2016年3月9日更新

ハバニーズの価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

柔らかい豊かな被毛で全身を覆われたハバニーズ。小さいながらも頑丈で丈夫な体を持っています。いつも活発に動き回っているようなところがあり、家族を楽しませることが大好きな犬です。そんなハバニーズの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ハバニーズの価格・相場は?

ハバニーズは性格的に家庭での飼育に向いていることから人気が上がり、国内でも繁殖を行っているブリーダーが少しずつ増えてきています。価格的には国内では平均的なところで200,000円~350,000円というところのようです。

多くなってきたとは言ってもまだまだ希少な犬種です。子犬の購入には国内だけでなく海外からの輸入も検討する必要があるでしょう。海外から輸入する場合は経験のない方は、個人で輸入するよりも輸入代行業者を通して輸入する方が安全で確実です。輸入代行業者からの購入価格は間に入る人の数によって価格が上下します。そのため相場は時価となることが多いようです。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでハバニーズを購入するには?

ハバニーズは国内ではまだ繁殖頭数の少ない希少な犬種です。そのため子犬がペットショップの店頭で販売されるような機会はまずありません。

ペットショップでは店頭で販売されていない子犬を探すサービスを行っています。大手のペットショップの場合は輸入も含めて捜索をしてくれるところもあります。ハバニーズをペットショップから購入する場合は、大手のペットショップをいくつか探して相談をしてみるのがよいでしょう。ただしこのサービスは通常の販売とはサービス内容が異なりますので、利用する前に内容を確認しておくと安心です。


〈画像引用元:Hemlit 🙂

ブリーダーからハバニーズを購入するには?

ハバニーズの場合は繁殖を行っているブリーダーの数は多くありませんので、地域を限定してブリーダーを探すことは難しいでしょう。インターネットでブリーダーを探す場合は、ハバニーズ、ブリーダーの順に入力して検索をするとよいでしょう。また一般社団法人日本ドッグブリード機構のハバニーズのページからブリーダーを検索することもできます。参考になさってください。

個人で犬を輸入する場合は、海外でのブリーダー探し以外に国内へ輸入する際の検疫手続きやそれにかかる費用を負担する必要があります。詳しい内容は農林水産省のホームページを参照してください。

輸入代行業者はインターネットでも簡単に検索することができます。ハバニーズの輸入取扱のある代行業者のホームページをご紹介します。参考になさってください。

 

里親制度とは?

広島の土砂崩れの現場やネパールの大地震などで活躍をしている災害救助犬の夢之丞をご存知でしょうか?テレビでも放映されたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。夢之丞は殺処分直前でボランティアの方に救出された元保護犬です。殺処分直前にボランティアの方に救い出された時、尻尾を股の間に入れおしっこで足を濡らし怯えきった様子だったそうです。

夢之丞のように殺処分の直前で救われることは奇跡に近いことです、多くの犬や猫は怯えながら死を待っているのが現状です。そして残念ながら現在殺処分されている年間100,000頭を超える犬や猫を全て救うことはとても難しいことです。

里親制度とは保護された犬や猫の情報を広く公開することで、1頭でも多くの保護犬や猫に新しい引き取り手を見つけ殺処分から救い出そうという制度です。

里親募集の情報は公共のホームページだけでなく、民間のボランティア団体のホームページやブログなどでも公開されています。インターネットで地域名、犬、里親と入力することで簡単に検索することができます。ハバニーズが里親募集をしていることはほとんどありませんが、マルチーズやパピヨン、シーズーなどは多くの犬が里親を募集しています。1度どのような犬が里親を募集しているか見てみませんか?素敵な出会いが待っているかもしれません。