2016年12月20日更新

あなたは知ってますか?意外と知られていない犬のトリビア4選

あなたは犬のことをどれだけ知っていますか?犬が単なるペットではなく、家族の一員と考えられるようになって生態の研究や調査が進み、最近では長年犬を飼っている人でも知らない犬の事実が明らかになっています。

また、犬には意外に人間臭い習性があったり、私たちが知らない珍しい犬種がいたりして、掘れば掘るほど面白い情報に溢れているのです。今回はそんな犬のトリビアについてピックアップしてみました。

1.犬が前脚を空中に浮かせるのは「カーミングシグナル」

犬_素材
「そもそも『カーミングシグナル』って何?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。カーミングシグナルとは犬が自分や相手を精神的に落ち着かせるためのボディランゲージのようなもの。カーミングは英語の落ち着かせるという意味の『Calm』から来ています。

犬は走っている時や、他の犬と鉢合わせした時などに前脚を片方だけ浮かせる仕草をしますが、これは獲物を見つけたり他の犬と出会ったりした時に自分や相手の興奮を抑えるための行為だと言われています。「落ち着け、落ち着け」というボディランゲージなのですね。

同じように脚を上げるポーズでも飼い主さんの体に脚をかけるポーズは注目を誘うための仕草でカーミングシグナルではありません。

2.犬も仮病を使うことがある

素材_shutterstock_275877062
犬も仮病を使うことがあるのをご存知でしょうか?犬は仮病を使いますが、「散歩に行きたくない」とか「自分の失敗や粗相をごまかそう」と考えて仮病を使うわけではありません。犬は自分が体調を崩した時に飼い主さんが一生懸命面倒を見てくれたことを覚えていて、「飼い主さんに愛情を注いでほしい」という想いから仮病を使うと言われています。

もちろん、犬の具合が悪そうなのに最初から仮病を疑うのは大きな間違い。病院に連れて行ってどこも悪くないと診断されたら、仮病を疑ってみましょう。最近あまり愛犬をかまっていないという人は愛犬と一緒に楽しい時間を過ごしてみましょう。それで体調が回復するようなら仮病だった可能性があるでしょう。

3.犬にも厄年があるのを知ってる?


「今年は健康やトラブルに気をつけた方が良い年」と意識する人も多いのが十数年に一度巡ってくる厄年。単なる迷信だという説もありますが、実際に人間の生きているサイクルを考えて体調が変化する年齢を算出しているため意外に当たることもあるようです。

この厄年が犬にもあると言われているのをご存知でしょうか?犬の場合、7歳、10歳、13歳、16歳が厄年だという説があります。もちろん、科学的な裏付けのある話ではありませんが、犬にとって7歳はシニアへのスタートライン。その後の3年は人間の10年にあたり、新たな年代への通過ポイントと言えなくもありません。いずれにせよ、7歳以上になったら愛犬の健康には特に注意してあげましょう。

4.ロッククライミングや水泳ができるスポーツ万能な犬がいる

ノルウェーの北極海諸島原産の猟犬、ノルウェイジアン・パフィン・ドッグは血統が氷河期から続いていると言われる古い犬種。氷河期の生き残りというだけでも驚きですが実はこの犬、断崖絶壁にある鳥のヒナを(パフィン)を獲るための進化で他の犬にはない不思議な身体をもっています。

ノルウェジアン・パフィン・ドッグには指が6本あります。また前脚を左右90度まで広げることができ、6本の指と軟らかい前脚を駆使して岩場を上手に上ることができます。また、普段はピンと立った耳は水に潜る際に縦に折りたたんで水の浸入を防ぐことができます。さらに首の骨が二重関節になっていて首を後ろに倒して背中につけることもできるのだそうです。


〈動画引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8XZHx–cOws
パフィン猟が機械化されノルウェジアン・パフィン・ドッグは一時絶滅の危機を迎えましたがその後、一人の愛好家の女性が島外で飼育していたノルウェジアン・パフィン・ドッグを島に寄付。飼育しやすい犬だったこともあって現在ではペットとして存続しています。

まだまだある、犬のトリビア


ここにご紹介したのは犬の面白い情報、トリビアのほんの一部です。これだけでも犬にはまだまだ知られていないニュースに溢れていることが分かりますね。こんな話を知っていればドッグランで知り合う犬友さんとの会話も弾みそうです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

後世に名前は残るけれど、かなり気の毒。人間より先に宇宙へ行った犬、猫、猿の話

1961年にガガーリンが人類で初めて宇宙飛行に成功して以来50年以上。これまでに多くの宇宙飛行士が月に行ったり、宇宙ステーションで生活しながら実験や作業を行ってきました。 しかしながら……

犬のニュース

ギネスブックに載った犬達 世界記録をもつ犬を一挙ご紹介!

