2016年3月1日更新

【獣医師監修】犬の老化のサインを見逃さず、愛犬にたのしいシニアライフを!

どんなにやんちゃで家の中やお散歩のときに走り回っていても、犬は人間の5倍ものスピードで成長すると言われていて、確実に私達より先に老いを迎えます。

人間の年齢に当てはめて考えると個体差はありますが、1歳の犬は人間の約20歳ともいわれます。そこからは緩やかであるものの、小型犬は1年で約4歳、大型犬は約5歳ずつ年齢を重ねていきます。

一般的に犬は生後7年でシニアといわれます。今までと変わりなくみえても身体機能は衰えていっているのです。「あれっ?」と思ったならばそれは老化のサインかもしれません。

老化のサインってどういうところ?

カラダにでるサイン

口臭がきつくなった

まずは歯周病を疑いましょう。なんと3歳以上の犬の8割以上が歯周病と言われています。

顔に白髪がでてきた

皮膚の老化が原因です。口や鼻のまわりに出始めて徐々に広がっていきます。

皮膚にシミ・できものができてきた

老化が原因の乳頭腫(イボ)は良性腫瘍で慌てる必要はありませんが、悪性腫瘍(ガン)と見分けがつきにくいので病院で診てもらうと安心です。

目の奥が白くなってきた

高齢になると水晶体のたんぱく質が変質しやすくなり、目が白く見えることがよくあります。白内障は老犬に多い目の疾患です。

お尻が小さくなってきた

老化による腰や脚の関節の痛みのため、自分で動きを制限することで筋力が落ちてくるので骨ばった感じのお尻になってきます。

行動にでるサイン

  • 飼い主に反応しなくなる、名前を呼んでも反応しない
  • 階段を嫌がる
  • 行動がスローになる
  • おもちゃで遊ばない
  • z後ろ脚の歩幅が狭い
  • 以上のような行動にあらわれるサインは、関節の痛みや強張りによるところかもしれません。その他には、お散歩に行きたがらない・トイレの失敗が増えた・硬いものを食べられない等さまざまです。

    普段何を気をつけてあげるべき?

    目が見えづらくなった、耳が聞こえづらくなった、身体が思うように動かない…老いからくるカラダの変化に一番戸惑っているのは愛犬自身です。

    そして愛犬の老化を加速させる一番の要因は心の老いです。脳への適度な刺激とリラックスが愛犬を若返らせます。

    積極的にスキンシップをとる

    いろいろなことに対する反応が少なくなってきても積極的に話しかけてあげたり、今まで以上にカラダに触れてあげたりして下さい。嬉しそうな顔をすることでしょう。脳への刺激にもなり、愛犬の感情がイキイキしてくるのが分かります。

    ライフスタイルをかえてみる

    今までの散歩コースを少し変えてみたり、車が好きな子だったらドライブに連れて行ってみたりするのもいいですね。新しいおもちゃで遊んだり、年齢にあった食べ物に見直してみたりすることもお勧めします。

    ただ老犬になってからの部屋の模様替え、トイレや飲水の配置替えは愛犬を戸惑わせることもあるので、様子をみながらのほうがいいでしょう。

    マッサージによるリラックス

    犬に限らず四足歩行の動物はからだの構造上、首が凝りやすいといわれています。温めた手で首や腰をマッサージしてあげると大変喜びます。はじめは少しずつ反応をみながら行います。

    また、ラベンダーなどのリラックス効果があるアロマオイルを用いるのもいいでしょう。マッサージに使用するときには用法に注意が必要ですが、部屋に香りを焚くぶんには消臭にもなっていいかもしれません。

    ただし、嗅覚は人よりも優れているので使用量は極少量にしてください。また、犬には使ってはいけないアロマオイルもあるため、成分に注意して使用してください。

    飼い主の工夫しだいで愛犬も楽しいシニアライフに!

