2016年3月21日更新

【動物看護士が解説】飼い主必見!老犬介護に大切なポイントをお教えします。

昔は体力が有り余っていたずらばかりだった愛犬もついに老犬の仲間入り…。もしも、愛犬が寝たきりになってしまったらどうすれば良いのかわからないあなた。愛犬と楽しく、幸せに余生を過ごしてあげるために、介護のことをちょっとお勉強しておきませんか?

寝たきりはそのままにしない

筋力が衰え、立つことが難しくなったらついに寝たきりとなります。立ち上がることが出来なければ、寝返りを打つことすら出来ません。ですので、飼い主が『体位変換』という、寝返りのような作業を定期的に行う必要があります。

寝たきりの犬は大抵左右どちらかの側面を下にして横になっています。下の面になっている体表は、体重の重さで血流が悪くなりがちです。また、骨盤や、肘、飛節(後ろ足のかかとのようなところ)といった、関節の形が外見でもよくわかるような場所は、他の部分よりも出っ張っているので、体重がそこに集中しがちです。

重さが一箇所に乗り、血流も悪いと、皮膚が壊死していき、『床ずれ・褥瘡』と呼ばれる傷になります。褥瘡は非常に完治しにくいので、予防することが最も大切です。

床ずれを防ぐには?

小型犬や中型犬であれば、2~3時間に一度。体重の重い中型犬や大型犬であれば1~2時間に1度は、下になっている面を上にするように、寝返りを打たせてあげる必要があります。こうすることにより、重さで滞っていた血流が回復し、床ずれ・褥瘡もできにくくなります。

寝返りを打たせてあげた後は、体の表面をさするようにマッサージしてあげると、血の巡りをよくする助けになります。

食事は伏せで与える

寝たきりの犬に食事を与える時、頭を少しだけ体より高くして食べさせがちですが、気管や肺に異物が入りやすくなるので絶対にしないでください。免疫力が下がっている時の肺炎は命取りになります。

食事を与える時は、必ず伏せの姿勢にして、頭を少し持ち上げるようにしてください。頭を上げ過ぎるのも、喉の方へご飯が滑り落ちやすく、飲み損なう危険がありますのでやめてください

水を与える時も要注意!

特に気をつけてほしいのが、水を与える時です。1日に何度もあげることがあるので、いちいち伏せにするのは面倒かもしれませんが、水は特に気管に入りやすく、『誤嚥性肺炎』と呼ばれる肺炎になるリスクが高いので注意が必要です。

伏せの姿勢にしても、老犬はむせやすいので、多量の水をいっきに与えるのではなく、少量ずつをつぎ足しながら与えるのが良いでしょう。

床は柔らかく

寝ている床が硬ければ硬いほど、褥瘡はできやすく、体重も数カ所に集中しがちです。できれば、低反発のマットレスか何かを用意し、寝かせてあげるのが良いです。柔らかいものに寝かせてあげれば、体の凹凸に床面がフィットし、接している面積が広ければ広いほど体の負担が少なくなります。

また、体の厚みにより、横向きに寝ると上側にある手足が下へダランと垂れてしまうので、タオルやクッション等を抱かせるように挟んであげると少し楽になります。特にコーギーやダックスなどの足の短い犬種や、フレンチブルドッグパグ、ブルドッグなどの胴が太い犬種は、クッションやタオルを抱かせておかないと関節を痛める可能性があるので注意してください。

介護は1日つきっきり

体位変換をすることを考えると、1日中つきっきりでいなければなりません。飼い主さんがずっと家にいる場合は可能ですが、仕事をしているとなかなか難しいですよね。だからといって仕事の間同じ姿勢で寝かせておくと体にかなりの負担がかかってしまいます。日中預かってお世話をしてくれる動物病院もあるので、相談してみるのも良いかもしれません。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ひとり暮らしの人に、自宅で留守番中のペットをチェックするスマホアプリが人気と聞きます。「屋内での終日の留守番のストレスが原因で脱毛や体調不良、自傷行為などを起こし病院に来るケースがあります」……

感受性強し!!レークランド・テリアの里親になる方法と里親を探す方法

そこまでペットとしての人気は高くないものの、その洗練された外観とテクニックでドッグショーでは際立つ才能を発揮し、注目される犬種です。小柄ですが、みるからに頑丈そうな体格をしており、山岳地帯の……

獣医師に聞く! 愛犬が発熱したときの正しい対応とは?