世界中で記録されるさまざまな世界一を認定しているギネスブック。人間だけでなく動物達が達成した記録も認定されています。もちろん犬の世界一記録もさまざま。誰が考えたのかと思うような面白い記録もあ……

犬の雑学

2016年5月28日(土) 空飛ぶ犬撮影会 inドッグランもろやま

お客様の愛犬が元気に走る姿を高速連写し、空を飛んでいるような写真等、 なかなか撮る事ができない写真を高画質で撮影する撮影会。 撮影は犬の扱いに慣れたプロのカメラマンが行いますので安心です……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】舌が青い犬種って知ってますか?

ワンちゃんの舌といえば。 暑い時にでていたり、お腹が空いた時にペロッとする仕草が可愛いですね。 そんなワンちゃんの舌は、私たち人間と同じピンク色です。 しかし、中には例外もあります……

犬のニュース

迷い猫、迷い犬と出会ったら・届け出る時に知っておいて欲しい事

突然ですが、本日ワタクシ迷い犬を保護してしまいました。写真の通り可愛い狆、メス犬です。 毎日散歩がてら近くの公園で息子と一緒にラジオ体操をしているワタクシ。そこで毎朝出会う犬仲間、猫仲……

犬のニュース

「何をお願いできるの?」ペットシッターに関する様々な疑問にお答え!

はじめてペットシッターをお願いする場合、一体どんなことをお願いできるのか、不安に思う方も多いものでしょう。基本的には、いつも通りの生活ができるように、食事やトイレのお世話になりますが、その他……

犬のニュース

【散歩を楽しく】とっておきのおすすめリード10選

犬が万一、事故などにあわないように大変大切なリード。散歩など、するときには絶対に必要なものの一つとなっています。頻繁に使うものなので、いいものを選んであげたいものです。今回は、そのリードのな……

犬のニュース

犬を飼う前にぜひ読んでほしい『犬を飼うってステキです―か?』

多くの飼い主さんはいま、犬を飼う悦びを感じ、犬を大切にしていると思います。しかし、実際には犬の世話や犬の起こすトラブルに頭を悩ませている飼い主さんもいることでしょう。 犬を飼うのは洋服……

犬のニュース

東京の真ん中で愛犬と「ウエディングフォト」&「ウェルカムドッグステイ」

画像出典:PR TIMES ホテル椿山荘東京は、開業以来ペットフレンドリーホテルとして、たくさんのわんちゃんお迎えしてまいりました。家族の一員としてわんちゃんを大切にされているお客様か……

犬のニュース

まさに「クローン」!ペットそっくりのぬいぐるみを作ってくれるアメリカのCUDDLE CLONES

ペットのDNAを使った本物のクローンを作るのは金銭的にも実質的にも非現実的ですが、そっくりのぬいぐるみが作れるとしたら興味のある飼い主さんは多いのではないでしょうか?そんなサービスを提供して……

犬のニュース

大好評!愛犬とのお花見に持って行きたい手作りわんごはん♪「愛犬のための料理教室」開催レポート!

暖かくなってきたこの頃、もうすぐお花見シーズンですね! さてペット生活では3月20日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし「お花見」をテーマに愛犬……

犬のニュース

8月11日公開の映画『ペット』を一足お先に見てきました(*´ω`*)

ユニバーサル・スタジオの最新作『ペット』!! 全世界で人気と言っても過言ではないあのミニオンズのスタッフが再集結。「僕たちがいないとき、ペットはどうやって過ごしているんだろう?」という……

犬のニュース

愛犬や愛猫の写真をスマホで上手に整理するiPhone・androidおすすめアプリ

ペットを飼っているあなた、スマホのフォトギャラリーが可愛いペットの写真でいっぱいになっていませんか?ついつい撮りためてしまうペットの写真、意外に撮りっぱなしになっている人が多いようです。 ……

犬のニュース

犬猫の病気や事故を事前に防ぐプロジェクト「うちの子HAPPY PROJECT」スタート!

画像出典:PRTIMES 愛犬や愛猫の身におきる不慮の事故や病気は、ペット本人だけでなく、飼い主さんにも大きなダメージがあります。多くの飼い主さんが「もっと気をつけてあげられたのに」という……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】犬も夢を見る??犬の睡眠について!

実は犬も夢をみたり寝ぼけたりするんですよね(笑)! 犬の睡眠時間 24時間のうち、12時間から15時間ほど睡眠を取っているようです。もちろん夜は寝ますが昼間も暇さえあれば寝ている印……

犬のニュース