2015年9月30日更新

【岐阜】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

岐阜県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

みのわ動物病院

特徴

診療科目は一般診療、検査(内科、外科、皮膚科、歯科、腫瘍科など)、外科手術(一般外科から腫瘍外科、整形外科)、予防医学、健康診断、避妊去勢手術等となっています。診療対象動物は犬猫の他、ウサギ、ハムスターなど。犬猫以外の場合は電話で確認をしてほしいそうです。

院長は、研修獣医師として岐阜大学付属動物病院外科に所属していた経歴があります。また顧問獣医師は岐阜大学動物病院では外科・歯科診療を担当しているなど、外科に強い病院だといえるでしょう。ホームページなどで里親募集をしているなど、ボランティア精神がある病院でもあります。

緊急対応については休診、時間外にかかわらず可能な限り対応するとの事です。(不在、緊急手術時、学会出席などで対応ができない場合もあります)対応できない場合は岐阜県獣医師会夜間救急動物病院(21:00-01:00 058-242-9915 来院前に電話必須 http://www.gifuyakan.jp/)に連絡をしてほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒500-8345 岐阜県岐阜市菊地町5丁目12
電話 058-214-4071
ホームページ http://minowa-ah.com/

柴田獣医科病院

特徴

インフォームドコンセントに基づいた治療を心がけているという動物病院です。犬猫の全科診療を行っています。内科・外科、皮膚・眼病などのけがや病気について問診・検査を通じて診療を行います。対応する手術として、ケガ、骨折などの外科治療なども行われています。

手術の際の麻酔については、ペットの症状や身体の大きさ・病状によって使い分けを行っていますが、飼い主の希望がある場合は可能な限り対応しているとのことです。

アクセス・連絡先

住所 〒507-0847 岐阜県多治見市小路町32
電話 0572-22-0789
ホームページ http://www.shibata-vet.com/

山王動物病院

特徴

腫瘍外科、整形外科に力を入れているという動物病院です。椎間板ヘルニア・骨折など最新の手術方法を常に導入し実施しており、近隣の病院からの紹介も多数受けています。また、より高度な医療が必要な場合については、高度医療センター・岐大等と連携し、設備も充実させているということです。

時間外診療については、この病院に登録されているペットのみの対応となります(学会などで不在の場合もあります)。診療対象の動物は、犬猫の他、ウサギ、ハムスター、フェレット、プレーリードッグ、鳥など小動物全般となっており、また県地域振興局を通しての野生鳥獣の治療も診療しています。

アクセス・連絡先

住所 〒506-0032 岐阜県高山市千島町532-4
電話 0577-33-6046
ホームページ http://homepage3.nifty.com/sanno-a-h/index.html

なかはら動物病院

特徴

脊髄疾患(椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、脊椎の骨折、環軸亜脱臼整復)等を中心として、 整形外科(骨折整復、靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、軟部外科)等の診断、治療、手術を行っている病院です。他院からの紹介症例も多く、年間約100例以上の紹介を受け、診断、手術を行っています。

椎間板ヘルニアの外科手術例は1800例以上(2015年1月現在)の実績があります。ホームページのトップに、初診の場合に必要な問診票があるので、ダウンロードして記入したものを持参すると受付がスムーズとなります。

アクセス・連絡先

住所 〒509-0203 岐阜県可児市下恵土5911-1
電話 0574-62-8729
ホームページ http://animal-nakahara.com/

内田動物病院

特徴

インフォームドコンセントを大切にし、その中から生まれた治療を最善最高のものであると考えている病院です。犬・猫・小鳥などが診療対象となっています。また学会・セミナーに積極的に参加しています。また、院内設備の
充実に取り組んでいます。

骨折に対応できる機器として、デジタルレントゲン(FCR)、透視レントゲン装置(食道造影と脊髄造影・骨折手術時におけるピンニングやプレートの装着が適切であるかどうかを確認しながら手術する時に使用)、ストライカー/電気ドリル(椎間板疾患/椎間板ヘルニアなどの時や整形外科/骨折や脱臼などの手術時に使用)などが導入されています。

夜間対応については、岐阜夜間救急動物病院(21:00-01:00 058-242-9915 事前連絡必須 http://www.gifuyakan.jp/)と連携しています。

アクセス・連絡先

住所 〒504-0834 岐阜県各務原市那加昭南町84-6
電話 058-383-3033
ホームページ http://uchida-clinic.ne-co.info/

岐阜大学動物病院

特徴

大学動物病院であり、二次診療施設なのですが、CTやCアーム、内視鏡や腹腔鏡、デンタルユニットといった機器を備え、これらを用いた高度医療に対応することが可能なためこちらに記載させていただきました。

