2015年11月1日更新

【大阪】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

大阪府で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

泉南動物病院

特徴

地域で最も愛され、信頼できる動物病院を目指しているというところです。腎疾患にかんしては、老齢の猫に多い慢性の腎疾患についてのコラムがホームページに掲載されています。尿毒症による「食欲の低下、嘔吐、痩せてくる」などの重篤な症状は、病気がかなり進行しないと現れず、はじめは少しずつ飲水、尿の回数の増加がみられる程度ということなので、普段から注意ぶかっく観察してあげてほしいということです。血液検査、尿検査が有効なので年1,2回の検査を勧めているといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒590-0451 大阪府熊取町 野田3丁目2297−1
電話 072-453-0298
ホームページ http://www.sennan-ah.com/

ノア動物病院

特徴

心地よく過ごすためにあらゆる治療法を一緒に考える、という動物病院です。冬場は猫の尿関連に関するトラブルが増加するということです。尿石症(膀胱結石、腎結石)や膀胱炎(猫下部泌尿器症候群)、尿道閉塞、腎不全(慢性腎疾患)での来院が増えます。症状としては、トイレの回数が多い(何度もトイレを往復する)、水を飲む量が多い、尿の色が薄い、尿が丸一日全然出ていない、などだということです。採尿セットや、採尿のコツなどをまとめたパンフレットを病院に置いているといいます(継続的かどうかは不明なので、確認してみてください)。

アクセス・連絡先

住所 〒560-0085 大阪府豊中市上新田1丁目14-3
電話 06-6835-2022
ホームページ http://www.noah-ah.jp/

パークサイド動物病院

特徴

長年かけて溜まった歯石による歯周病、小型犬に多い心臓病、高齢の猫の腎臓病、脂質代謝異常や内分泌疾患に関連した様々な病気などの早期発見のため、健康診断を受けてほしいということです。慢性腎疾患(残存ネフロン50%)も早期であれば、朝一番でした尿の比重測定により推察可能ですし、腎不全(残存ネフロン25%)になると血液検査で判断できるので、早期発見、治療開始を早くするほど悪化を防ぎ、長期に良い状態を維持しやすくなるといいます。有料の送迎あり。

アクセス・連絡先

住所 〒573-0053 大阪府枚方市伊加賀南町4-11
電話 072-843-2713 
ホームページ http://parkside-yamada.com/

ガーデン動物病院

特徴

腎疾患対策、治療の一つとしてフードの変更を提案しています。何らかの病気を患ってしまった場合も食餌が重要な働きを担うということです。肝臓・心臓・腎臓疾患用については、タンパク質やミネラルの配合を調節した肝臓・心臓・腎臓疾患用のフードが処方されます。慢性腎不全についても記載があり、腎臓の75%以上の機能が失われると、様々な症状があらわれます(75%以上の機能を失うまで、ほぼ健康な状態と変わらないように見えます)。

一度機能を失ってしまうと、正常な腎臓に戻ることはありません(完治する病気ではありません)。残された正常な腎臓を保護し、病気の進行を抑えること、症状をやわらげることが治療の目的となります。血液検査、尿検査などで進行状況をチェックし、状態に合わせた治療を行うことで、快適に過ごせる期間を延ばすことが可能ということです。携帯電話を使った夜間救急対応を24時まで行なっている病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
電話  072-440-0689
ホームページ http://www.garden-ah.com/

キキ動物病院

特徴

家族であるペットのために最善を尽くすという動物病院です。この病院では症例として腎結石の猫の手術などを扱っていますが、腎結石は無症状のことも多いが、潜在的に腎障害を進行させ、腎不全の発現を早めるリスクがあるということで、手術のメリット、デメリットなどをよく考えたうえで治療方針を決定することが大切だということです。犬、猫はもちろん、ウサギやフェレットなどの小動物も積極的に診察をしているというところです。

アクセス・連絡先

住所 〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町117-3
電話 072-276-3555
ホームページ http://kikiah.com/kiki/index.html

アイン動物病院

特徴

腎不全については、腎臓機能が低下し体内の老廃物を対外に排出できなくなる病気で、子供のころから腎不全の症状が出る腎形成不全という病気もあるということです。腎不全には突然発症する急性腎不全と、時間をかけて進行していく慢性腎不全とがあります。原因は、先天的なものもありますが感染やストレス、ショック、急性腎炎の悪化や泌尿器の障害などで排尿が出なくなったり、全身性の疾患などの二次的なものもあります。

