2016年3月28日更新

【動物看護士が解説】犬の歯みがきは何故必要?口の中が汚いと病気になる?

犬を飼っている人なら必ず一度は聞いたことのある、犬のデンタルケア。犬に歯磨きなんて必要あるの?と思われている方も多いと思いますが、人間にとって歯は大切なように、犬にとっても同じなのです。

歯石が病気の源になる

犬の歯を綺麗にするのは、口臭を予防するためだけだと考えていませんか?実は、口の中が汚いと、命取りになるような病気を引き起こす可能性があるのです。

歯に『歯石』がついていると、いつもいつも汚い雑菌をツバと一緒に飲み込んでいるのと同じです。また、歯石がついていると歯肉炎を引き起こすことがあります。
感染が広がると、歯の根元まで腐り、隣接する骨も腐らせます。そうすると顔の組織にまで進行し、膿が溜まり目の下あたりの皮膚を突き破ってしまうことがあります。

また、歯石の感染は血液にまで広がり、心臓病を引き起こす可能性があります。

歯石になるまでは3日

まず、上記のような病気を引き起こさないようにするためには歯石を付けないようにすることが一番です。歯石は歯垢が溜まって出来上がるものなので、歯垢を溜めないようにするには、やはり歯磨きをすることです。

デンタルガムや、デンタルケア用のフードなどがありますが、噛んだ歯の歯垢しか取り除くことは出来ず、全てに満遍なく作用するわけではないので、1番の予防法は歯磨きです。

歯垢は3日くらい経つと、もう歯石になってしまいます。最低でも2日に1回念入りに歯磨きをする必要があります。

歯石除去手術をすればいいのでは…?

『歯石除去手術』というものを知っている方もいるでしょう。その手術をすれば綺麗になるし定期的にやれば歯磨きをしなくて良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは間違いです。

歯石除去には全身麻酔が必要であり、麻酔にもリスクがあります。若い、健康な犬であれば受けることができますが、持病により麻酔がかけられなかったり、年齢にも制限が出てきます。
歯は綺麗にはなりますが、身体への負担は少なからずあるので、歯磨きで予防し、手術を受けなくても良いようにすることが一番なのです。

いきなり始められない

いざ、歯磨きをしようと思っても、すぐに出来るわけではありません。大抵の犬は口あたりを触られるのを非常に嫌がります。そのため、少しずつ歯磨きを覚えさせていく必要があるのです。

良い子であれば最初からやらせてくれるかもしれませんが、あまり連続でやると怖がって逃げ出すようになるかもしれません。逃げ出すようになってからのしつけは非常に難しいので、嫌がらないように覚えさせることが大切です。

歯磨きの覚えさせ方は、とにかく褒めるということ

1日目 口を触らせてくれたら褒める

まずは何も持たないで口を触らせてくれたら褒めましょう。もちろんご褒美を使っても良いです。焦りは禁物なので初日はそれだけで終わりです。それ以上は何もしません。

2日目 唇を少しめくってみる

次は口を触って唇を少しめくってみましょう。出来たらご褒美。嫌がったら一歩戻って、口を触ることからやり直しましょう。2日目も焦りは禁物です。

3日目 犬歯を触ってみる

唇をめくったら、反対の手で犬歯を触ります。出来たら、とにかく褒めてください。嫌がったら2日目と同じように一歩戻ってゆっくり慣れるようにすすめていきましょう。

このように一つの動作を1個ずつ教え、褒め、覚えさせていきます。犬歯の次は、奥歯の方に指を差し込んで、嫌がらなければ褒めます。指で片方の歯列が触れたら、次は反対側、ガーゼを巻いて歯に触れてみる、磨いてみる。というように、とにかくゆっくりゆっくり覚えさせていきます。こうしてコツコツ経験を積み上げて、最終的には全ての歯を磨けるようにします。

褒めてもダメなら、おやつをあげても良いでしょう。できなかったら、一個前の動作に戻って再度慣れさせてあげて下さい。いきなり何個も進むのはNGです。歯磨き=嫌なものと覚えてしまったら、もう二度とやってくれなくなるでしょう。

歯磨きは楽しいこと

ポイントはとにかく褒めて、歯磨き=楽しいこと。と覚えさせることです。

もしもつまづいてしまったら、かかりつけの動物病院に相談するのも良いでしょう。ほとんどの病院は、デンタルケアの指導を引き受けてくれますよ。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

ギネスブックに載った犬達 世界記録をもつ犬を一挙ご紹介!

