2017年6月20日更新

老犬の『食事介護』正しい方法を解説【動物看護士が解説】

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

犬が高齢になり、顎の力が弱まったりすると今まで食べていたドライフードを食べられなくなることがあります。そのまま丸呑みをしても大丈夫ですが、歳とともに消化機能も落ちていくため、本来ならば年齢に合わせてフードの柔らかさや、食事内容を調整してあげたいところです。毎日では大変ですが、お仕事が休みの日や、少し手の空きそうな日は愛犬のために食事を工夫してみませんか?

 

食べる力も衰える

人間が歳をとると、咀嚼(物を噛むこと)や嚥下(物を飲み込むこと)がしにくくなり、喉に詰まったり気管に異物が入りやすくなります。犬も同じように、年齢を重ねるごとに咀嚼・嚥下の力が弱くなり気管に異物が入りやすくなります。

若い犬であればドライフードを丸呑みにしても喉に詰まることは滅多にありませんし、消化もきちんと出来るので問題はありませんが、老犬になると嚥下の力が弱まるため、うまく流れずに食道で滞ってしまうことがあります。食道には元々胃へ物を運ぼうとする動きがあるので、滞ったままになることはありませんが、出来ればそういったことのないように食事をさせてあげたいところですよね。

柔らかいフードに変えてみる

ウェットタイプのフードは、ドライフードより少し割高になりますが、柔らかく水分も含まれているので、食道を流れやすく老犬にオススメです。しかし、嗜好性の高いものが多いので、ガツガツ食べたがることがあります。老犬には危険なので小さくちぎったものを手から1つ1つゆっくりと与えてください。

ドライフードをふやかす方法も!

ウェットタイプを毎日、毎食与えるにはやはりお金がかかってしまいます。代わりにドライフードをお湯でふやかしたものでも大丈夫です。芯が硬く残っていても、周りは水分を含み柔らかくなっているのでふやかしていないドライフードよりは食道の中を流れやすくなります。

ドライフードをふやかして与える場合、一番望ましい方法としては、ペースト状にして与える方法です。フードをあらかじめ粉々に砕いて、お湯でペースト状にし、ウェットと同じように手からゆっくりと与えてください。
砕いておかなくても、フードをふやかして潰せば良いのですが、潰せるくらいになるまでにかなり時間がかかりますので、最初に砕いておくのがオススメです。

 

体を立てて食べさせること

年齢を重ね、立つのが億劫になると寝ている口元までお皿を持って行ってそのまま食べさせがちですが、体を横にして食べさせるのはよくありません。飲み込みが弱く流れづらいのに合わせて、体がねじれていると更に食べ物が流れづらくなります。食道に食事が残ることは、食道炎の危険性もありますので、立てないのであればせめて体を伏せの状態にして、正しい姿勢で食べさせるようにしましょう。

低脂肪を選ぶこと


ドッグフードには、子犬、成犬、老犬などランク付けがしてあるものが多くなってきています。「名前だけで中身はあまり変わらないのでは?」と思っている方もいると思いますが、それぞれの消化機能や必要な栄養によって内容が違いますので、必ず年齢にあったフードを与えるようにしてください。

老犬になればなるほど、脂肪分が分解出来なくなり下痢の原因になりがちです。ただでさえ免疫が落ちているところに下痢を起こすと、そのまま体力を奪われて一気に弱ってしまう可能性がありますの。

シニアと書いてあるものは大体低脂肪になっていますが、おやつや缶詰などを選ぶときは、おいしそうだからと子犬や成犬用のものを安易に選ばないように注意してくださいね。