2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬の水頭症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


犬の水頭症という病気をご存知でしょうか。水頭症は読んで字のごとく、頭の中に水が溜まっている状態で神経機能にさまざまな影響をもたらす病気です。犬でもまれに発症することがある病気で、愛犬の生活に支障をもたらします。命にかかわる恐れは低いものの付きっきりの介護が必要になることもある病気です。今回はそんな犬の水頭症について詳しく見ていきましょう。

 

犬の水頭症の原因とは?

犬の水頭症は脳に脳で分泌される脳脊髄液と呼ばれる液体が何らかの理由で増えてしまい、脳を圧迫して脳が異常に拡張してしまう病気です。脳脊髄液は脳周辺から脊髄にかけて循環している体液の一種で、脳の水分量を調整するなどの役割を持っています。脳脊髄液が増加してしまう理由は代謝によるものと閉塞によるものの2つのタイプがあります。また水頭症の発症原因には先天的なものと後天的なものとに分けられます。

代謝によるもの

脳細胞が何らかの原因で破壊されたり、発育が不足してしまったりすることで脳脊髄液が吸収されずにどんどん脳腔内に貯留していきます。

閉塞によるもの

脳脊髄液が何らかの原因により滞ってしまい、その場に貯留してしまいます。

先天的遺伝による発症

出生前のウィルス感染や発育不良により発症してしまうことがあります。特にアップルドーム型の頭を持つチワワやトイプードル、ラサアプソ、パグ、ポメラニアン、ペキニーズ、シーズー、マルチーズ、ブルドッグ、ボストンテリア、ヨークシャーテリアなどの小型犬の発症率が極めて高いです。

後天的要因による発症

頭部の外傷、ウィルス感染による脳炎、脳腫瘍、脳内出血、髄膜炎などが原因となり、脳脊髄液が過剰に増えたり、停留してしまうことで発症してしまいます。

犬の水頭症の症状について

水頭症を発症すると神経系や記憶に障害が出始めるようになります。主な症状にはトレーニングを覚えられない、ぼーっとしやすく、睡眠時間が増える、などです。突然奇声を上げるようになり、興奮なども見られます。視点が定まらなくなり、元気がなくなり、食欲不振や過食、視力障碍などが起こることもあります。運動能力にも影響が出るようになり、まっすぐ歩けなくなったり、転倒や立ち上がれないなどといった症状もみられるようになります。さらに悪い状態では痙攣をおこすようになり、場合によっては昏睡状態に陥ることもあります。

脳の内部に水がたまっているので、見た目では脳が膨らんだように見えることがあります。頭のてっぺんに溝ができ、ポコポコとすることもあります。通常であれば脳の中を正常に流れている脳脊髄液ですが、脳の中で流れが断たれてしまうため脳室と言われる脳の内部を内側から押し広げるように膨れ上がっていきます。ほかの病気の場合でも似たような症状を発することがあるため、診断は脳のレントゲンやMRIをとって脳室の拡大が起こっているかどうかで判断していきます。

 

犬の水頭症対策

予防が難しく、一度発症してしまうと完治させるのも難しいといわれるのがこの水頭症の特徴です。脳内の脳脊髄液が減っても一度異常をきたした神経などは回復することなく、症状がずっと続くようになりますが、悪化させないためにも治療を行っていきます。治療には内科的治療と外科的手術が用いられますが、どちらも対症療法でしかありません。そのため水頭症を疑うような症状が見られた場合には早急に医師の診断を仰ぐことが急務です。

内科的治療法

脳脊髄液の量を減らし、脳圧を下げる副腎皮質ホルモン薬や降圧利尿薬などを用いて治療を行ってきます。

外科的手術法

脳室腹腔シャントと言われる脳と腹腔をつなぐ手術を行っていきます。この手術を行うことで脳内に貯留してしまった脳脊髄液をおなかに逃がすことで、脳にかかる圧を軽減します。しかしこの手術には危険も多く伴い、愛犬にかかる負担も大きいので獣医師とよく相談することが必要です。

基礎疾患の治療

ウィルス感染による脳炎、脳腫瘍、脳内出血、髄膜炎などによって水頭症が発症された場合は、水頭症の治療とあわせてこれらの疾患を治療していくようになります。水頭症の症状自体は解消されませんが、命の危険を防ぐことにつながります。

まとめ

犬の水頭症は特に小型犬の頭の大きな犬種で発症しやすい病気として知られていますが、もちろんそれ以外の犬種でも発症してしまうリスクは十分にあります。命の危険はないにしても一度発症してしまうと、症状が回復に向かうことはなく、場合によっては介護生活を強いられることもあります。そうなる前にも水頭症の原因を取り除くようにし、症状が感じられた場合でも早い段階で獣医師に診せることが重要です。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】愛犬にも起こるかもしれないてんかんの原因・症状・治療方法まとめ

人間にてんかんという疾患があることは、みなさんご存知かと思います。 このてんかんは犬も発症する恐れがある病気です。今は元気な愛犬がある日、急に発作を起こし、生涯てんかんとうまくつき合っ……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬のキー・ガスケル症候群〜原因・症状と対策

犬のキー・ガスケル症候群は原因がわからない自律神経失調症のことを指します。神経系の病気なので症状が悪化すると体の機能障害によって命に関わります。さらに犬のキー・ガスケル症候群は予後が悪い病気……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の前庭神経炎〜原因・症状と対策

犬の前庭神経炎は前庭神経と呼ばれる脳神経に炎症が起きている状態のことを指します。前庭神経はバランス感覚などをつかさどっている三半規管とつながっているため、前庭神経炎を発症すると歩行がふらつく……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の腕神経叢裂離〜原因・症状と対策

犬の腕神経叢裂離(わんしんけいそうれつり)は腕神経という頸椎のあたりから前肢に向かって伸びる神経に起きる異常です。腕神経叢裂離を発症していると感覚の麻痺によって足が不自然に折れ曲がった状態に……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】小型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

小型犬は大型犬、中型犬と比べるとなんだか病弱そうなイメージを持っていませんか? 実際は、体が小さいからといって、他の犬種よりも際立って病気に弱いということはありません。しかし、遺伝的に……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】犬の水頭症〜原因・症状と対策

犬の水頭症という病気をご存知でしょうか。水頭症は読んで字のごとく、頭の中に水が溜まっている状態で神経機能にさまざまな影響をもたらす病気です。犬でもまれに発症することがある病気で、愛犬の生活に……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の小脳障害〜原因・症状と対策

犬の小脳障害とは犬の小脳が正常に機能しなくなってしまった状態のことを指します。小脳はバランス感覚や眼球の動きといった運動機能に関係するはたらきを担っており、犬が小脳障害になると歩様の乱れや眼……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬のジステンパー性神経症〜原因・症状と対策

犬が打たなくてはいけないワクチンにジステンパーウィルスワクチンがありますが、ジステンパーがどういったものかわからないという人は多いのではないでしょうか。犬がジステンパーウィルスに感染してしま……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬や猫が突然痙攣を起こしたら? ペットの「てんかん」の原因と治療

「てんかん」の原因とは? 「てんかん」とは「てんかん発作」といわれる体の痙攣に代表される発作を繰り返してしまう疾患のことをさします。「てんかん」では、脳そのものに腫瘍や炎症といった病気がな……

猫の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の肝性脳症〜原因・症状と対策

犬の肝性脳症という病気をご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、肝性脳症は肝臓の機能が働かなくなってしまうことが原因で脳に障害を与えてしまう病気です。肝臓の機能障害がなぜ脳に重篤なダ……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の認知症〜原因・症状と対策

犬の認知症とは脳の老化などによって犬が以前は問題なく出来ていたことが出来なくなることを指します。近年では高齢まで生きられる犬が増加しているので、それに伴って認知症を発症する犬が増加しています……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬のダニ麻痺症〜原因・症状と対策

犬のダニ麻痺症はその名の通りダニが原因となって発症する犬の筋肉の麻痺です。ただ日本国内に生息しているダニによってダニ麻痺症を発症する可能性は高くなく、主に海外に生息しているダニが原因で発症す……

犬の神経系の病気