2016年3月31日更新

タイハクオウムの価格・値段や飼い方について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”タイハクオウムです。真っ白で美しいその姿に夢中になってしまいます!

 

タイハクオウムの価格は?

タイハクオウム
〈画像引用元:Juan Tello

タイハクオウムはインドネシア、赤道直下のモルッカ諸島に生息している大型オウム。真っ白な羽毛に覆われています。大型のペットショップやインコ・オウムの専門店、ブリーダーさん、ネット販売で入手できます。

価格帯は20万円~50万円。高額な価格帯ですが、時代とともに世界でも生息数が減っていて希少価値な存在であるほか、輸入数なども少ないことも理由です。

是非直接ショップに足を運び、飼育環境や健康管理がきちんと行き届いているか直接確認してください。大型オウムの飼育は特徴をしっかり把握することが必須ですので、アフターフォローが充実しているか納得されてから購入することをおすすめします。また、トレーナーさんや知識のある店員の方からしっかりアドバイスを受けましょう。

タイハクオウムの特徴・性格

タウハクオウムは何といっても立派な冠羽(頭部にあるトサカのような羽)と全身が美しい純白の羽根に覆われていることが特徴。冠羽は広げると傘のようになります。大きさは45cm前後、体重は500~650gに成長します。オスとメスの区別は瞳の色が黒いとオス、赤茶色ですとメスと判断します。

性格は人になつきやすく、甘えん坊で飼い主さんを大好きになってくれます。知能も高く個体差がありますが言葉を覚えることも可能です。

遊び好きでいたずらを覚えることもあります。おっとりしている半面、寂しがり屋な面も持ち合わせていますのでやきもちを焼くことも。タイハクオウムと暮らす際はしっかりと一緒に過ごす時間を毎日作ることを心がけてください。

そして声の大きさには注意しなくてはなりません。特に朝と夕方に多いのですが雄叫びと例えられるほどの鳴き声をあげることがあります。

寿命はなんと40年。とっても長生きしてくれます。

 

飼い方・注意点

タイハクオウム
〈画像引用元:Mariposa Veterinary Wellne

エサはオウム用のペレットや穀物などが混合されているシードフードの他、青菜の野菜や果物をバランスよくあげましょう。温度は年間を通して23℃前後を保つ必要があるのと日光浴も必須です。大型のケージを用意し、羽根を自由に広げられるようにしてあげましょう。閉じ込めるのではなく、お部屋の中で自由に動き回れる時間も作って積極的に接してあげてください。鳴き声が非常に大きく場合によっては防音対策なども。

飼い主さんを心から信頼し、寄り添って生きてくれますので幸せにしてあげられるかしっかり検討することが何より大切です。

〈キャッチ画像引用元:Juan Tello

 
 

関連カテゴリ