犬の歯磨きは難しい?それでもやるべき理由と成功するためのステップとは【獣医師が解説】

愛犬の日常ケアの一つ「歯磨き」。

犬の歯磨きはとっても大切な日常ケアではありますが、歯磨きを嫌がる犬も多く「面倒だから」とついさぼりがちになることも多いケアの一つです。

そこで今回は犬の歯磨きについて、その重要性や失敗しない方法について解説いたします。

歯磨きをすることのメリットを知って、もう一度歯磨きをしてみようというきっかけになると思いますので、ぜひしっかり読んでみて下さい。

犬の歯磨きが必要なわけ

まずは、なぜ歯磨きが必要なのか、犬の歯磨きをするメリットについて知っておきましょう。

歯石の予防

歯磨きの最も大きな目的は、歯石を付けないことにあります。

犬には虫歯はほとんどなく、歯磨きをしなくても虫歯にはなりませんが、歯石は非常に溜まりやすいです。

歯石は口内炎や歯周病などの口の中の病気だけでなく、心臓病や腎臓病など全身の病気を起こす原因になるとも言われています。

歯磨きをして歯石を予防することで、愛犬が元気に長生きする手助けをすることができるのですね。

口臭の予防

中高齢の犬では、口臭がきついために、かわいいのだけれど顔回りを舐められるのが苦痛だという飼い主さんも多いです。犬の口臭の大部分は歯石やそれに伴う歯周病が原因となります。

歯磨きをすることで口の中をいい環境に保つと、口臭の予防にもつながります。

病気の早期発見の可能性

犬にはさまざまな病気がありますが、口の中を見ることでその病気のサインに気付けることもあります。

歯磨きをして毎日口の中の状態をチェックすることで、愛犬の歯周病や口の中の腫瘍(がん)はもちろん、貧血や低血圧、脱水などの症状を早く見つけることも可能になります。

薬を飲ませやすくなる

歯磨きで口の中を触るのに犬がなれていると、薬を飲ませるのも抵抗なくできるようになることも多いです。

心臓病や腎臓病などの慢性疾患になると、毎日薬を飲ませなければいけないこともありますので、投薬が簡単にできるというのは愛犬の健康にとっても大切なことになります。

スキンシップにつながる

愛犬と良い関係を築くためには、毎日コミュニケーションをとることも大切です。

コミュニケーションの中でも直接触れ合うスキンシップは、愛犬との関係をより深くするためにとても良いことになります。

歯磨きは病気の予防だけでなく、飼い主さんと愛犬の関係にとっても良いことなのです。

歯磨きを成功させる犬の歯磨きのステップ

では、具体的にどういった方法で歯磨きをしていったらいいのでしょうか?

