2015年11月1日更新

【愛知】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

編集部

 
 

    目次

  • 愛知県で腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。


愛知県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

小笠原動物病院

特徴

丁寧な診察と気軽に相談できる雰囲気作りを大事にしているという動物病院です。この病院の高齢の猫で多い慢性 腎不全についての話によると、猫が高齢になって、最近体重が減ってきた、食欲が落ちてきた、前よりシートにつくおしっこが薄くなり量が多くなった、などがみられる場合は腎不全の徴候かもしれません。ほかに元気・食欲の低下あるいは消失、嘔吐、体重減少、 多飲・多尿・脱水、被毛の劣化、口内 炎・口臭などがサインとなります。腎不全では不可逆性の(もとの状態に戻らない)機能不全がおこるため、早期発見・早期治療が必要となります。

検査は血液検査としてRBC・PCV・Hb:貧血の程度、BUN・Cre・IP:腎臓の障害の程度(高窒素血症)、Ca・ K:電解質(ミネラル)の異常などを調べたり、尿検査で尿の比重、タンパクなどをチェックしたり、ほかエコー検査、レントゲン検査、血圧 検査(高血圧など)を行ったりします。治療は輸液療法、エリスロポエチン療法(皮下注射)、食事療法、薬物療法(吸着炭の服用)、水溶性ビタミン、カルシウム剤やビタミンD 製剤、制吐剤、 食欲増進剤などの投与が必要となる場合もあるということです。

アクセス・連絡先

住所 〒448-0803 愛知県刈谷市野田町北菰神23-35
電話 0566-27-2211
ホームページ http://www.ogasawara-ah.com/

滝ノ水動物病院

特徴

来院した「特別な家族の一員」を丁寧に診療することを第一と考えているという動物病院です。腎不全についてはホモトキシコロジー理論による治療(ホメオパシーとのリンク)が導入されています。現代医療(アロパシー)の薬剤と抗ホモトキシン薬剤(Heel社)の併用によりより化学薬剤の副作用の緩和や慢性腎不全などの慢性疾患に対しよりやさしい治療が可能となったということです。

またオゾン療法も行われており、糖尿病、慢性腎疾患、慢性肝疾患、慢性心疾患などの血液循環改善、症状の軽減が期待されています。臨時休診の告知は、ホームページに記載されています。

 

ペット生活

編集部

 

人気の記事