2017年5月1日更新

【愛媛】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

愛媛県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

にいはま動物病院

特徴

病院の施設にCT(TOSHIBA アクティビヨン16 16列マルチスライスCT)など、高度な医療機器が導入されている病院です。脊髄疾患 (椎間板ヘ ルニア、脊椎骨折など)の診断、複雑な骨折などの診断に重要な検査装置となります。また、ほかに透視レントゲンが可能なレントゲン装置、超音波手術装置(オリンパス ソノサージ)なども導入されています。

整形外科疾患でこれまで手術した例のひとつとして、橈骨・尺骨の骨折があげられており、これは、前足の骨折では最も多く、特にトイプードルなどの小型犬で多発します。手術の内容としてはプレート固定、創外固定法などによる整復例があります。

アクセス・連絡先

住所 〒792-0017 愛媛県新居浜若水町2-1-11
電話 0897-33-2340
ホームページ http://niihama-a-h.sakura.ne.jp/

しげのぶ動物病院

特徴

にいはま動物病院のグループ病院となるところです。ソフト面(獣医師やスタッフの能力)とハード面(検査機器や医療機器)の両面において常に進化し続けたいと考えているといいます。

手術室はあらゆる手術に対応できるようになっており、より安全に手術ができるように、麻酔器、麻酔モニター、人工呼吸器、電気 メス、超音波メスなど最新の機器を揃えています。FCRレントゲン現像装置(デジタル化でモニターによる鮮明な画像を観ることが可能)、レントゲンモニター(FCR専用のモニターとiMACモニターで診断が可能)、レントゲン撮影・透視装置などが導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒791-0213 愛媛県東温市牛渕1054-1
電話 089-964-4137
ホームページ http://niihama-a-h.sakura.ne.jp/

たちばな動物病院

特徴

寄り添える看護を目指す、という動物病院です。整形外科疾患に力を入れており、整形外科疾患症例として橈尺骨骨折、上腕骨骨折(肘関節)、大腿骨骨折、脛骨骨折、関節骨折等の例があげられています。治療方法は、骨折の仕方・場所、動物の大きさ、活動性などにより固定方法は様々ですが、一例としてプレーティング、ピンニング、テンションバンドワイヤーや、歯科用レジン・ピンを使用したり、クランプとロットを使用した創外固定などがあげられています。

ホームページの「診療案内」に、院長、副院長などのスケジュールや休診の告知などが診療スケジュールとして掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒790-0962 愛媛県松山市枝松3丁目5-14
電話 089-933-0229
ホームページ http://tachibana-ah-yml.com/

あいけんペットクリニック(旧 今治愛犬病院)

特徴

できることは何なのかを考え、常に学習し、優れた治療法を積極的に導入することで、これからも地域住民から必要とされ続ける、という病院です。関節疾患、骨折、靭帯・腱損傷などを骨や関節の疾患を治療する診療部門である整形外科があります。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的としているといいます。

治療のプランニングや手術には熟練の技術が必要とされますが、こちらの病院では経験豊富な獣医外科医が様々な専門器具を用いて検査・治療に当たっています。「歩き方がおかしい」 「座り方が変」 「体のどこかを痛がる」 「段差を昇りたがらない」「お散歩ですぐに座り込んでしまう」などの症状がある場合は相談してほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒794-0005 愛媛県今治市 大新田町3丁目 4-18
電話 0898-24-0196
ホームページ http://www.aiken-pet-clinic.jp/

フェアリー動物病院

特徴

わかりやすい説明、細やかな心づかいをモットーにしているという病院です。骨折等、整形外科疾患にどの程度まで対応できるのかは不明です。今回選ばせていただいたのは、口コミでの評価が高いことからです。手術については問い合わせてほしいということです。

1匹1匹丁寧に時間をかけて診療をしており、飼い主からの支持も多く集まっている為待ち時間がある場合もあるようです。また診療対象動物として、犬猫の他に鳥、ウサギ、フェレットなどの小動物も含まれており、そちらの診療も丁寧で的確だとの評判があります。休診などについては、ホームページの「アクセス・スケジュール」に掲載されています。手術は、緊急手術を除いてはすべて予約制となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒790-0932 愛媛県松山市東石井3-8-3
電話  089-969-0123
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/fairy_ah/