嫌がるのを無理やり押さえつけてやっても、良い歯磨きはできません。大切なのは、以下のようにステップを踏みながら歯磨きを進めていくことです。

ステップ1.口を触る練習

犬の歯磨きの最初のステップは、口を触られることを嫌がらないようにすることです。

優しく声をかけながら口元を触ったり、顔を撫でるのの延長で口を触ってもらうといいでしょう。

指に犬の好きなおやつなどやチュールなどを付けて、舐めさせながら口元や歯を触る練習をするのも効果的です。

最初は嫌がることも多いので、嫌がったら短時間で切り上げて、嫌なイメージを付けないようにすることが大切です。

歯磨きの成功のコツはこのステップにあると言っても過言ではありません。

「口を触られる=うれしいこと」というイメージを犬に付けることができれば、次からのステップが非常に楽になります。

抵抗なく口元を触らせてくれるようになるまで、2週間~2か月くらい毎日口を触るようにしましょう。

ステップ2.指で歯を磨く

口を触るのに抵抗が無くなったら、次のステップは指で歯の表面を磨くことです。少し嫌がる場合には、ペースト状のおやつを指に付けてやってもらってもいいでしょう。

歯磨きジェルやデンタルペーストを付けて磨くとより効果的です。

最初は短時間で切り上げて、できるだけ嫌なイメージを付けないようにやっていきましょう。

ステップ3.ガーゼや指サックを指に巻いて歯を磨く

指で磨くのにも慣れてきたら、次はガーゼや指サックを指に巻いて歯磨きをしてみましょう。

素手で磨くのに比べて、摩擦が強く汚れを落とす力は強くなりますが、その分違和感も強く嫌がる犬も少なくありません。

嫌がらないよう、褒めながら少しずつやっていきましょう。

超小型犬で指が口の奥の方まで入らない場合には、ステップ3をスキップしてステップ4に行ってください。

ステップ4.歯ブラシで歯を磨く

最終的な目的は歯ブラシで歯を磨くことです。ステップ3までそれほど嫌がらなくなったら、歯ブラシにデンタルジェルや歯磨きペーストを付けて磨いてみましょう。

ステップ4までできるようになるまで、通常1~6カ月かかります。

口を触るのに抵抗がある犬では半年くらいかけてじっくりやるつもりで歯磨きを行ってくださいね。

部位ごとの歯磨き方法

次に各部位ごとの歯磨きの方法についてお話しします。

前歯(切歯)

口の前の方に生えている切歯は、比較的磨きやすい歯となります。

指で横にこするようにしたり、歯ブラシをゆっくり横に動かすようにして磨いてあげましょう。

奥歯を嫌がる場合には、まずは前歯で慣らしていくのもいいでしょう。

奥歯(臼歯)

犬の歯石の多くは奥歯(臼歯)につくため、奥歯をしっかり磨くことは大切です。

小型犬の場合、口の奥の方にに指やガーゼを入れるのは難しく、ペット用もしくは乳幼児用などのヘッドの小さな歯ブラシを使って磨くことが重要になってきます。

嫌がらない程度にゆっくり奥に歯ブラシを入れて、奥歯を優しくこするようにしてください。

犬の歯磨きグッズの選び方

次に、歯磨きグッズの選び方も簡単にご説明いたします。

歯ブラシ

歯ブラシは犬用でも人用でも構いませんが、小~中型犬の場合、人用歯ブラシは口に対して大きすぎますので、ペット用の歯ブラシを使うことをおすすめします。

ペット用の歯ブラシにもヘッドの大きさやブラシの形状は様々あります。

口や歯の形状、歯肉の状態によって最適な歯ブラシは違ってきますので、できれば動物病院などで相談して、愛犬に最も合った歯ブラシを選ぶようにしましょう。

指サック

歯ブラシを使うと嫌がる犬の場合には、歯磨き用の指サックを使うのもおすすめです。

歯ブラシに比べて操作が簡単で、安全に使いやすいので、歯磨き初心者の方には指サックもおすすめです。

歯磨き粉(歯磨きペースト・デンタルジェル)

歯磨きは、何もつけないでもある程度効果はありますが、歯磨きペーストやデンタルジェルを付けることでより効果的になります。

歯磨きペーストやデンタルジェルには歯垢を溶かしたり、歯茎の健康を保ったり、においを改善するための成分が含まれています。

さまざまなメーカーからさまざまな味のペーストやジェルが出ていますので、愛犬のお気に入りのペーストを見つけて使ってあげましょう。

歯磨きが難しい場合にできること

歯磨きがなかなかできない犬では、歯の健康を保つために以下のようなことを考えましょう。

歯磨きのステップを最初からやり直す

歯磨きができない犬の多くは、口を触られるのを嫌がって動いたり噛んだりするのが原因となります。

そのため、口を触られるのを嫌がらないようにするため、上で紹介した歯磨きのステップをもう一度最初から行うことをおすすめします。

まずは焦らず、口を嫌がらずに触れるようになることを目標に、再度ゆっくり歯磨きにトライしてみましょう。

歯磨きガムで代用

どうしても歯磨きができない犬には、歯磨きガムで歯磨きの代用をしましょう。

歯磨きガムは噛むことで歯の表面の歯垢をそぎ取る効果があるため、歯石や歯肉炎の予防効果が期待されます。

ただし、歯磨きほどの効果はなく、ガムの食べ過ぎで太ってしまったり栄養バランスを崩してしまうこともあるので、歯磨きができるのであればできるだけ歯磨きをするようにしましょう。