風邪をひいて急に熱が出たとき、ヒトの場合は温かくして寝る、汗を拭いて水分補給するなどの応急処置をするところですが、犬の場合はどのようにすればいいのでしょうか。ヒトのケア法とは違うのか気になり……

【獣医師監修】犬の動脈管開存症~原因・症状と対策

犬の動脈管開存症は、動脈管という血管が原因で起こる先天性の心疾患です。動脈管は犬が胎児のときに心臓の大動脈と肺動脈をつないでいた血管で、通常は生後しばらくすると閉鎖します。しかし動脈管開存症……

もしかしてデブペット? 獣医師が教える、愛犬の肥満度をチェックする方法

筆者の飼い犬が上手に「おすわり」や「待て」をするたびにごほうびのおやつを与えていたら、1カ月ほどで体つきが目に見えてふっくらしてきました。太り過ぎなのではと心配です……。「ペットの犬は、野生……

暖かくなる春先は特に注意!愛犬の拾い食いをやめさせるコツ

今月より、コラムを担当させていただくことになりましたDog index ドッグトレーナーのMIKIです。家庭犬と暮らすみなさまの、身近でよくあることや不安に思うことをわかりやすくお伝えしたい……

【好評!】 犬用ケージ(ドッグケージ)おすすめ10選!

犬用のケージは、しつけができる大切なものです。飼い主と同じ行動範囲でしか生活をしてない場合、対等な立場と思い込んでしまい、問題行動を引き起こすこともあります。留守番の時はイタズラ防止になり、……

犬の飼い主さんなら思わずうなずく!犬飼い始め『あるある』8選

犬を飼うと生活が一変するという経験は、飼い主さんなら誰でも覚えがあるのではないでしょうか。いままで嫌々やっていたことも犬のためなら喜んでできる…という声もよく聞きます。今回は、犬を飼い始めて……

犬の雑学

クスッと笑えてほっこり温かい癒し系ねこマンガ『ずぅねこ』とは?

画像出典:PR TIMES 9月19日発売の、動物園で暮らす猫たちと動物や職員たちとのふれあいを描いた癒し系コミック『ずぅねこ ~とくがわ東どうぶつ園日記~』!!人気急上昇で、発売後たちま……

自然給餌のコンセプトで作られるイギリス生まれの「ナチュラルドッグフード」

犬の祖先、つまり野生の犬は本来、草原を走り回り草食動物を狩って内臓から食べていました。人間と生活するようになって犬はペットとして交配され、今では室内でゆったり食べ物を待つ動物になりましたが祖……

香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

香水をつけていたら、近付いてきた友人の犬に逃げられたことがあります。みなさんもそんな経験はありませんか? 「犬は人間よりにおいを嗅ぎ分ける力が優れています。犬にも香りの好き嫌いがあり、その犬……

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

愛犬と一緒に行きたいこだわりのドッグカフェ ~ 福岡編

犬を飼う楽しさのひとつは、一緒に外出してお出かけを楽しめることでしょう。散歩する時以外にも愛犬と外出する機会が多いという飼い主さんにとってドッグカフェはなくてはならない場所になっているのでは……

人間が食べられる究極のペットドッグフードを作る「ランフリー」

犬の健康と食についての飼い主さんの意識が高まるようになって、ドッグフードはプレミアム化が進んでいます。種類も増え、愛犬の好みや体調に合わせて選択の余地も増えてきました。そんな中で大手ペットフ……

愛犬の健康にも役立つ!犬のおもちゃ 噛むタイプのもの10選

楽しく遊びながら、歯のケアや顎を鍛えたりすることができるおもちゃ特集です。犬にとっては、何かを噛むというのは基本行動のひとつなので、噛んでもいいおもちゃを与えることでストレス解消をさせてあげ……