世界中で記録されるさまざまな世界一を認定しているギネスブック。人間だけでなく動物達が達成した記録も認定されています。もちろん犬の世界一記録もさまざま。誰が考えたのかと思うような面白い記録もあ……

犬の雑学

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

『春』は冬に溜め込んだ不要なものをデトックスする季節

東洋医学は、中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学です。犬のケアとしてツボ経絡マッサージ、温灸、薬膳などご家族ができる補完・代替療法として注目されています。 東洋医学では、自然界の……

飼い始めの不安を解消!先輩飼い主さんの健康チェック方法をご紹介!

飼い始めは楽しい半面、初めてのことで戸惑う事も多いですよね。一番の不安はやっぱり健康面!そんな不安を解消するため、先輩飼い主さんに健康チェックを教えてもらいました! 「自分の子は自分が……

犬を飼いたい!でもその前に自分自身が本当に犬を飼えるのか考えてみませんか?

「仕事で日中は留守にしているけれど、犬を飼いたい」と考えている人はいませんか?犬を飼うことは生活に楽しみや潤いをもたらしてくれますが、とても大きな責任と覚悟を必要とします。安易な気持ちで飼い……

トラブルを避ける工夫が必要! 獣医師が教える、犬とネコを一緒に飼うときのコツ

犬と猫はあまり仲が良くないイメージがありますが、家族の中で犬派と猫派がわかれていて両方を飼いたい家庭が増えていると言います。「犬と猫は、種が異なる動物です。同居させるには、それぞれの習性を理……

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

ストレス?換毛期?病気?犬猫の抜け毛について獣医師が詳しく教えます!

春に増える、犬や猫の抜け毛。犬種・猫種によっては、ごっそり大量の毛が抜けることもあり、家の中が毛だらけで毎日の掃除が本当に大変、という方もいるでしょう。春は換毛期といって、犬や猫の毛が生え変……

合言葉は「ぶひ可愛い!」鼻ぺちゃワンコたちの写真・物販展が開催!

画像出典:@Press:アットプレス 犬好きさんたちはご存知の方が多いと思いますが、ワンコは短頭種・中頭種・長頭種という3つのタイプに分けることができます。 ワンコの大半は中頭種で、……

愛犬・愛猫のための手作りごはん!『ペット生活レシピ』がオープン♪

最近『犬猫の高齢化』というキーワードを耳にする機会が増えたと感じませんか?一般社団法人ペットフード協会の独自調査によると、犬猫の平均寿命は、30年前と比較して約2倍にまで伸びているそうです!……

世界でひとつ。愛犬、愛猫のフィギュアを再現してくれる「3D Petshop」

飼い主さんなら誰もが愛犬、愛猫の成長の記録として、また飼っていた犬や猫の想い出として写真やビデオなどを撮ると思いますが、今回はちょっと違った形でペットの姿を残す方法。昨今、金型なしで立体を造……

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

【動物看護師が徹底解説!】動物病院にペットを連れて行くときにおすすめのキャリー

犬猫をお出かけや、動物病院に連れて行く際に必要になるキャリー。布やプラスチック、様々な種類や形があり、購入する際に悩んでしまう飼い主さんも多いでしょう。それぞれのキャリーにメリット、デメリッ……

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

写真集『うさぎのモキュ様』その②【うさぎのモキュ様ブログ】

ブログ更新を理由に、子供を幼稚園に送った後 スタバで ウマスウマス^q^するのが目的になってきているwww モキュ様のおかんですw 今日は、新作ストロベリーディライトフラペチーノ!……

ブログ