2015年9月30日更新

【福岡】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

福岡県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

ベル動物病院

特徴

院長はJAHA(日本動物病院協会)外科認定医であり、また獣医麻酔外科評議員でもあります。学会では犬の椎間板ヘルニア、大腿骨開放骨折(1か月以上放置されたあと整復、膝蓋骨外方脱臼が生じた猫の例)、上腕骨外側顆骨折の整復・固定法その他数々の発表を行っています。夜間救急動物病院に求められる骨折・脱臼の応急処置などについての講演を行ったりもしており、骨折について詳しい医師がいる病院だといえるでしょう。

専門科目として整形外科、椎間板ヘルニア等に対する外科治療があげられています。受け付けは通常は不要ですが、予約するとスムーズに診療ができるということです。専門科目(整形外科)診療については予約が必要となりますので電話連絡をしてく ださい。夜間、緊急時について対応ができない場合は福岡夜間救急動物病院(092-504-8999)に紹介するシステムとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-28-15
電話 092-863-2000
ホームページ http://www.belle-vet.com/index.shtml

次郎丸動物病院

特徴

エビデンス・ベースド・メディスン(証拠に基づく獣医療)とインフォームドコンセント(説明と同意に基づく治療)を重視しているという動物病院です。診療科目として、整形外科(椎間板ヘルニア手術、骨折手術など)があります。

整形外科、骨折等に対応できる機器として、瑞穂整形外科セット、整形外科用電気ドリルなどが導入されています。ホームページのトップ、お知らせのページに休診日、院長不在日の告知が掲載されています。診療対象の動物は犬猫の他、ハムスター、小鳥となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒814-0165 福岡市早良区次郎丸4-9-42
電話 092-866-0010
ホームページ http://jiroumaru-ah.com/

たかお動物病院

特徴

内科や外科疾患の高度医療、特に循環器疾患に力を入れているという動物病院です。外科診療としては軟部外科、骨折、椎間板ヘルニアなど に対応しています。骨折については外科診療でよく遭遇するということで、大腿骨骨折、腸骨体骨折、仙腸関節脱臼などの例があげられています。

整形外科、骨折などに使用される機器としては、整形外科用ドリル Stryker CORE、整形外科用ドリル NSK Surgic XT、X-ray装置 HITACHI FS-20などが導入されています。手術などのための臨時休診等の告知は、ホームページトップに掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒839-1306 福岡県うきは市吉井町新治358-7
電話  0943-75-3939
ホームページ http://www.takao-animal-hp.jp/

東福岡たぬま動物病院

特徴

整形外科に対応しています。犬猫の骨折に対しては、さまざまな治療法があります。ギブスによる固定は動物の動き、性格などの問題からあまり選択されることはあまりなく、通常手術には 内固定法、もしくは外固定法を選択される場合が多くなります。

こちらの病院では様々な種類の骨折に対応できるように、数多くの設備を整えています。小型犬、猫の橈尺骨骨折については、生体親和性に優れたチタンを使用しています(抜去を前提としなくていいプレートを使用)。手術後は早期退院による再骨折を防ぐため、多くは2週間の入院を勧めているといいます。万が一入院期間中に再骨折などの異常が見られた場合、無料にて対応しています。また退院後は1か月ごとのレントゲン撮影が必要となります。

アクセス・連絡先

住所 〒福岡県糟屋郡志免町志免中央4-11-17
電話 092-937-3222
ホームページ http://www.tanuma-vet.com/

岩井動物病院

特徴

眼科治療、なかでも白内障の治療に、遠方からも訪れることが多い病院となりますが、一般診療の外科として、診療科目に軟部外科、椎間板ヘルニア、骨折などが対応となっています。骨折・関節外科疾患は、疼痛性の歩行異常が多いので発症早期にオペを行う事で、出来る限り正常な状態に戻します。骨折等に対応できる医療機器として、デジタルレントゲン、整形外科セット(骨折等の治療に用いる)などが導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒830-0055 福岡県久留米市上津1-9-1
(本院は久留米市国分町に移転したという情報もありますので、来院前に確認をお願いいたします。)
電話 0942-21-7702
ホームページ http://iwaianimalhospital.jp/

あおねこ動物病院

特徴

動物への診察」、「飼い主さんとのコミュニケーション」において、「ちゃんと・きちんと・ゆったりと」、を大切に考えているという動物病院です。こちらの病院では診療科目に整形外科があり、去勢・避妊手術、腫瘍の摘出(腫瘍外科)、骨折手術、消化器手術、椎間板ヘルニアなど様々な手術に対応できるよう手術室を完備しています。

