2016年3月29日更新

えっ?そんな意味だったの!犬がトイレの後に後足で地面を蹴る理由とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

あなたの愛犬は、おしっこやウンチの後に勢いよく地面を掘ることはないでしょうか。後ろに土を飛ばしながら豪快に掘る犬もいるので、一緒にいる飼い主さんとしては恥ずかしい思いをすることがあるかもしれません。一体、犬は何のために排泄の後に地面を蹴ったり掘ったりするのでしょうか?今回は地面を掘る犬の行動について調べてみました。

 

排泄の後の土掘り、実はマーキングだった!

犬がおしっこやウンチの後に地面を掘る行動。実は自分のニオイを地面に擦りつけて存在を他の犬にアピールするマーキングなのです。散歩の途中でオシッコを少しずつさまざまなところにかけていく行為はマーキングとしてよく知られていますが、排泄後の土掘り、土蹴りにも同じ意味があるのです。

犬の肉球にはエクリン汗腺があり、汗と共にフェロモン似の物質が分泌されているのですが、このニオイを地面につけることで「ここはボクのテリトリーだよ」と主張しているわけです。

よく猫が行う排泄の後の砂かけは、排泄物を隠して自分のニオイや存在を消し、獲物を狩る際の邪魔にならないようにするためだと言われていますので、同じような行為でも犬の場合はまったく逆の意味。

むしろ、排泄物を目立たせるためのアピールなのです。ちなみに土掘り、土蹴りは地面でなくても構わないようで、アスファルトや草むらでも同じように後足で蹴り上げる仕草をします。

土掘り、土蹴りは主にオスの行動

テリトリーの主張ですので、土掘り、土蹴りをするのは主にオスの犬だと言われています。オスであれば犬種や体の大きさは関係ありません。おとなしい犬や去勢された犬よりは、無去勢で縄張り意識が強く、好戦的な犬が好んで土掘り、土蹴りをするようです。

しかしながらメスの中にも土掘り、土蹴りをする犬がいると言われています。メスの中にもオスと同じように自分の存在をアピールしたい犬がいるのですね。

 

ニオイだけじゃない?マーキングの印

basset hound yawning
実は他の犬へのアピールは肉球から出たニオイだけでなく、巻き上げた土や地面についた爪の跡などもテリトリーを主張する印になっているという説もあります。通行人に土がかかってしまうほど遠くまで土を飛ばして自己主張する犬もいるようですので、他人の迷惑にならないように注意が必要ですね。

他人の家の前ではやらせない。散歩の際には注意が必要


愛犬を散歩させる際に愛犬の排泄物を袋に入れて持ち帰るのは今や常識ですし、人の家の前では排泄させないなど、気を使っている飼い主さんも多いでしょう。これからは排泄物だけでなく、犬が堀ったり土を掻き出したりした場所はきちんともとに戻して立ち去るように気をつけたいものです。