス犬は、分娩する際に腹圧が強くかかる為、場合によっては消化器が押し出されてしまうこともあります。また、下痢や便秘などのおなかの不調が続いている時も脱肛が起こることがあります。

基礎疾患や感染症などで、直腸に炎症が起きている場合は注意が必要です。

栄養不足によるもの

栄養不足も、犬の脱肛の原因としてあげられます。

普段であれば、腹圧に耐えることができる肛門括約筋の筋力が弱まってしまうのです。その結果、外に腸が出てきてしまうことがあります。高齢の犬が、便秘になった際排便時にいきむだけでも、脱肛になってしまうことがあるのです。

犬の脱肛の症状

犬の脱肛は、高齢犬や出産を控えているメス犬は特に注意が必要です。また、腸閉塞を併発することもあります。肛門から、赤い直腸が出ている場合は見た目ですぐに気づきます。

また、犬にとっても痛みが激しく、排便自体も困難になります。すぐに動物病院で処置をしてもらうようにしましょう。

排便時の異常

もともと、犬の肛門は、排便の際に開きます。排便の際に出てきた組織はまた肛門の中に戻るので、本来、犬の肛門に便がついたままになるということは少ないものです。ただし、しきりに肛門を舐めて気にする様子がある場合や排便の際に強くいきんでいる、便秘の症状がある犬は、脱肛にも十分注意することが大切です。

全身に症状がでる場合

感染症や寄生虫症によって直腸にすでに炎症が起こっており、それが原因で脱肛になることもあります。この場合は、便の状態に異常があったり、犬自身の食欲低下や元気消失など、様々な症状が出てきます。また、痛みによって、排便自体が難しくなる場合もあります。全身症状につながる為、注意が必要です。

犬の脱肛の対策

犬が脱肛を起こしてしまった場合は、すぐに動物病院で処置してもらう必要があります。まずは、脱出してしまった部分を肛門に戻す必要があるからです。状態によっては投薬や麻酔下による皮膚を縫合する処置や手術が必要になることもあります。

何度も脱肛を繰り返している場合や、すでに壊死を起こしている部分がある場合も手術が行われることがあります。

食事管理と日頃の注意

脱肛を予防する為に、栄養不足を解消し、便秘を防ぐ生活習慣が必要になります。特に肛門括約筋の力が弱ってきている高齢犬の場合、栄養不足や運動不足といった日々の健康状態がそのまま影響してしまう可能性があります。食生活を見直し、繊維質のものを与えるなど、腸の運動を活発化させるようにしましょう。

肛門周辺のチェック

また、脱肛の際だけでなく、普段から排便しやすいように、肛門周辺を清潔にした後、ワセリンを塗っておくことも日常から対策としてできることです。排便の状態をチェックし、異変を感じたらすぐに獣医師に相談するようにしましょう。

まとめ

犬の脱肛は、痛みが伴い、排便も困難になってしまうことから、すぐに獣医師に処置してもらう必要があります。しかし、普段から、肛門周りのチェックを行い、清潔にしておくことで、異変にも早く気づくことができます。

日常的な栄養不足や基礎疾患が原因になることも多い脱肛、痛みによって排便を嫌がるようになるとさらに状態は悪化してしまいます。日頃の健康管理と共に注意するようにしましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬の肛門腺ってなに?放っておくと破裂を招く危険も!

特に小型犬で必要とされる肛門腺絞り。 犬のお世話本や動物病院、ペットショップ、トリミングサロンなどで耳にした事があるかと思います。 しかし、実は「肛門腺」が何かわからない、という方も少な……

犬の肛門の病気

【獣医師監修】犬の脱肛〜原因・症状と対策

犬の脱肛は、直腸の粘膜が肛門の外に出てしまった場合や、重症化して直腸が完全に外に出てしまった場合を指します。 強くいきんだ場合や、他の疾患などが原因になることもありますが、日頃の栄養不……

犬の脱肛