2015年10月31日更新

【新潟】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

新潟県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

宇治動物病院

特徴

最良の治療を提供できるようインフォームドコンセントを心がけている、という病院です。専門とする外科診療においては最新の高度医療を提供しています。こちらの病院には日本小動物外科専門医の有資格者がおり、外科全般、中でも整形外科診療に従事してきたことから特に整形外科を得意としています。

ほかに、神経外科、一般外科、ペインコントロール科がありますので、手術などの処置のあとのペインコントロールについてもトータルで治療を受けられる病院といえます。手術が適応な骨折は、できるだけ早くに外科的な整復、固定をおこなうことが必要です。骨に生じる病気や関節炎もできるだけ早く診断し、その病気の原因に応じた適切な治療をおこなうことが重要です。各種骨折、骨の変形など骨の病気、痛み止めをのんでも改善しない跛行、関節炎といわれたが原因はわからないなどの場合相談してほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒611-0042 宇治市小倉町西山67-12
電話 0774-23-531
ホームページ http://ujiah.com/

アニマルメディカルプラザ関屋・あさい動物病院

特徴

診療科目に整形外科がある動物病院です。診療対象動物は、犬猫の他、フェレット、ウサギ、ハムスターとなっています(鳥、エキゾチック、魚類は診療していません)。時間外診療については、23時前後まで電話転送にて受け付けています。それ以降は当院にカルテがある場合のみ「専用の携帯電話番号」にて対応しているそうです。また、サービスプログラムとして一般診療の他に、飼い主のいない猫の不妊去勢手術を安価に引き受けていたり、月に1日、予約制で無料相談会を実施しているなど、ボランティア精神がある病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒951-8165 新潟県新潟市中央区関屋金鉢山町85-4
電話  025-232-1112
ホームページ http://www.a-vital.co.jp/

宮川動物病院

特徴

人と動物と自然の絆を大切に考え、最高の獣医療と愛情を持って動物医療に当たり、飼い主さんと動物の不安や心配を取り除けるよう、心のこもったケアを提供できるよう心がけているという病院です。診療科目に、整形外科疾患があります。診療対象動物は、犬、猫、小鳥、フェレット、ウサギ、ハムスターなどとなっています。一般的には初診の場合、初診者カードを記入し、飼い主に問診し、診察、検査、診断という流れとなるのですが緊急時には動物の生命を最優先に治療をすすめているといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山1丁目1 – 58
電話  025-245-3411
ホームページ http://www.miyagawa-ah.com/

小島動物病院アニマルウェルネスセンター

特徴

ホームドクターと専門的高度医療の両方を備えた、1.5次診療を行っているという動物病院です。整形・神経外科があり、骨折整復、膝蓋骨脱臼整復、前十字靱帯断裂などの疾患に対応しています。外科手術は獣医師と動物看護師が手術前から動物の状態を把握・管理し、術者、助手、麻酔係、手術補助係などに分かれ、チームとなって行うというシステムをとっています。

またこの病院にはリハビリテーション科もあり、整形外科手術後などの疼痛緩和や筋力の回復を目的として水中トレッドミル、トレッドミル、光線療法(スーパーライザー)や針治療など様々なリハビリテーションを行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒956-0832 新潟市秋葉区秋葉2丁目14-68
電話 0250-24-2223
ホームページ http://www.animal-wellness.co.jp/

コーラル動物病院

特徴

来院した動物や家族に通ってよかったと感じてもらえるようなところを目指している、という病院です。整形外科疾患に関する設備としては、動物用レントゲン(TOSHIBA)、マイクロエンジン(骨折の整復等の整形外科の手術時に使用)、アルファビーム(傷の治りを早くしたり、痛みを取り除いてくれる効果がある)が導入されています。高度な画像診断を希望する場合、必要な飼い主には、新潟動物画像診断センター(Niigata AIC  http://www.niigata-aic.com/ X線検査・CT検査・MR検査の遠隔読影も実施)を紹介するシステムがあります。画像診断センターには、夜間救急の場合に対応する、新潟動物夜間救急センター(070-6983-9912 http://www.niigata-aec.com/ 21:00-24:00 要予約)を併設しています。

