2015年11月1日更新

【埼玉】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

埼玉県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

アリスどうぶつクリニック どうぶつ統合医療センター

特徴

日本動物福祉協会(JAHA)の認定病院です。外科、整形外科、眼科、バードクリニックが特徴となっています。また、がん治療にも力を入れています。総合医療科内科では最新の西洋医学の治療を行ない、全般的な内科診療が可能です。主な内科診療科目の中に、腎・泌尿器・生殖器疾患があげられています。内科診療は得意分野で、腎不全や肝臓病、各種難病や末期の病気にも対応しているといいます。

がん、心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病をはじめとする多くの生活習慣病の初期の症状は気がつきません。 動物は病気の症状を隠しますので、気がついたときにはかなり病状が進んでいることが多くみられます。病気にならないように病院に行こう、というのをモットーにし、動物ドックを勧めているといいます。また、こちらの病院ではオゾン療法、ホモトキシコロジーも導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒358-0011 埼玉県入間市大字下藤沢442-10
電話 04-2963-7457
ホームページ http://www.alice-int.com/

白石動物病院

特徴

どんな小さな事でも相談していただける病院を目指しているという病院です。がん、腫瘍に効果のあるサプリメント、レンチンコップ(バイオプラン Bio Vran/MGN-3)を導入しています。米ぬか由来のバイオブランということです。使用例として、慢性腎不全の犬をあげています。血中尿素窒素の値の低下、歩くのもつらくなった状態の改善などがあったということです。

アクセス・連絡先

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台4-33-2
電話 04-2958-9699

中央分院(完全予約制)
住所 〒350-1308 埼玉県狭山市中央4-24-4
電話 04-2958-9699(電話は本院へつながります)
ホームページ http://www.shiraishi9699.co.jp/info/index.html

ペコ動物病院

特徴

飼い主との対話を重視し、納得のいく治療を提供しているという動物病院です。腎不全の猫の症例があげられています。腎臓疾患の場合、症状が表に現れるときはかなり進行していることも多いため、健康診断、検査を勧めています。心配な点がある場合は遠慮なく伝えてほしいということです。人と同じように早期発見できれば、長生きできることが多くあるといいます。

日祝(午前。日曜午後は予約診療のみ)も診療があります。外来診療は予約制を取ってないので、来院順の診察となっています。予約が必要だと思う場合は電話で相談してください。診療対象動物は犬、猫、ウサギなどの小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒335-0016 埼玉県戸田市下前1-14-26
電話 048-456-6696
ホームページ http://www.peco-ah.jp/

サム動物病院

特徴

常に飼い主側の立場に立ち、なるべく分かりやすく説明して一番適していると思われる治療を選択、飼い主の方が納得できる治療を常に心掛けているという動物病院です。内科、軟部外科の治療に力を入れています。獣医学セミナーの参加実績として、2015年度にも「猫の慢性腎不全 RAAS抑制の役割」なに参加しています。血液検査は5種類(血球/生化学/炎症/血ガス/凝固能)が可能です。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、セキセイインコ、文鳥、フェレットなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒352-0001 埼玉県新座市東北2-37-10
電話 048-476-3700
ホームページ http://www.samvet.jp/

おがわ動物病院

特徴

心のこもった動物医療を行う、という病院です。高齢の犬や、特に猫に多く見られる病気として腎臓病があげられています。腎臓の機能が低下して、正常に働かなくなった状態を腎不全と言い、時間的な経過の違いにより「急性腎不全」と「慢性腎不全」に分かれます。老齢期で多く見られるのは慢性腎不全です。腎臓の機能が低下してもこの予備能力が働いてくれるため、初期の段階では異常を検出しにくく腎臓の機能が7割以上失われてやっと症状が出てきます。病気に気が付いたときは病状が進行していたということも珍しくないので、腎臓病を早期発見し、病気の進行を少しでも遅らせてあげることが最も重要ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒343-0112  埼玉県北葛飾郡松伏町松葉1-6-2
電話 048-992-2299
ホームページ http://ogawaah.net/

