2015年10月31日更新

【熊本】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

熊本県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

タナカ動物病院

特徴

人と動物のきずなを大切にするという動物病院です。診療科目に外科疾患、整形外科疾患などがあげられています。骨折などの分類ですが、歩き方がおかしい、骨折かもしれないと思ったときは外傷性の跛行と、先天的要素による骨格の異常が原因で起こる場合に大別されるといいます。極端にいたがったり、足がブラブラしていたり、はれがひどい場合は骨折の可能性があります。その場合レントゲン検査、手術が必要な場合も多いので来院をお勧めします。

こちらでは鍼灸・漢方治療が取り入れられており、西洋医学では治療、コントロールの難しい慢性病や体質改善に役立ちます。

アクセス・連絡先

住所 〒61-1112 熊本県合志市幾久富1866-350
電話 096-248-1868
ホームページ http://www.vet-tanaka.com/

中央動物病院

特徴

人間と動物たちとがより良い関係が築けるように病気の治療はもちろんのこと、動物のしつけや食事、病気の予防についても考え、飼い主に伝えているという動物病院です。診療科目に整形外科疾患があります。

1頭ずつ丁寧に診療をしてもらえ、インフォームドコンセントも徹底されているということで、飼い主からの支持も多く集まっており、曜日、時間によっては混む場合もあるということなので早めの来院をお勧めします。

アクセス・連絡先

住所 〒861-8006 熊本県熊本市北区龍田6-12-91
電話  096-339-1206
ホームページ http://www.kcvs.jp/

段山犬猫病院

特徴

犬と猫の診療を中心に行っている動物病院となります。外科と免疫に特に力を入れており、超小型犬の骨折や膝蓋骨脱臼の治療を多く手がけています。ほかにもその他診察に広く対応をしています。良心的で動物の立場に立って診療をしてもらえると飼い主からの支持が多く集まる病院です。骨折については小型犬に多い骨折などの手術例も多数あるということで、遠方からも来院する患者がいるといいます。予約可能。駐車場有。

アクセス・連絡先

住所 〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎2-22-41
電話 096-325-1717
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0963251717/index.html(iタウンページ)

大津動物クリニック

特徴

高度化する獣医療への対応を目標とした次代の動物医療施設を目指しているという病院です。整形外科疾患の手術については、骨折整復術(前後肢、椎体、骨盤など)、膝蓋骨脱臼整復術、大腿骨頭切除術、前十字靭帯整復術、股関節脱臼整復術 手根、足根関節脱臼整復手術などの実績があり、ほかにも多数の手術実績があります。

骨折の治療例としては前肢 橈尺骨骨折(小型犬に多い)に対してプレートおよびスクリューを用いて固定、治療した例や、前肢 上腕骨骨折(高いところからの着地に失敗した猫に多い)に対して髄内ピン、スクリュー、ワイヤーで治療した例、ほかに後肢 脛腓骨骨折(交通事故、無理に引っ張った時などの骨折)に対しての、プレート、スクリューで治療(創外固定などを使用する場合もあり)した例、大腿骨骨折(大型犬の交通事故など)に対しての髄内ピン+プレート固定例などがあり、ほかにも椎体骨折、開放骨折、骨盤骨折などの例もあげられています。プレートについては最新の骨折整復プレートセットを使用しています。

アクセス・連絡先

住所 〒869-1235 熊本県菊池郡大津町室317
電話  096-293-5654
ホームページ http://ozuanimal.com/

ムサシ動物医療センター

特徴

インフォムドコンセント(説明・同意)の徹底を第一に考え、ペットやお客様の立場に立った優しく、丁寧な診療を心がけているという病院です。外科、内科、皮膚科など医療全般を行っていますが、骨折などの整形外科疾患に対応できる設備としては、ストライカー(骨折、靭帯断裂、膝蓋骨脱臼など、整形外科の手術に用いる)、レントゲン装置/FCR(最新の動物用レントゲン発生装置。小鳥から大型犬までレントゲン撮影が可能)などが導入されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、小鳥となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒862-8003 熊本市北区楠5丁目17-27
電話 096-339-7620
ホームページ http://www.musashi-pet.jp/

あーす動物病院

特徴

大切な動物たちの健康を第一に考え、地域に密着した医療を目指しているという動物病院です。骨折などに対応する設備としては、レントゲン、FCR、診断室モニターなどが導入されています。診療対象動物は犬、猫、うさぎ、ハムスターなどとなっています。麻酔をかけての処置(内視鏡、歯石除去)、手術に関しては予約制になっており、その他については予約は必要ありません。

アクセス・連絡先

住所 〒869-1102 熊本県菊池郡菊陽町大字原水1187-
電話 096-233-0012
ホームページ http://www.earth1122.com/

龍之介動物病院

特徴

16列マルチスライスCT「Supria」など高度な医療機器が導入されている病院です。手術室は移植手術も可能な最新の手術設備を揃えています。また、専門外来としてリハビリ科があります。機能回復を目的とし、「痛み」や「できない」を優しくサポートします。電気治療、レーザー治療、酸素カプセル、水中トレッドミルなどが導入、実施されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、モルモットなどとなっています。

その他の動物については問い合わせてみてください。緊急時は24時間対応(年中無休)が可能となっています。夜間診療・診療時間外の場合、応急処置や持参するもの等が必要な場合もあるなどの理由から、来院前にまず電話が必要となります。

アクセス・連絡先

住所 〒860-0811 熊本市中央区本荘6-16-34
電話 096-363-0033
ホームページ http://www.ryunosuke.co.jp/

はやの動物病院

特徴

現在の病状、考えられる治療方法を説明し、飼い主に充分納得してもらったうえで、最適な治療方法を提案(インフォームドコンセント)したい、という動物病院です。骨折等に対応できる設備としては、レントゲン撮影装置 、CR装置(レントゲン撮影後に画像が直接モニターに送られてくる装置。時間短縮、小さな部位の拡大などが可能)、Cアーム・レントゲン透視装置(移動可能なX線画像診断装置。骨折や脱臼のリアルタイムでの診断などに有効)などが導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒865-0058 熊本県玉名市六田20-14
電話 0968-73-9770
ホームページ http://hayano-clinic.com/

動物病院デーリー

特徴

患者様と家族とのコミュニケーションを大切にし、心の通った医療を目指したいと考えているという動物病院です。外科、内科、皮膚科など一般診療を幅広く行っています。特に外科はこちらの病院のもっとも専門としている分野となっています。

日曜、祝祭日も平日と同様に一般診療を行っており、また夜間・深夜の救急診療にも対応するということです(年末年始は休診あり。22:00-09:00については救急の場合のみ対応可能)。夜間救急については電話連絡をまず入れてください。

アクセス・連絡先

住所 〒861-1203 熊本県菊池市泗水町住吉2049-2
電話 0968-38-5100
ホームページ 0968-38-5100

松村犬猫病院

特徴

すべての声明に尊厳を。というのがモットーの動物病院です。診療対象動物は犬と猫となります(犬猫専門)。外科治療、整形外科治療に定評があり、名医として評判が高い病院です。ほかに健康診断、投薬治療、予防接種等を行っています。時間外診療なども可能な限り受け付けており、木曜、祝日は休診ですが日曜日も診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒860-0068 熊本県熊本市西区上代1丁目10-1
電話 096-326-2310
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0963262310/index.html(iタウンページ)

 
 

関連カテゴリ