2015年11月1日更新

【茨城】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

茨城県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

たのうえ動物病院

特徴

言葉では表現できない世界で生きる動物たちが今耐えている心と身体の痛みを理解し、本当の意味での動物たちの為の医療とは何かを考えているという動物病院です。この病院の来院する患者の例として、腎不全もあげられています(ほかに、皮膚病 外耳炎 膀胱炎 尿石症 子宮蓄膿症 心疾患 歯石 腫瘍/乳腺腫瘍・リンパ腫・肥満細胞腫など 骨折 椎間板ヘルニア 膝蓋骨脱臼 前十字靭帯断裂 股関節形成不全など)。診療時間外でも急患はできる限り対応をしているということです。診療時間外は留守電になるので、名前、電話番号などを残してください。対応可能な場合は折り返し連絡が入ります。診療対象動物は犬・猫・うさぎ・ハムスター・小鳥など様々なペット、ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒300-0871 茨城県土浦市荒川沖東2-15-18
電話  029-843-4047
ホームページ http://www.tanoue-vet.com/

ゆあさ動物病院

特徴

いざ動物が病気になった時、戸惑っているときなどに力になれる病院でありたいと思っているところです。専門用語を使わずにできるだけわかりやすく、そして丁寧に説明しているといいます。猫の7歳以降は、腎臓(腎不全)・腫瘍・歯周病などの発症率が高まります。年二回の健康診断を勧めているといいます。腎不全の疑いがある場合、血液検査、尿検査などで対応をしています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒306-0126 茨城県古河市諸川1021-1
電話 0280-77-1688
ホームページ http://www.yuasa-ah.com/

なかじま動物病院

特徴

動物の大切な命が続く限り『楽しく健康に』という願いが叶うよう我々が協力する、という動物病院です。猫を、家族の一員として元気に長生きさせるため、飼い主の愛情ある育て方、接し方が重要だということです。尿検査、健康診断は随時行われています。病気でなくても、時には尿、便、血液など検査し病気の早期発見に務めてほしいとしています。休診などの告知は、ホームページ「予定表」に掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒300-2712 茨城県常総市新石下4499-1
電話  0297-30-4556
ホームページ http://www.nakajima-ah.com/

かなや動物病院

特徴

腎不全などの対応も多いという動物病院で、飼い主からの支持も多く集まっている病院のためこちらを選ばせていただきました。血液や尿検査をし、腎不全という診断が出た場合、治療方法について丁寧な説明があります。飼い主の了承があった場合、可能な限り治療をしているということです。点滴、食事療法、投薬治療などを実施しています。火曜日は休診ですが、日祝にも19:00まで平日と変わらず診療があるのもありがたいところです。診療対象動物は犬、猫となっています。駐車場有。

診療時間
午前:火曜日を除くすべての曜日 09:00-12:00 16:00〜19:00

休診日 火曜日

アクセス・連絡先

住所 〒300-1521 茨城県取手市押切321-2
電話  0297-83-6221
ホームページ ———————————

うめぞの動物病院

特徴

動物が出す体調不良のちょっとしたサインを見逃さないよう丁寧な診察を行い、大切な家族である動物のホームドクターとして信頼してもらえるよう精進しているという動物病院です。診療科目は全科診療で、腎・泌尿器疾患にも対応しているということです。早期発見のための健康診断については予約制となっていますので問い合わせてみてください。診療対象動物は犬猫が中心となっています。夜間救急対応については、救急の場合のみできる限り対応しているということです。木曜日は休診ですが、日祝も午前中診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒305-0045 茨城県つくば市梅園2-1-6
電話 029-875-3525
ホームページ http://www.umezono-ah.com/

おかにわ動物病院

特徴

高齢期になったばあい、犬は心臓や肝臓・腎臓などの内臓疾患、関節炎や腫瘍性疾患の発生が増加しています。定期的に健康診断を行い、病気の早期発見に努めてほしいということです。特に猫については、加齢に伴い、腎臓の病気(慢性腎不全)が非常に多く発生します。しかし、猫の慢性腎不全は早期に適切な食事療法や内科療法を実施することで寿命を延長できます。最近水を飲むことが多い、尿量が多い、少し痩せてきたなどのサインを見落とさないように気をつけてほしいということです。診療対象動物は犬・猫・小鳥・うさぎ・ハムスター他となっています。特にウサギについては、血液検査を始めとする各種検査・手術などに対応しているといいます。犬猫以外は診療担当の獣医師がわかれているため、来院前に連絡をしてください。