どい動物病院

特徴

「わかりやすい説明」「からだにやさしい治療」をモットーに、ペットのかかりつけ医として治療を行っているという動物病院です。整形外科疾患、骨折等にどのあたりまで対応ができるのかは不明ですが、インフォームドコンセントが徹底していると、飼い主からの評判も高い病院ですのでこちらを
選ばせていただきました。

レントゲン室、手術処置室、入院室が並んでおり、広さも病院の半分をしめているので、かなり手術対応が多い病院だともいえるでしょう。診療対象動物は犬と猫となっていますが、それ以外の場合も問い合わせてほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒790-0941 愛媛県松山市和泉南3-3-19
電話  089-905-0021
ホームページ http://www.doi-animal-h.com/

セントラルシティ動物病院

特徴

CTやMRIなど、高度な医療機器が備えられている動物病院です。診療分野の中に整形外科、診療内容に各種外科手術があります。家族の一員であるかけがえのない小さな命を、いつまでも待漏れる病院でありたいといいます。

こちらでは、腫瘍の放射線治療、温熱治療、犬猫の輸血療法などにも取り組んでいます。また学会発表なども活発に行われており、最新の医療知識を常に得ている施設といえます。診療対象動物は、犬 猫 小鳥 ウサギ ハムスター フェレット などとなっています。年末年始も、急患対応があるようです。夜間の時間外診療は平日の実で、21:00までとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒799-0113 愛媛県四国中央市妻鳥町2014-1
電話 0896-22-3815
ホームページ http://www.unoanimal.co.jp/

宇野動物病院

特徴

セントラルシティ動物病院のグループ病院です。診療分野の中に整形外科、診療内容に各種外科手術があります。

こちらでは骨折等の整形外科疾患に対応できる設備として、通常のレントゲン写真の撮影や透視レントゲン検査に加え、歯科用レントゲン装置が導入されています。また、手術室には術中の撮影と透視が可能なCアームX線検査装置を備えています。

アクセス・連絡先

住所 〒799-0112 愛媛県四国中央市金生町山田井大下181-3
電話 0896-58-7321
ホームページ http://www.unoanimal.co.jp/

かむら動物病院

特徴

安全かつ高精度の診断・治療を可能にする最新の設備と、スタッフのきめ細やかな対応といったハード面・ソフト面の充実を図ることで、より満足度の高い医療の提供を目指しているという病院です。骨折など整形外科疾患にどの程度対応ができるのかは不明ですが、腹腔鏡下手術なども実施されている病院でもある為、こちらを選ばせていただきました。

骨折に対応できる設備として、レントゲン(ハムスター、インコなどにも使用できるもの)が導入されています。診療動物として、犬・猫以外にもインコ・フェレットなどのエキゾチックアニマルの診療にも力を入れています。ウサギやハムスターの腫瘍、フェレットの副腎疾患、亀の嘴の過長などの症例も紹介されているなど、エキゾチック動物に関する診療もかなり本格的なものだといえるでしょう。学会などのための臨時休診については、ホームページのトップに告知が掲載されています。里親募集のコーナーがある等、ボランティア精神がある病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒791-3142 愛媛県伊予郡松前町上高柳596
電話 089-984-3881
ホームページ http://kamura-ah.jpn.org/

松山ほうじょう動物クリニック

特徴

CTなど高度な医療機器がある為、他病院からの紹介も受け付けている二次的な施設でもあり、総合診療・CT・外科手術、眼科紹介診療、皮膚科紹介診療などを行っている動物病院です。あるべき動物環境と文化を創りだすというのがビジョンだといいます。

外科手術については整形外科疾患として、各種骨折手術 各種関節外科 前十字靭帯断裂 膝蓋骨脱臼手術などを実施しています。ほかに口腔外科疾患、軟部外科、腫瘍外科、神経外科、眼科が主な外科手術対象の診療科目です。迷い犬の告知なども行っており、ボランティア精神がある病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒799-2430愛媛県松山市北条辻803-6
電話 089-993-3411
ホームページ http://mhvc.jp/

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード