2015年9月30日更新

【栃木】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

栃木県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

伏見家畜医院

特徴

骨折・脱臼・椎間板ヘルニアなどの整形外科に力を入れているという動物病院です。院長は大学時代、所属していた研究室において整形外科および周術 期の疼痛管理を学び、卒業後は愛知県の病院にて、日本有数の外科医のもとで修行し、整形外科を中心とした多くの外科手術を経験しています。ペインコントロール(痛みのケア)も積極的に行っています。

こちらの病院での骨折治療は、動物のステータス、骨折の発生部位や分類などを考慮して「髄内 ピン」「骨プレート」「創外固定器」を単独もしくは組み合わせて使用することで適当な固定力を得られるように施術しています。

アクセス・連絡先

住所 〒321-4216 栃木県芳賀郡益子町塙1155番地
電話 0285-72-3585
ホームページ http://www.fushimi-ah.co.jp/

鈴木動物病院

特徴

一般診療の他、専門診療として整形外科疾患、腫瘍疾患、循環器疾患の治療に力を入れている動物病院です。整形外科疾患は早期発見、早期治療が必要なので、何か思い当たることがあればすぐの来院をお勧めしています。(歩き方がぎこちない、関節などを触られるのを嫌がる、ジャンプしない、階段を上りたがらないなど。)

骨折については不慮の事故によるものも多いそうです。犬の場合の、とくに骨折が多い犬種としてチワワ、トイプードル、ポメラニアン、イタリアングレイハウンドなどがあげられています。(その他の犬種でも全くないことはありません。)整形外科疾患の手術に対応できるように、整形外科用ドリル、Stryker COREなどの専用の医療機器が導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒322-0064 栃木県鹿沼市文化橋町998-15
電話 289-63-1488
ホームページ http://www.suzukianimal.com/

ドクターオザワ動物病院

特徴

インフォームドコンセントを徹底している病院で、外来・手術実績などの公開を行っています。骨折に対する整形外科の手術としては、橈尺骨骨折、上腕骨骨折、大腿骨骨折、脛骨・腓骨骨折、骨盤骨折、その他骨折整復術の実績があります。その他の診療科目でも手術実績が多くあげられています。

夜間対応についてはドクターオザワ動物病院 八王子病院(192-0032 八王子市石川町350-11 042-646-1110)にて、20:00-0:00(24:00)までの夜間救急時の診療を年中無休で行っています。事前に電話が必要となります。同病院のグループとして八王子病院、町田病院、小金井病院、入間病院、ペットフォレスト動物病院、さぎ沼病院、根岸病院、宇都宮病院、オザワ湘南平塚病院がありますが、今回は宇都宮病院をご紹介しています。

アクセス・連絡先

住所 〒321-0118 栃木県宇都宮市インターパーク4丁目1-2
電話 028-657-5580
ホームページ http://www.dr-ozawa.jp/

遠藤犬猫病院 宇都宮

特徴

専門医療として外科・整形外科、皮膚疾患、腎臓泌尿器科がある動物病院です。ポリシーとして、動物に優しい医療を心がけているといいます。治療に使用する薬は、化学薬品だけではなくなくサプリメントや漢方薬、食餌療法なども積極的に取り入れています。動物自身のもつ免疫力を高めることで病気と闘うことが医療の原点と考えています。

こちらの病院の院長は、小動物外科専門医の資格を持っています。(現時点では院長の診察は木曜となり、それ以外は不定期ということです。)入院については、ストレス、不安を減らすため、極力入院を指せない治療が大切、としています。入院する場合でも不安を軽減するため、飼い主との面会を積極的に行うように(最低1日1回)お願いしています。

アクセス・連絡先

住所 〒320-0013 栃木県宇都宮市上大曽町362-1
電話 028-666-6678
ホームページ http://www.okazy.net/

やまざき犬猫病院

特徴

栃木県をはじめ、茨城県、埼玉県など関東近県から多く来院しているという病院です。犬猫専門の病院です(小鳥、エキゾチックについてもケースバイケースで対応しているとのことです)。診療報酬も抑えられており、飼い主の評判も高いところでもあります。日々のスキルアップと共に、飼い主の意向を十分くむこと、犬猫のストレスを一番軽減できる方法を考えることを大切にしているといいます。

骨折時に使用するレントゲンについては、レントゲン撮影、投資ができる窓なしのX腺不透過モルタルで塗り固めた場所なので、緊急処置にも対応が可能となっています。またFCR PRIMA 画像読み取り装置も導入されています。初診の場合は、ホームページ(治療方針のページ)から初診カードをダウンロードし、記載していくと来院時にスムーズな対応となります。