骨折の診断等に使用するレントゲンについては最新式のレントゲンシステムを導入しています(動物に優しい放射線量に配慮しています)。休診の場合は、ホームページトップに告知が掲載されます。診療対象動物は、犬猫の他ウサギ、ハムスター、小鳥などとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒818-0081 福岡県筑紫野市針摺東2丁目11-7
電話 092-928-2228
ホームページ http://www.aoneko-ah.com/

みどりが丘動物病院

特徴

飼い主の望みを一番に考えつつ、さらに動物に何をしてあげられるか、何をしてあげたいかを考え、飼い主と共に最善の診療を目指しているという病院です。外科手術をすべき疾患として、骨折、脱臼などをあげています。骨折は交通事故、高所からの落果など強い外傷によるものですが、最近では、小型犬が、ほんのちょっとの段差(ソファーやベット)から飛び降りて、競技を行っているアスリート犬が、能力の限界を超えてうっかり踏んでしまったなどで、骨折してしまうことが多くあるといいます。

この病院での対応は、骨を正しい位置に戻し、プレートとスクリューで固定するなど(2か月後骨の癒合を確認し、プレートを除去)となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒813-0021 福岡県福岡市東区名子3-7-20
電話 092-663-2225
ホームページ http://midorigaoka.in/access/index.html

福岡動物医療センター

特徴

小型犬が普及したことにより、骨折、脱臼が増加しているといいます。骨自体や関節も弱いため、骨折や脱臼を引き起こしやすいということです。段差からジャンプして骨折したり、壁に強くぶつかって骨折したり、足元にいることに気づかれずに踏んでしまって骨折するなども少なくありません。

猫の場合は高いところからのジャンプの骨折がほとんどということです。骨折・脱臼を起こしている状態のときは、症状が起きている足を地面につけないように歩いたり、触ると痛がるので、なにかおかしいと思ったらすぐに来院してほしいとの事です。手術後のリハビリも、専門スタッフがサポートします(手術後、ホットパック、アイシングなどで痛みの緩和などのリハビリからスタート)。

アクセス・連絡先

福岡動物医療センター
住所 〒812-0895 福岡市博多区竹下2-9-22
電話 092-471-7748

福岡動物医療センター春日
住所 〒816-0804 福岡県春日市原町1-92
電話 092-501-3929

リハビリセンター
住所 〒816-0804 福岡県春日市原町1-92
電話 092-501-3929
ホームページ http://www.animal-surgery.jp/

ペットクリニックハレルヤ

特徴

犬猫の健康管理、病気の予防を目標にホームドクターとして総合的な動物医療を行う、という動物病院です。福岡に4病院があります。循環器疾患、血液疾患、腫瘍、外科については専門医療が提供されます。外科については、会陰ヘルニアや膀胱結石などを始めとする一般外科や門脈体循環シャントなどの特殊外科を含んだ軟部組織外科手術、骨折・前十字靭帯断裂・膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニアなどの整形外科手術などを行っています。

また、不幸な野良猫、捨て猫を減らす目的で、避妊去勢手術を通常より安く行うキャンペーンがある場合があるなど、ボランティア精神がある病院でもあります。

アクセス・連絡先

平和本部
住所 〒815-0071 福岡県福岡市南区平和1-30-63
電話 092-521-3267

粕屋病院
住所 〒811-2304 福岡県粕屋郡粕屋町大字仲原2544-1
電話 092-629-9171

愛宕病院
住所 〒819-0015 福岡県福岡市西区愛宕4-18-31
電話 092-885-7771

新宮病院
住所 〒811-0117 福岡県粕屋郡新宮町大字上府898
電話  092-962-4370

ホームページ http://halleluya-vet.com/

室見動物病院

特徴

動物たちが穏やかでのびのびと毎日を過ごせるように心を込めてサポートする、という動物病院です。院長は、日本小動物外科専門医協会より外科専門医の称号を得ています。外科分野の専門学会である獣医麻酔外科学会において、軟部組織外科専門部会の運営委員も務めています。

様々な手術に対応しており、整形外科についても応急的な手術が可能ということです。また、より高度で専門的な医療が必要な場合は、紹介するシステムとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒814-0015 福岡県福岡市早良区室見1-11-9
電話 092-822-6602
ホームページ http://www.muromiah.org/

 
 

関連カテゴリ