2015年11月1日更新

【和歌山】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

和歌山県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年11月現在 順不同

和歌山インター動物病院

特徴

病気に対し対応できる時間を増やすために、和歌山市初の夜間救急と定休日のない動物病院を目指し立ち上げられたところです。
木曜の午前(9:00-12:00)以外は、土日祝日とも、9:00から12:00、17:00-20:00、そして夜間21:00-00:00まで診療があるので、
夜間診療は夜間救急診察料がかかりますが、夜間や祝日などの急な骨折の場合、大変心強い病院だといえるでしょう。夜間の来院の場合は
必ず電話をかけてください。診療内容は、各種検査(レントゲン検査など)や、各種外科(軟部外科、腫瘍外科、整形外科等) となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒640-8303 和歌山市鳴神734-4
電話 073-499-4925
ホームページ http://www.wakayama-inter-ah.com/

きのくに動物病院

特徴

ペットにも人間と同じ高水準の検査を受けさせてあげたいという思いで、最新医療機器を導入して、少しでも飼い主のニーズに答えられるように頑張っているという動物病院です。CTなどの高度な医療機器が導入されています。整形外科疾患、骨折に対応できる設備としてはCアーム(主に整形外科手術の際に使用し、骨折部の整復時や治療に使用するピンやネジなどが正確に入っているか、透視画像で患部の位置、状態を把握しながら手術を行う)、デジタルX線画像診断装置(CR)、電気ドリルなどが導入されています。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒648-0086 和歌山県橋本市神野々990-1
電話 0736-33-0118
ホームページ http://www.kinokuni-ah.com/

つるかめ動物病院

特徴

診療科目に整形外科疾患があげられています。犬、猫、鳥、カメ、ウサギ、フェレット、ハムスター、リス、モルモット、チンチラ、ハリネズミ、フクロモモンガ、爬虫類、両生類などのエキゾチックアニマルの診療も積極的に行われている病院です。院内に鳥(ズクロシロハラインコ、ジャンボセキセイ、キンカチョウなど)やカメがいるので、特にそのあたりの動物に強いのかもしれません。鳥に関しては、特定伝染病に感染していないか遺伝子検査診断を行っています。予約制ではなく、来院順の診察ですが、怖がりや、待合室で待つのが困難な場合、あらかじめ電話をしていくと対応をしてくれます。ホームページのトップに、休診日の告知が掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒649-6256 和歌山県岩出市金池25-2
電話  0736-67-6262
ホームページ http://www.turukamevet.com/

オクダ動物病院

特徴

今までの症例として、犬の骨折があげられていたのでこちらの病院を選ばせていただきました。大型犬の骨折に関しても治療例があるということです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、リス、鳥などとなっています。クレジット対応はありません。駐車場有。

診療時間
月-水、金、土、日祝 09:00-12:00
月-水、金、土 17:00-20:00

休診日 木曜

アクセス・連絡先

住所 〒648-0066 和歌山県橋本市胡麻生465-1
電話  0736-36-9154
ホームページ —————————————–

サン・スポット動物病院

特徴

親身になり丁寧に診療看護する事というのがモットーの動物病院です。整形外科疾患、骨折に対応できる設備としてはデジタルレントゲン、スーパーライザー(直線偏向近赤外線照射治療に使用するもので、麻酔科・ペインクリニック、整形外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科など幅広く利用)などが導入されています。また、こちらの院長が考案した骨折手術に使う骨鉗子や重度の便秘に使う便摘匙がシンメディコ株式会社から発売されるなどしているようです。骨折手術については経験が豊富で、他院からの紹介例も診療しているといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒646-0011  和歌山県田辺市新庄町1628-5
電話 0739-24-9172
ホームページ http://www.aikis.or.jp/~vet-shin/index.html

和歌山動物医療センター西川動物病院

特徴

最新の知識と技術を学び続け、高度な医療機器を備えるとともに、身近な予防接種や避妊と去勢や老年動物の様々な病気(歯・心臓・ガン・関節)の治療、血液人工透析、再生医療、リンパ球活性化(CAT)療法、レ-ザー治療、オゾン療法などを行っている病院です。骨折に関しては傷病野生鳥獣救護指定医でもあるため、野生動物のハヤブサの骨折(髄内ピン手術)、翼の骨折の燕やハトやフクロウ、甲羅骨折の亀などの野生動物の骨折まで治療を行っています。また、幹細胞療法(再生療法)では、骨折などの治療に使用し、良い経過の臨床例が増えているといいます。オゾン療法も整形外科疾患などの疼痛緩和、ペインコントロールに使用されたりしています。