アクセス・連絡先

住所 〒950-2024 新潟県新潟市西区小新西3-14-10
電話 025-265-1675
ホームページ http://coral-ac.com/

草村動物病院 新潟CT/MRIセンター

特徴

最良の獣医療と動物のための看護、というのがモットーの動物病院です。犬と猫の診療を行っています(ほかの小動物については必要に応じて他院の紹介を行っています)。CTやMRIなど、高度な医療機器が導入されている病院です。

外科的手術、骨折に対する対応としてはピンを打ち込みそれを外科用骨セメントで固めるなどの措置がとられています。緊急の場合については、夜間救急、時間外急患の対応をしています。(留守番電話になります。さらに緊急度合いが高いケースについては、獣医師の携帯に転送する番号にかける必要があります。緊急時携帯転送用番号 025-283-1909)一般診療については予約は不要ですが、検査内容により予約が必要なものもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒950-0943 新潟県新潟市中央区女池神明2-3-8
電話 025-283-1905
ホームページ http://soumura.jp/

空港通りの動物病院

特徴

動物のために飼い主の話を大切にし、最善の治療を提案しているという病院です。診療対象動物は犬猫の他、ウサギ、ハムスター、その他小動物となっています。骨折、整形外科疾患に対応している設備としては、レントゲン(骨折の確認など)、ベッセルシーリングシステム(血管のコラーゲンや弾性線維を融合させることで血管をシール/密封する)などが導入されています。初診の場合、初診問診票をホームページからダウンロード(診療案内のページにあります)して記入し、持参すると診療がスムーズとなります。時間外診療については、まず電話連絡をしてほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒950-0005 新潟市東区太平1-2-11
電話 025-275-3621
ホームページ http://www.kuko-ah.com/

くまちゃん動物病院

特徴

新潟どうぶつ眼科センターが併設されている動物病院です。外科的な治療が必要だと判断した場合、手術・麻酔下処置等を提案しています。また、術時の痛みをできる限り和らげられるよう幾つかの痛みケアを施した上で手術を行っています(ペインコントロールの実施)。先取り鎮痛(先制鎮痛)、炭酸ガスレーザーなども導入されています。今までの整形外科の手術の実績の中でも種骨折整復術をはじめ、様々な手術が実施されています。急患の場合は診察時間外でも可能な限り対応しています。まずは電話連絡をしてみてください。連絡が付かない場合は、新潟動物夜間救急センター(070-6983-9912 http://www.niigata-aec.com/ 21:00-24:00 要予約)に連絡をしてください。

アクセス・連絡先

住所 〒950-0151 新潟県江南区亀田四ツ興野4-5-5
電話 025-383-5515
ホームページ http://kumachan-ah.com/

永松動物病院

特徴

ひとと動物、どちらにも優しくありたいと心がけている動物病院です。地域のホームドクターとして皮膚科、消化器科、腫瘍疾患全般に力を入れて診療しているところですが、クリーンベンチを備えた細胞培養室を導入しており、免疫細胞療法、幹細胞移植などをはじめとした再生医療が可能な病院となっています。

再生医療は整形外科疾患にも応用されたりしますので、こちらの病院をセレクトしてみました。また副院長が大学付属病院に外科研修に毎月行って研修を受けてもいます。夜間の救急については、新潟動物夜間救急センター(070-6983-9912 http://www.niigata-aec.com/ 21:00-24:00 要予約)に連絡をしてください。この病院は救急センターの会員病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒950-2044 新潟県新潟市西区坂井砂山2-3-10
電話 025-260-3513
ホームページ http://www.nagamatsu-ah.com/

こばり動物病院

特徴

犬猫の腫瘍科で有名な病院ですが、腫瘍科についても外科手術、抗がん剤治療、放射線治療、補助療法、その他最新の治療を組み合わせて治療をしています。そのため、腫瘍由来の骨折等の場合などは特にこちらの病院がお勧めかもしれません。診療対象の動物は、犬、猫、ハムスターが中心となっています。

日曜日、祭日も診療をしている為、混み合う場合があります。時間に余裕をもって来院してほしいそうです。麻酔については麻酔専門医からの講習を修了し、より安全な麻酔ができるような体制を取っています。また、整形外科疾患については、骨折、関節外科や椎間板ヘルニアに迅速に対応するために各種機材を揃えています。

アクセス・連絡先

住所 〒950-2026 新潟県新潟市西区小針南台1-12
電話 025-232-5885
ホームページ http://www.kobari-ah.com/

 
 

関連カテゴリ