歯石除去(スケーリング)

歯磨きができずに歯石が溜まってしまった場合には、歯石除去を受けることで歯をきれいにすることができます。

ただし、歯石除去には全身麻酔が必要となり、麻酔のリスクや高い費用が必要となるので、歯石除去は最終手段と考えていただいた方がいいでしょう。

最近、ペットショップやトリミングなどで「無麻酔歯石除去」という施術メニューを扱っているところがあります。

この方法は無麻酔でできるというメリットがありますが、押さえつけることで呼吸困難などを起こしたり、無理に口を開けることで出血や骨折などの事故が起こることもあります。

また、見た目はきれいになっても、歯周病の原因である歯と歯茎の間の歯石や歯垢は撮れませんので、歯周病の進行につながってしまいます。

獣医歯科学会でも危険性に関する警告を出しているなど、無麻酔歯石除去は危険な処置なのでおすすめいたしません。

歯磨きすると予防できる病気とは?

歯磨きによって以下のような病気の予防が可能となります。

歯周病

歯周病は、歯と歯茎の間に炎症が起きる病気です。

歯周病がひどくなると、口の痛みや出血、歯の根元の腫れ、全身の発熱や食欲不振を起こすことがあります。

歯周病のが進行して歯の根元に膿が多く溜まると、目の下に穴が開いてそこから膿が出てくることもあります。

心臓病

歯周病菌は血流を介して全身に波及し、心内膜炎を引き起こすと言われています。

実際に中等度以上の歯周病があると、心臓病のリスクが2-4倍になるという論文も存在します。

心臓病の予防のためにも歯磨きは大切になります。

腎臓病

歯周病菌は心臓だけでなく腎臓にも影響すると言われています。

慢性腎臓病(慢性腎不全)のリスクは、歯周病があると2倍以上になるというデータも発表されており、腎臓の健康のためにも歯磨きが役に立ちます。

歯磨きをする際の注意点

歯磨きをする際には、以下の点に注意してください。

無理やりやらない

犬の歯磨きを成功させる秘訣は「無理やりやらない」です。

嫌がっているところを無理に押さえつけて歯を磨くと、犬はどんどん嫌になり、さらに歯磨きが難しくなるという悪循環を引き起こしてしまいます。

無理な歯磨きは、飼い主さんを見ると逃げてしまうという信頼関係の崩壊につながってしまうこともあります。

また、嫌がっているところを無理やり歯磨きすると、飼い主さんが噛まれてしまったり、犬の歯や歯茎を傷つけてしまう事故につながることもあります。

ご紹介したように、ステップを踏みながら、ゆっくりゆっくり嫌がらないように歯磨きをやっていきましょう。

最低でも2日に1度は歯磨きを

犬の口の中は、人と違いアルカリ性に傾いており、虫歯ができにくい代わりに歯石ができやすい環境になっています。

そのため、口の中に汚れが歯石になるまで約3日と非常に短く、3日以上間が空いてしまうと歯石になってしまって歯磨きしても落ちなくなります。

理想は毎日の歯磨きですが、愛犬のお口の健康のためにも最低でも2日に1度は歯磨きをしてあげましょう。

歯石が付いてしまったら歯石除去を

歯の表面の汚れは歯磨きで落とすことが可能ですが、歯石になってしまったら歯磨きで落とすことはできません。

歯石は菌とミネラルの塊であり、歯肉炎や歯周病のもとになります。

歯磨きをしていても歯石ができてしまった場合には、動物病院で相談して歯石除去をしてもらうといいでしょう。

まとめ

犬の歯磨きは口の中の健康だけでなく、心臓病や腎臓病などの全身性の病気の予防、さらには病気の早期発見や愛犬とのコミュニケーションになるなど多方面にメリットのある行為です。

犬の歯磨きを成功させるうえで大切なのが、とにかく無理をしないで時間をかけて行うことです。

愛犬と健康でよい関係を築きながら生活するためにも、じっくり歯磨きに向かい合ってみて下さいね!

この記事が成功する歯磨きのきっかけになれれば幸いです。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。