アクセス・連絡先

住所 〒649-6221 和歌山県岩出市溝川202-3
電話  0736-62-6441
ホームページ http://www.nishikawa-ah.com/

やまうえ動物病院

特徴

インフォームドコンセントを大切に、飼い主と動物によりよい治療をこころがけて診察しているという動物病院です。整形外科疾患、骨折に対応できる設備としてはデジタルレントゲン自動現像機、レントゲン撮影装置、赤外線治療器赤外線治療器スーパーライザーHyper5000(疼痛緩和)などが導入されています。和歌山県からの指定を受け、傷病野生鳥獣の救護活動を行うなど、ボランティア精神がある病院でもあります。骨折にどこまで対応が可能かはわかりませんが、野生傷病動物の中に骨折した例が含まれているため、こちらの病院を選ばせていただきました。

アクセス・連絡先

住所 〒649-6435 紀の川市東三谷162-1
電話 0736-78-2219
ホームページ http://www.yamaue-ah.com/

やぐら動物病院

特徴

和歌山県で初受賞という、猫の国際学会であるISFM(国際猫医療学会)、AAFP(全米猫獣医師協会) からゴールド認定を受けている動物病院です。インフォームドコンセントの実施、自分が飼い主だったらこうしてほしいというのを常に考える、日進月歩新しい治療・処置方法を学ぶために、常に勉強を続けるというのがポリシーだといいます。こちらでは幹細胞療法など再生医療に取り組んでおり、椎間板ヘルニアや骨折癒合不全 (骨折がくっつかないなど)に対して効果をあげているといいます。里親募集をホームページで行うなど、ボランティア精神がある病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒648-0096 和歌山県橋本市御幸辻184-4
電話 0736-33-5231
ホームページ http://www.yagura-ah.com/

柿の木どうぶつ病院

特徴

訪れる動物たちに愛情を持って接し、最善の医療を提供できるようにしているという動物病院です。診療対象動物は犬、猫、小動物などとなっています。骨折などの整形外科疾患にどの程度対応できるのかは不明です。ただ火曜は休診ですが、日祝の診療があるので、骨折など、いつ起きるかわからない疾患には心強い病院だといえるでしょう。本獣医がん学会認定医 獣医腫瘍科認定医II種の資格があるので、特に腫瘍由来の骨折に関して信頼できます。休診の告知などは、ホームページのトップに掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒648-0074 和歌山県橋本市野上山谷田740-36
電話 0736-33-3222
ホームページ http://website2.infomity.net/8400000066/

トリニティ アニマルクリニック

特徴

心のつながりを大切にその子その子にあったテーラーメイド治療を行っているという病院です。こちらの病院では特に外科分野全般(整形外科・神経外科・軟部外科など)に力をいれているといいます。高度で専門的な外傷治療を目指す獣医師が参加するAOVET AO Courseに参加し、外科治療の勉強を行い、今までも様々な外科手術の実績があるといいます。また、水曜日はこちらに通院している中で、継続治療が必要な患者の診察枠ですが、それ以外は日祝も含めて診療が行われているので、急な骨折などに関してはとてもありがたい病院だといえます。

診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、ラット、モルモット、鳥などとなっていますが、時間外診療に関しては、犬と猫のみの診療となります。またエキゾチックアニマルは診療時間を確認(現時点では12:00-16:00)、予約が必要となります。犬猫に関しては予約が可能ですが、必ず必要ではありません。時間外、夜間に関しては命にかかわる緊急の場合できる限り対応をしているとのことです。

アクセス・連絡先

住所 〒649-6206 和歌山県岩出市堀口44-1
電話  0736-60-3939
ホームページ http://trinity.jp.net/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【鹿児島】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっ……

犬の歩き方の変化や異常

【岡山】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっ……

犬の歩き方の変化や異常

【石川】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっ……

犬の歩き方の変化や異常

【宮崎】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっ……

犬の歩き方の変化や異常

【獣医師監修】すべての犬に起こりうる病気…。犬の変形性骨関節症の症状・原因・治療法・予防法について

変形性関節症はこんな病気 関節軟骨が何らかの原因で摩耗し、関節軟骨の損傷・変形を起こすなど、関節を構成する組織の変化が徐々に進行してしまった状態のことを変形性関節症といいます。 すべ……

犬の体の部分的な変化や異常