2016年3月17日更新

『春』は冬に溜め込んだ不要なものをデトックスする季節

東洋医学は、中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学です。犬のケアとしてツボ経絡マッサージ、温灸、薬膳などご家族ができる補完・代替療法として注目されています。
東洋医学では、自然界のすべてものを「木」「火」「土」「金」「水」の5つの性質に分類され動物の身体や感情にも関係していると考えられています。そして、臓腑・季節・色なども、この五つの性質と密接に関係しあっていると考えられています。

春はデトックスにオススメの季節

imasia_4532177_S
「木・火・土・金・水」の5つの性質に分類すると、季節の「春」と臓腑の「肝」は密接な関係があるとされています。東洋医学的にいうと「肝」は体から余分なものを排泄する機能とも
言われているため「春」は“排泄”(デトックス)の季節とされ、冬の間に溜め込んだ毒素(老廃物)を排泄し、体内を綺麗にリセットするのにオススメの季節とされています。

体内の毒素(老廃物)を排泄する力が弱かったり、排泄しきれないほどの毒素(老廃物)が体内に溜まりすぎてしまうと、アレルギー症状なども出やすくなると言われています。
体内の余分なものを排泄し、綺麗な水分をしっかりと補給できるように愛犬のケアをしていきましょう。

犬の身体の仕組み

素材_shutterstock_103919972

身体の老廃物を運ぶのは「血液」と「リンパ液」

犬の身体の細胞は主に食事から栄養を吸収し、呼吸で酸素を体内に取り入れ、二酸化炭素、老廃物、余分な水分が生じます。それら老廃物を主に回収してくれているのが「血液」です。
また、犬の体内にはリンパ管という管が張り巡らされていて、その中を「リンパ液」といわれる液体が流れています。血液だけでは回収しきれなかった老廃物を回収してくれているのが「リンパ液」です。運ばれてきた老廃物は、主に排泄物を介して体の外へ排出されます。

「血液」や「リンパ液」が滞る原因

素材_shutterstock_299196839
血液やリンパ液の流れが滞ると、体内の老廃物がきちんと排泄されず、体内に溜まりすぎる状態となります。「血液」の循環を悪くさせる大きな要因の1つは 冷え です。そしてもう1つのリンパには、血液を循環させる心臓のようなポンプの役割を担うものがなく、運動や身体をさするなど外部から力が加わることで流れています。そのため 運動不足 や、過度なストレスによる筋肉の緊張 や 冷え などは「リンパ液」の循環を悪くさせる要因となります。

犬の身体をデトックスする方法

必要な水分量の摂取

身体の水分量が不足していると、排泄にも影響がでてきます。
1日の必要水分量は【 体重(kg)×50~70(ml)】と言われています。※あくまでも目安です。
例)体重3kgの犬の場合 3×50~70 = 150ml〜210ml

普段あまり水分を取らない犬は、野菜の茹で汁などをご飯にかけたり、手作り食などで十分な水分を摂取できるようにしましょう。
★水分をたくさん摂取できるおすすめレシピはコチラ!
犬ごはんレシピ 鶏肉と野菜のおじやごはん

リンパマッサージ

リンパマッサージを行うことで、体内の老廃物をスムーズに排出させるお手伝いができます。
ここでは簡単なリンパマッサージの方法をお伝えしていきます。
※ 悪性リンパ腫や感染症を発症している場合は、必ず獣医さんに相談をしてください。

  1. 犬の身体には、4つの大きなリンパ節があります。
  2. 20160229174609

  3. 左前足の肩甲骨の前をゆっくりさすります。
  4. デトックス1

  5. 顎から耳、肩にかけてゆっくりさすります。
  6. デトックス2

  7. 前足の脇の付け根を軽く押します。
  8. デトックス3

  9. 後足の腿の付け根(鼠径部分)を軽く押します。
  10. デトックス4

  11. 膝の上下をつかむようにして上下交互に揉みます。

デトックス5

まとめ

体内に老廃物がたまりすぎた状態が続くと、毛艶や皮膚にも影響がでてきます。また、せっかく栄養の高い食事やサプリを摂取しても、十分にその栄養素を吸収できなくなります。
特にリンパは免疫とも大きく関わっており、リンパの流れが滞ると免疫力低下にもつながり病気に罹りやすい体にもなります。飼い主さんによる日々のケアで、体内の不要なものをしっかり排泄できる身体作りをして、病気に負けない体づくりを目指しましょう。

高橋 佐奈



ドッグケア

ドッグマッサージサロン&School kukulu* 代表。 愛犬をきっかけに犬のホリスティックケアという世界を知り、ドッグマッサージ、犬の介護・リハビリについて学ぶ。 犬の心も身体も「楽」になってほしいという想いで「緩めるドッグマッサージ・犬のエクササイズ・メディカルアロマ」を取り入れたサロンをスタート。 毎日愛犬と過ごすご家族ができるケアをセミナーではお伝えしています。

kukulu* HP
ブログ

関連記事

子犬に教えたい、最初のしつけ。家や外での『ルール』4つ。

子犬を我が家に迎え入れた!そんな幸せの時間もつかの間…。人間と犬が絆を深めて、快適にストレス無く一緒に過ごす為には家や外での『ルール』を教えなければなりません。ルールを教える、つまり『しつけ……

飼い主さん必見!毎日できる愛犬の健康チェック方法を獣医師が教えます!!

自宅での愛犬の健康チェックの習慣はありますか?愛犬は自由に体や口の中を触らせたり見せたりしてくれますか?言葉を話せない犬の体調の変化にいち早く気づくにはどのようにすればよいでしょうか?今回の……

江戸時代のペット愛護法?犬公方 徳川綱吉の「生類憐みの令」の驚く内容

犬を保護する政策で犬高公方とも呼ばれた徳川幕府5代将軍綱吉。歴史の教科書には必ず登場しますので、知っている人も多いことでしょう。人間より犬を大事にし人々を苦しめた将軍というイメージがある綱吉……

犬のニュース

犬が首をかしげる!?犬の行動とその理由について

自宅で犬を飼っていたり、外で歩いている犬を見かけたりする時に「あれ?なんであんな行動をしているのだろう?」と、私たち人間にとっては理解できない、あるいは理解しがたい行動を見る事はありませんか……

望まない妊娠を防ぐため。発情期の雌犬について獣医師が詳しく教えます!!

避妊をしていない雌犬の多くは、年に2回の発情期を迎えます。避妊をしていない雌犬が避けては通れない、発情期のケアについて一度見直してみませんか?発情期を迎えた雌犬には、発情出血が見られたり、神……

動物看護師が選ぶ!足腰が弱ってしまったペットのためのグッズ3選

犬猫が歳を重ねると、避けて通れないのは体の運動機能の低下。腕や脚の動く範囲は狭くなり、体が動かしにくく、寝ていても寝返りを打ちにくい。自宅の犬猫を愛する飼い主さんなら、その姿を見て、「少しで……

世界でひとつ。愛犬、愛猫のフィギュアを再現してくれる「3D Petshop」

飼い主さんなら誰もが愛犬、愛猫の成長の記録として、また飼っていた犬や猫の想い出として写真やビデオなどを撮ると思いますが、今回はちょっと違った形でペットの姿を残す方法。昨今、金型なしで立体を造……

愛犬・愛猫をお留守番させるとき…なるべく負担を少なくするためには?

犬や猫と暮らしているとお留守番をしてもらうことがとても心配になりますね。そんなときどうしたらいいか、ペットホテルを利用したほうがいいのか、それともシッターさんにお願いしたらいいのか、まとめて……

写真集『うさぎのモキュ様』その②【うさぎのモキュ様ブログ】

ブログ更新を理由に、子供を幼稚園に送った後 スタバで ウマスウマス^q^するのが目的になってきているwww モキュ様のおかんですw 今日は、新作ストロベリーディライトフラペチーノ!……

ブログ

【虫除け対策!】 安心安全 犬猫の虫除けグッズ10選

もうすぐ夏到来。愛犬・愛猫の虫刺されも気になる季節ですよね。 しかし猫(やその他の肉食動物)は、犬には使用できるエッセンシャルオイルも有害となるという説もあるため、猫の虫除け対策に関し……

愛犬のための手作りごはん教室を開催!見た目も可愛いワンコごはんが完成♪

10月18日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし、『愛犬のためのワンコイン料理教室』を開催しました!! 犬や猫の平均寿命が30年前と……

【ペットシッターが解説】キャバリアとの暮らしで注意すること

キャバリアの性格と性質 性格 キャバリアは、とても明るく人に対して友好的な性格を持っています。長い耳、豊富な毛、くりっとした大きな目で思いっきり笑顔の表情を見ていると、こちらまで幸せ……

【動物看護士が解説】飼い主必見!老犬介護に大切なポイントをお教えします。

昔は体力が有り余っていたずらばかりだった愛犬もついに老犬の仲間入り…。もしも、愛犬が寝たきりになってしまったらどうすれば良いのかわからないあなた。愛犬と楽しく、幸せに余生を過ごしてあげるため……

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

ヨーロッパで大人気のインスタグラム『フィロとポンポン』待望の書籍化!

近年、ヨーロッパ諸国で日本犬、特に柴犬の人気が高まっているのをご存知でしょうか。主人と認めた人には忠実で従順、清潔で無駄吠えがなく、非常に賢い。ただし自分の主人以外には警戒心が強く心を許さな……

犬のニュース