2015年9月30日更新

【奈良】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

奈良県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

おざき動物病院

特徴

対象動物は犬猫の他、ウサギ、フェレットとなっている病院です(その他の動物については問い合わせてみてください)。診療科目の中に一般外来/整形外科が あります。また、リハビリテーション専門外来があり、骨折の手術後、股関節形成不全などの整形外科疾患にたいする治療などがあげられています。

外科疾患に関しては、年間1100頭を超える動物に対して外科手術を行っており、手術内容は消化器疾患、整形外科疾患、神経外科疾患、生殖器疾患、眼科疾患、腫瘍性 疾患、泌尿器疾患、胸腔内疾患など多岐にわたります。骨折についても、整形外科疾患での手術が行われています。リハビリテーション科の専門外来については 現在は毎週月曜日となっており、予約制となっています。変更がある場合ホームページに記載されるとの事です。

アクセス・連絡先

住所 〒639-2111  奈良県葛城市柿本1-10
電話 0745-69-8668
ホームページ http://ozaki-ah.com/

王寺動物病院

特徴

CTなどの高度な医療機器が導入されている病院です。顕微鏡や超音波検査機、撮影したX線写真を
最新のシステムで描出できるモニターなどを取り揃えています。またレントゲンは動物専用のX線撮影機を設置しています。 人体用と比較して被爆量が少なく、動物の体への負担を軽減させます。

ほかにもCアームや超音波メスが設置されており、骨折や椎間板ヘルニア・門脈シャント・胆管閉塞など、整形外科から軟部外科まで様々な病気に対応して手術を実施することができます。夜間緊急診療については、22:00-04:30までとなっています。(電話必須)

アクセス・連絡先

住所 〒636-0012 奈良県北葛城郡王寺町本町4丁目44-7
電話 0745-72-2991
ホームページ http://www.oji-ah.com/

スマイル動物病院

特徴

動物たちの病気やけがの治療はもとより、病気の早期発見にも力を入れているという病院です。骨折の診断、治療例としてミニチュアダックスの交通事故による骨盤骨折があげられています。手術はプレート、キルシュナーピン、ワイヤーにて固定しました。また別の例で、柴犬の交通事故による左肋骨5本骨折(ほか、同時に肺挫傷、肝臓出血、腎臓出血、横隔膜ヘルニアにより肝臓が胸腔内に脱出)の治療等も行われています。ほかにも橈骨尺骨骨折を創外固定した例、大腿骨骨折を髄内ピンで手術した例などもあげられており、整形外科手術を含め、多数の手術を行っている病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒632-0072 奈良県天理市富堂町76-11
電話  0743-63-4114
ホームページ http://smile-ah.jp/

てらい動物病院

特徴

十分にコミュニケーションをとり、正確な診断に基づく最適な治療を行い、飼い主によろこんでもらうというのが、診療方針だという病院です。皮膚病に対する診療・スケーリング(歯石除去)などの歯科診療・がんなどの腫瘍科などにも力を入れている病院ですが、外科手術は、出来る手術は積極的に実施しているといいます。

整形外科手術では、各種骨折整復術 大腿骨頭切除術 膝蓋骨脱臼整復術等に対応しています。手術の流れとしては預かり、血管確保 鎮痛剤投与、静脈点滴開始 麻酔導入、気道チューブ挿管吸入麻酔開始、手術開始 麻酔モニタリング、手術終了、麻酔覚醒後の管理となっています。臨時休診、診療時間変更などについては、ホームページ内「診療時間」のところに診療カレンダーとして掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒631-0061 奈良県奈良市三碓6丁目12-52
電話 0742-52-1515
ホームページ http://www.tomio-terai.jp

新庄動物病院

特徴

副院長が獣医皮膚科学会認定医である病院です。こちらの病院の設備としては、血液検査や、レントゲン、手術室の設備、心電図、超音波(エコー・カラードプラー)、シーリングシステム、半導体レーザー、細胞培養室(免疫療法やリンパ球療法のための部屋)、入院設備など一通りそろえられています。

整形外科手術セットなどの外科器具なども導入されており、頭の中と、複雑骨折以外ほぼ全ての手術に対応できる体制ということです。また細胞培養ルームを増設し、再生医療を実施するなどしており、高度な医療が可能な病院といえます。

アクセス・連絡先

住所 〒639-2144 奈良県葛城市葛木104-1
電話 0745-69-1111
ホームページ http://www5c.biglobe.ne.jp/~sah/

奈良動物医療センター

特徴

CTなど、高度な医療機器が導入されている動物病院です。専門外来として外来外科手術があります。年間1000例を超える手術を実施しており、内視鏡外科(腹腔鏡、胸腔鏡手術)、整形外科、神経外科などを含め数多くの専門的な手術を実施しています。また、予約制で犬のリハビリテーションを行っています。