急性腎不全はネフロン(下図参照:ヘンレのループ) の機能が急激に低下し、有害な老廃物などを排泄できなくなるといいます。症状は食欲不振、嘔吐、下痢、ひどいときには口の中が乾燥するほどの脱水状態を起こします。早めの動物病院での診療を勧めているといいます。夜間、緊急対応受付については、かかりつけの患者のみの対応となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101
電話 06-6380-5638
ホームページ http://www.ain-ah.com/

クッキー(COOKIE)動物病院

特徴

この病院では、椎間板ヘルニアや関節炎等の各種疼痛緩和、腫瘍の補助療法、皮膚疾患、免疫疾患、老齢疾患、腎不全等でオゾン療法を取り入れています。酸素供給量を増やすことで、細胞の代謝を活性化させて免疫系の調節を行うこと、抗酸化作用を高めることで動物自身の治癒する力を引き出すことを促す治療法です。また、腎不全については、ホモトキシコロジー(ドイツの医師 Hans-Heinrich Reckeweg 博士によって開発された生体調節医学理論)での治療も取り入れられています。

化学療法、外科手術等の現代医療と他の代替補完医療などの数ある治療オプションとして、 また他の治療法とうまく組み合わせることによって種々の疾患・症状に適応されます。 ホモトキシコロジーでは、ほかに椎間板・関節と骨の疾患、呼吸器系、消化器系、泌尿器系の症状、免疫系、皮膚の疾患、捻挫、過労障害、挫傷、外傷、原因や患部を問わず、炎症一般、各種加齢性疾患、腫瘍などの治療としてなど幅広く効果が期待できるということです。

アクセス・連絡先

住所 〒591-8041  大阪府堺市北区東雲東町3-6-20
電話 072-251-1616
ホームページ http://www.cookie-ah.com/

ときわ動物病院

特徴

行動診療、ウサギ専門診療科、エキゾチックアニマルへの診療などが特徴の動物病院です。猫の慢性腎不全についてはブログなどでも触れています。慢性腎不全の早期発見は、年令、尿量変化、体重変化、被毛の状態が飼い主にはヒントになるといいます。病院の努力としては、ネフロン喪失を導いてしまう上記のような病態が隠れていないかを健康診断していくことです。尿や血液の検査もよい検査ですが、脱水徴候を視診・触診することも大きな出がかりになるはずなので、飼い主の日ごろの丁寧な観察も有用なはずなので、ぜひ自宅でも健康管理をしてあげてください、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒596-0823 大阪府岸和田市下松町3-4-1 ステーションプラザしもまつ内
電話 072-493-6710
ホームページ http://www.tokiwa-v.com/

ひらの動物病院

特徴

大切な家族とずっと仲良くできるように医療の立場から応援しているという動物病院です。こちらの病院では、血液透析が導入されています。 腎臓の機能が急性に低下してしまった状態では、血液透析は非常に有効な治療法ということです。腎不全の診断を受け、静脈点滴療法を行っても、状態の回復が思わしくないときに、選択枝の1つとして血液透析は考えてみる価値があると思う、ということです。

尿が腎臓で生成されないような乏尿、無尿期の状態では、いち早い透析が必要となる場合もあります。ただ、透析は腎臓を治すものではなく、腎臓が障害された状態から自分の力で回復してくるまでの致死的な状態を回避するものです。すべての腎不全に適応という訳ではありません。詳しくは担当獣医師に相談してほしいそうです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、鳥となっていまうが、犬猫以外は担当獣医師の出勤を確認してほしい、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒595-0071 大阪府泉大津市助松町3-2-40
電話 0725-23-3443
ホームページ http://www.hirano-ah.jp/

いろは動物病院

特徴

犬、猫の不安を解決する一番身近な動物病院だというところです。猫の腎臓病について、尿検査(蛋白が出ていないかや尿比重などのチェック)、血液検査(腎臓の値・貧血等のチェック)、エコー検査(腎臓が萎縮していないか等のチェック)などを行っています。治療方法としては療法食、ACE阻害剤、吸着炭、輸液などで対応しているといいます。腎臓の病気としては急性腎不全、慢性腎不全、糸球体腎症などをあげています。腎臓は約75%が傷つかなければ大きな症状として表れません。日頃から小さな変化に気付けるよう、様子をよく観察してあげてほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒573-0163 大阪府枚方市長尾元町2丁目13-31
電話 072-850-3588
ホームページ http://takaoka-ah.com/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【京都】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【福岡】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【茨城】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【栃木】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【徳島】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全