外科診療科では、消化器外科、肝臓胆嚢外科、循環器外科、整形外科、泌尿器・生殖器外科、歯科・口腔外科を中心とした診断・治療を行っています。口腔外科対応(顎骨骨折整復など)の手術等の例もあげられています。

診察を受けるためには、かかりつけ医を通じて予約をとることが必要となります(飼い主からの直接の受け付けはしていません)。救急対応はありません。

アクセス・連絡先

住所 〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸 1-1 岐阜大学構内
電話 058-293-2962/2963
ホームページ https://www.animalhospital.gifu-u.ac.jp/

寺本動物病院

特徴

言葉で不調を訴える事ができずに病気や怪我で困っている動物たちとその家族に対し、常に適切な治療の選択肢を用意できるように心がけているという病院です。高度医療のご要望にも応えられるよう日々研鑽を怠らず、信頼される病院作りを目指しているといいます。

診療科目に整形外科があり、骨折等の整形外科の検査、手術に使用する機器として整形外科用プレート・スクリュー一式、骨折整復用創外固定具、X線CR、X線透視、外科手術器具( 一般・マイクロサージェリー )等が導入されています。こちらの病院は原則として順番予約制となります。

診察対象動物は犬猫のほか、ウサギ、フェレット、ハムスターとなっています。診療時間外の緊急時にはまず電話で連絡をしてください(留守電となります)。夜間救急などは岐阜県獣医師会 夜間救急動物病院(21:00-01:00 058-242-9915 要電話http://www.gifuyakan.jp/)が対応しています。

アクセス・連絡先

住所 〒509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町1丁目61
電話 058-384-0064
ホームページ http://www.teramoto-animal.com/

いび動物病院

特徴

整形外科手術に対応しているという動物病院です。骨折が疑われる時には、人間と同じように骨折してないか、あるいは身体の状態を内部から診るときにレントゲンを撮影し診断します。

こちらの病院のレントゲンはコンピューターグラフィックで、より詳細に画像を診断します。診察動物は犬猫の他、ウサギ、フェレット、小鳥となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒501-0619 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪1281の1の1
電話 0585-23-1582
ホームページ http://www.ibi-animal.nksv.net/

とき動物病院

特徴

犬、猫、小鳥(ほかの動物については問い合わせてください)が診療対象となっている病院です。

骨折等の整形外科疾患に対応できる機器として、X線診断装置とCR/デジタルレントゲン画像診断システム(コンピュータ上で様々な画像処理が行うことが可能であり、画像診断能の高い画像情報を提供できる)、骨手術用マイクロエンジン(骨手術時・歯科処置時に使用。椎間板ヘルニア、骨折整復、抜歯など主に整形外科手術に使用)などが導入されています。

夜間診療についてはまず電話連絡をし、連絡が付かない場合は岐阜県獣医師会 夜間救急動物病院(21:00-01:00 058-242-9915 要電話 http://www.gifuyakan.jp/)、名古屋市獣医師会 夜間動物緊急診療所(21:00-02:00 052-263-9911 要電話 http://www.nagoyavet.jp/)に連絡をしてほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒509-5131 岐阜県土岐市泉寺田町2-9-1
電話 0572-54-0312
ホームページ http://www.toki-ah.com/

郡上八幡動物病院

特徴

インフォームドコンセント、飼い主やペットとのコミュニケーションを大切にしているという病院です。整形外科:骨プレート・ピン・ワイヤー・創外固定を用いた犬と猫の骨折治療など、整形外科に力を入れています。

骨折については交通事故や高所からの落下が原因となることが多いですが、トイ・プードルなどの小型犬は、ソファーやテーブルなど低い場所からの落下でも前腕部(橈尺骨)を骨折するので注意をしてほしい、ということです。骨折の治療は、非観血的固定、骨プレート固定、ピン・ワイヤー固定、創外固定など様々ですが、骨折部位や骨折の形状、患者の年齢や飼育環境、性格等を考慮し治療法を決定します。

骨折の治療で重要なのは、骨折部位の十分な安定化であり、多くの場合手術による確実な固定が必要で、手術後のケアも非常に重要となっています。こちらの病院の獣医師は骨折治療の世界的基準であるAO/ASIF(Association for the Study of Internal Fixation)の基礎コース・応用コースを受講しており、この原理に従った骨折治療を行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒501-4235 岐阜県郡上市八幡町有坂228-2
電話 0575-66-1177
ホームページ http://www.gujo-vet.com/

 
 

関連カテゴリ