手術後の機能回復促進、腫れの軽減などにも有効となっています。リハビリテーションを行っている疾患としては手術後の回復期(椎間板ヘルニア、前十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、股関節疾患 等)などがあげられています。

内容としては水中トレッドミル、体重免荷起立歩行装置、温度療法 (患部を低周波レーザーやホットパック等で温める方法)、マッサージ療法、運動療法(施術者が動かす「他動運動」と患者自ら動く「自動運動」)、などがあります。予約診療ではなく、来院順の診療となります。

※奈良動物医療センター、吉田動物病院、きづ川動物病院の3病院は、共通カルテを使用しています。

アクセス・連絡先

住所 〒631-0021  奈良市鶴舞東町2-6
電話 0742-48-4111
ホームページ http://www.yoshida-vets.com/center/

吉田動物病院

特徴

完全予約制の動物病院です。専門外来として外科手術外来、皮膚科外来、腫瘍科外来があります。外来外科手術(奈良動物医療センター)では、JAHA日本動物病院福祉協会外科認定医などが手術を行います。ホームページの「専門外来」外来外科手術のところから、問診票など必要な書類をダウンロードし、記入していくと受付がスムーズとなります。セカンドオピニオンも受け付けていますし、またこちらの病院で対応できない状態の場合でも適切な施設を紹介するシステムとなっています。

※奈良動物医療センター、吉田動物病院、きづ川動物病院の3病院は、共通カルテを使用しています。

アクセス・連絡先

住所 〒631-0006 奈良県奈良市西登美ヶ丘3-22-7
電話 0742-44-4111
ホームページ http://www.yoshida-vets.com/yoshida/

きづ川動物病院

特徴

深い愛情と情熱、最新の医療技術を持って動物診療を行うという病院です。常に新しい情報の収集、技術の習得に努め、年々高度化する獣医療に対応した動物病院を目指しています。こちらの院長は、連携をしている吉田病院で長年勤務した経験があります。臨時休診などの告知は、ホームページのトップに掲載されています。

※奈良動物医療センター、吉田動物病院、きづ川動物病院の3病院は、共通カルテを使用しています。

アクセス・連絡先

住所 〒619-0231 京都府相楽郡精華町大字山田小字下川原11−1 たきもとハイツ 1F
電話 0774-71-9580
ホームページ http://www.yoshida-vets.com/kizugawa/

あや動物病院

特徴

飼い主の気持ちになり、ペットの病気治療に親身に対応するといい、診療科目に整形外科疾患がある動物病院です。眼科診療、循環器診療などは専門医による専門診療も行われています。奈良県下の動物病院で初めて、16列ヘリカルCTスキャンを導入しているなど、高度な医療機器が導入されています。

骨折等、整形外科に対応している機器としては、コリブリ Coliburi Synthes(形外科手術に欠かせない器具です。創外固定、骨頭切除など様々な手術に使用)、Cアーム SIEMENS SIREMOBIL Compact L(手術中に動物の状態を確認できるレントゲン機械です。

造影検査や整形外科手術など様々な場合に使用)などが導入されています。診療動物は犬猫の他、ウサギ、ハムスター、フェレット、鳥などとなっていますがそれ以外の動物の場合もまずは相談してほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒631-0044 奈良県奈良市藤ノ木台4-1-17
電話  0742-41-8257
ホームページ http://www.aya-ah.com/

中山獣医科病院

特徴

CTなど高度な医療機器が導入されている病院です。そのため二次施設としても活躍しています。骨折については、学会の発表、講演でも「関節近位の骨折、 脊椎骨折の手術法」「整形外科の進歩-骨折の治療- 」「小型犬の撓骨尺骨骨折に対する新しいプレートによる固定法の検討」「脊椎骨折・脱臼-様々な固定法・治療法-」を発表するなど、様々な知識がある病院です。

基本、来院順の診察ですが、待ち時間の短縮のため予約診察に移行していっているということです。緊急時には受付でその旨を伝えてください。夜間対応はありません。夜間については南京都夜間動物診療所(21:00-02:00  0774-44-3139)、北摂夜間救急動物病院 (20:00-06:00  072-730-2199)、大阪どうぶつ夜間急病センター(21:00-05:00 06-4259-1212) に相談してほしいとのことです。

アクセス・連絡先

住所 〒630-8342 奈良県奈良市南袋町6-1
電話 0742-25-0007
ホームページ http://www.nara-nakayamavet.com/

 
 

関連カテゴリ