アクセス・連絡先

住所 〒329-0511栃木県下野市石橋124-8
電話 0285-53-2943
ホームページ http://www.wan1wan.biz/

とがわ動物病院

特徴

診療科目の中に外科があり、骨折・脱臼・亜脱臼、腹部臓器の疾患など各種外科処置を行っている病院です。稀な症例、難しい手術などはほかの病院の先生と協議し手術も一緒に(2-3人で手術を)行います。

犬猫を診療する犬猫部門の他、エキゾチック部門もあり、鳥、爬虫類(亀、トカゲ、ヘビ)、両生類(ウーパールーパー、カエルなど)、げっ歯類(うさぎ、テグー、チンチラ、モルモット、リスなど)、ハリネズミ、モモンガなども診察している病院なので、繊細で細やかな治療が期待できるといえるでしょう。

アクセス・連絡先

住所 〒321-0971 栃木県宇都宮市海道町810-2
電話 028-663-6622
ホームページ http://www.togawa-ah.com/hospital/

のまた動物病院

特徴

診療科目に整形外科がある動物病院で、特に将来的にも犬猫の整形外科医としてやっていこうというほど、整形外科分野に力を入れてもいるそうです(得意分野は関節外科となっています)。何パターンかの治療方針を提示し、一番よいと思われる治療方法を飼い主に納得してもらったうえで選択していくということです。

休診の知らせなどはホームページのTOP、お知らせに記載があります。高度な機器等が必要となる等の治療の場合は、専門病院、大学病院への紹介も行うシステムです。

アクセス・連絡先

住所 〒320-0027栃木県宇都宮市塙田5-1-13
電話 028-622-7785
ホームページ http://www.cc9.ne.jp/~vet-m/site/Welcome.html

動物病院 アニマルフレンド

特徴

西洋医学による医療、代替医療(アーユルヴェーダ、中国医学、イスラム医学などの伝統医学、ホメオパシー、カイロプラクティック、オスてオパシー、民間療法、バッチフラワーレメディー、ジェモセラピー、アロマテラピーなど)をあわせての治療を行う総合医療を実施している病院です。

薬を使いたくない場合、サプリメントは使いたくない場合、西洋医療では限界といわれた場合など様々なニーズをあわせて治療が行えるように心がけています。外科手術については、手術とは、術前・術中・術後管理を経て普段の生活に元気に復帰できるまでを手術(周術期)としています。

アクセス・連絡先

住所 〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町906-1
電話 028-613-5050
ホームページ http://www.animalfriend.jp/sta24056/

那須南小動物医療センター 青木獣医科

特徴

循環器科、眼科を専門とするスタッフがいる動物病院ですが、診療科目のなかに整形外科があります。整形外科では、純血種の犬猫の膝蓋骨脱臼、肘関節形成不全、脛骨異形成あるいは股関節形成不全等の先天性疾患も増加していますが、前十字靭帯断裂や交通事故・ケンカによる、骨折、脱臼等が最も多くみられるとの事です。

こちらの病院は、最上位クラスのレントゲン装置により、詳細な画像を得られ、また関節の液体の検査による適切な診断と治療が可能となっています。骨折の手術例としては大腿骨骨折、骨盤骨折(骨ねじ、プレートによる治療)、椎体骨折(第6腰椎、輪禍、骨セメントによる整復)、骨盤ならびに大腿骨折(プレート、ピンニングによる治療)、短斜骨折(ワイヤー固定)、長斜骨折(る髄内ピンならびにワイヤーによる内固定)などの実績があります。小鳥、ウサギ、ハムスターにも対応しており、繊細な治療が期待できるといえます。

アクセス・連絡先

住所 〒321-0601 栃木県那須烏山市白久1500
電話  0287-84-0440
ホームページ http://www.aoki-juuika.com/

奈良部動物病院

特徴

診療科目は医療全般(内科、外科、眼科、皮膚科など)ですが、外科・手術実績の多い動物病院です。1998年以降の外科手術実績を公開しています。例として2014年度は373件、総合17年間で5873件となっています。症例の中には抱っこ中に下に飛び降り、橈骨、尺骨の骨折をしたミニチュアシュナウザー(プレートを装着し整復)、散歩中にジャンプして着地した時に中手骨骨折をした犬(ピン挿入で整復)などの例があります。

ホームページ内(総合医療サービスのページ)から初診票がダウンロードできますので、記入して持参すると受付がスムーズとなります。対応範囲外の高度医療が必要な場合、JARmec(小動物高度医療センター)連携病院(川崎 http://www.jarmec.jp/)への紹介制度がある病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒321-0072 栃木県下都賀郡壬生町通町2-15
電話 0282-82-0067
ホームページ http://narabu-vet.com/

 
 

関連カテゴリ