アクセス・連絡先

住所 〒310-0912 茨城県水戸市見川5-126-22
電話 029-251-6123
ホームページ http://www.okaniwa.co.jp/

カレンアニマルクリニック

特徴

大切な家族と出来るだけ長く一緒に過ごせるよう、お手伝いできればと思っているという動物病院です。診療内容に外科・内科・産科・皮膚科などの一般診療などの一般診療があり、腎不全の猫について、適切な処置をしてもらえると飼い主からの支持も多く集まっている病院です。そのためこの病院を選ばせていただきました。

診療対象動物として犬猫のほか、フェレット、ウサギなどの小動物や、悩みの多い歯科の専門的な治療も行っているということです。月曜午後、木曜は休診ですが、日祝とも平日と同じく20:00まで診療が行われているため、急性腎不全などの対応も安心だといえるでしょう。

アクセス・連絡先

住所 〒311-4153 茨城県水戸市河和田町3420−3
電話 029-252-4224
ホームページ http://www.karen-ac.com/

ひまわり動物病院

特徴

ペットと飼い主様にやさしい動物病院を目指しているというところです。腎不全の犬猫を診療しているという症例があげられています。診療科目に内科診療があり、視診、触診、聴診などの他に血液検査、尿検査。便検査、レントゲン検査、エコー検査、病理検査などで病気を診断し、治療します。各種予防、病気の早期発見、早期治療に力をいれているといいます。腎不全は、早期発見、早期治療が重要なのでできるだけ健康診断などを受けるようにしてください。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・ハムスター・小鳥、等となっています。ブログもあり、そちらでは里親募集などを行うなど、ボランティア精神がある動物病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方1749-41
電話 029-270-5900
ホームページ http://www.ah-himawari.com/

堀江動物病院

特徴

親切、丁寧な対応、細かい所までの気遣い、インフォームドコンセント(相互理解のある説明)を心がけている動物病院です。診療科目に内科(腎・泌尿器疾患対応)をあげています。腎不全の疑いがある場合、血液検査が必要なことも多いため、その場合時間にできるだけ余裕をもって来院してほしいということです。

緊急の場合、スムーズな対応のためまず電話連絡をしてほしいということです。時間外対応については、留守番電話になっています。できるだけ対応をしているということで、留守電に連絡先、メッセージを入れると、対応可能な場合は折り返し連絡がかかります。往診については相談可能となっています(諸条件あり)。

アクセス・連絡先

住所 〒306-0026 茨城県古河市原15-1
電話  0280-48-7111
ホームページ http://horie-ah.com/

コジマつくば動物病院

特徴

泌尿器疾患、腎疾患の病気を多く診療しているということです。「老廃物の排泄」と「水分調節」等の腎臓の機能が低下していくと腎臓病になります。腎臓病は猫に多い病気で加齢と共に増える傾向があります。症状としては、多飲、多尿、元気消失、食欲低下、毛づやの悪化、貧血など様々です。腎機能の低下が初期の段階では症状がほとんどありません。明らかな症状が現われたときには、かなり進行していると考えられます(血液検査で大きな異常がみられた場合、腎機能が通常の4分の1ほどに低下してしまっています)。1度低下してしまった腎機能は元には戻りません。しかし、治療で進行を遅らせることが可能です。つまり、早期発見することがとても重要になってくるのです。早期発見、早期治療のためのアニマルドック(健康診断)は予約制となるので、希望する場合問い合わせてください。院長や獣医師の不在などの情報はホームページに告知が掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒305-0817  茨城県つくば市研究学園5-19 イーアスつくば内
電話 029-868-7522
ホームページ http://hospital.pets-kojima.com/clinic/tsukuba/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【岐阜】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【香川】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【山梨】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【島根】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【兵庫】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全