    うちの子はまだまだ大丈夫と思っていても日常の「あれっ?」が増えたならば、それは老化のはじまりでしょう。

    介護というと大げさなものをイメージしますが、シニア世代の愛犬にあわせた生活の工夫を考えたなら、それは介護の始まりといってもいいでしょう。

    十数年という短い一生を家族の一員として過ごす中で、加齢により変化していく愛犬を受け入れることは辛いものです。

    しかし、飼い主のちょっとした気遣いでそのスピードを緩めることはできますし、たとえ本格的な〝介護〟になったとしても、現在の愛犬の時間の流れに合わせた楽しいシニアライフを送らせてあげることもできます。

    一つだけいえるのは、最後まで愛犬には大切なあなたが必要だということです。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護士が解説】老犬と暮らすために必要な『生活環境』とは?

老犬になると、普段普通に過ごしていた空間でも生活しにくくなってしまうことがあります。置いてある家具は障害物となり、廊下は狭く、床は歩きづらくなってしまいます。少しでも愛犬に快適に生活してもら……

体が衰えた老犬の介護

ペットを飼っていれば誰もが陥る可能性のあるペットロス。ペットロスと向き合うにはどうする?

ペットを飼っていれば誰もが経験するペットとの別れ。室内飼いするようになって人間との距離が縮まったためか、ペットは単なる愛玩動物というより家族の一員になり、亡くなった時の喪失感は大きくなってき……

犬の死とペットロス

【獣医師が解説】シニア期に病気になってしまった愛犬・愛猫にできること

犬や猫も年齢とともに、様々な病気にかかってしまうリスクが増えてきます。時には、治療の難しい病気にかかることもあるかもしれません。そうなった時に、愛犬や愛猫のためにどのような選択ができるか知っ……

体が衰えた老犬の介護

可愛いうちのワンコの老化のサイン

と比べると圧倒的な早さでやってきます。 そして、歳を重ねるにつれ、体にさまざまな変化も見られるようになっていきます。 しかし、飼い主がさまざまな配慮をすることによって、痛みやつらさを軽減……

体が衰えた老犬の介護

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の認知症

飼い主さんにとってもっとも大変な介護。高齢犬の排泄サポートの方法

高齢犬のお世話の中でも一番手が掛かりストレスが溜まるのがお漏らしへの対処でしょう。散歩に行けないので外で排泄することができず、室内にトイレがあっても室内での排泄を嫌がったりうまく排泄できなく……

老犬の認知症

飼い主さん必見!シニア犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりする……

犬の健康の基礎

老犬の夜鳴きから解放されたい!犬の夜鳴きの原因・解決方法

犬が高齢になって困るトラブルのひとつが夜鳴きです。 経験ある飼い主さんなら分かると思いますが、犬の夜鳴きは正常な鳴き声とは違って、唸るような声で何時間も鳴き続けるので飼い主さんが寝不足……

体が衰えた老犬の介護

【動物看護士が解説】シニア犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のブラッシング

本当に必要な「ペット保険」がわかる!後悔しないペット保険の選び方

[はじめに]年々高まるペット保険の重要性 ペットが長寿となってきている最近、犬の平均寿命は13.9歳、猫の場合は14.5歳に達しています。愛するペットと長く一緒に過ごすことができるのは喜ば……

犬の老化について

【共感必須】若い頃にはなかった良さがある!シニア犬・猫のエピソードまとめ

犬も猫も歳をとると、私たち人間と同じように介護が必要になるなど衰えを感じる事もあります。しかしシニアだからこその良さもたくさんありますよね!今回は若いころにはなかった、シニアの犬猫ならではの……

犬のニュース

獣医師が教える! 犬・ネコの寿命が近いときのサインと飼い主ができること

犬や猫の寿命はヒトより短く、いずれは別れのときがやってきます。いつ頃そのときが来るのか、犬・猫は寿命が近付くとどうなっていくのか、知識があれば心構えもできますよね。今回はもも動物病院の谷祐子……

犬の老化について

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

体が衰えた老犬の介護

【獣医師監修】運動した方が長生きできる?高齢になった犬の運動や散歩の方法について

若い頃は元気に走り回り、飛び回っていた愛犬も年をとると徐々に運動量が減ってきます。 昔は敏感に反応していた周囲の音や飼い主さんの動きにも鈍感になって、寝ている時間が増えてくるでしょう。……

体が衰えた老犬の介護