ナカムラ動物病院

特徴

慢性腎不全に対して実施している治療法、診察法について、この病院では現在、実用的でもっとも優れた方法と考えられているのが、尿中の微量アルブミンを検出する方法だといいます。これにより初期の腎臓の異常をとらえることができるようになりました。定期検診をして腎臓機能をチェックしても、血液検査で異常値が検出されたときには、もうすでにかなり腎機能が失われているということですので、定期検診で血液検査の結果「腎臓には異常はありませんでしたよ」といわれても安心はしないでほしいといいます。アルブミンの検査の結果、妖精の場合はやめに治療を開始することを勧めています。療法食と投薬によって生き残っている腎の機能を保護し、腎不全の進行を遅らせることが可能です。

アクセス・連絡先

住所 〒340-0006 埼玉県草加市八幡町50-1
電話 048-931-5875
ホームページ http://www.nakamura-vet.co.jp/

彩の森動物病院

特徴

高齢の猫に最も多い病気のひとつとして、慢性腎不全をあげています。腎不全になると、血液中の老廃物を「濾過」する働きや、体に必要な水分を「再吸収」する働きが低下してしまいます。このため、水分を捨てすぎて脱水になったり、血液中に毒性のある不要物がたまったり障害を起こしたりします。症状としては元気消失、食欲低下、体重減少、他院多尿、脱水状態、さらに悪化すると毛づやが悪くなり、筋肉も落ち、行動が緩慢になる、よく寝る、吐き気、食欲不振、口腔内の潰瘍、口臭、下痢や便秘、貧血、網膜剥離など、直接腎臓とは関係ないような症状もみられることがあります。さらに進行をすると尿毒症に陥ってしまいます。診断としては身体検査、尿検査、画像検査(レントゲン・超音波検査)などを組み合わせて診断を進めていきます。一般的に、血液検査では腎臓機能が75%以上障害されてからでないと異常値を示しません。

尿検査においては、比重や蛋白などが重要視されます。尿検査で発見される異常の方が血液検査よりも早くに腎臓の異常を検出する可能性があります。ほかに超音波診断、組織検査、眼底検査、血圧測定をすることもあります。治療としては両方食、輸液、吸着剤(尿毒症物質、リンを吸着する)の投与、ACE阻害薬(血圧を下げ、尿蛋白の漏出を低下させる)の投与、Caチャネルブロッカー(血圧を下げる)の投与,消火器作用薬(H2ブロッカー、胃粘膜保護剤、制吐剤など)の投与、造血ホルモン製剤の投与、自己免疫性の疾患が疑われる場合は免疫抑制剤などが使用されます。

アクセス・連絡先

住所 〒350-1305 埼玉県 狭山市 入間川 3-19-5
電話 04-2937-7797
ホームページ http://sainomori.info/

ふじわら動物病院

特徴

この病院では一般的な獣医療は西洋医療をベースにしていますが、西洋医療だけでは治療が難しかったり、どうぶつへの負担が大きかったリすることもあります。そのため、他の治療方法の選択肢として当院では統合医療を導入しています。ホモトキシコロジー、オゾン療法など、腎不全の場合に使用される療法のほか、超高濃度ビタミンC点滴療法(がん療法、腎不全の際にも使用されるケースあり)、プラセンタ療法(慢性腎不全時に使用されるケースもあり)なども導入されています。特にホモトキシコロジーは、慢性腎不全やアレルギーに悩む動物の治療として高い効果を発揮しています。また、心臓疾患の動物の治療の補助的な利用も行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒352-0003 埼玉県新座市北野1-2-16
電話 048-486-8122
ホームページ http://www.fujiwara-ah.net/

ナルどうぶつ病院

特徴

大切な家族の一員であるペットの体調・健康維持など、気軽に相談してほしいという動物病院です。腎不全にかかわる院内設備としては、動物用輸液ポンプ(腎不全など、点滴入院が必要な場合や、手術中の点滴に使用します。数機常備)、カラードプラー超音波/エコー(検査機器、膵臓・腎臓・心臓疾患の状態を見る)、血液生化学自動分析装置/ドライケム(内臓の機能異常の診断、治療効果を見る)などが備えられています。休診などの告知は、ホームページトップ「病院からのお知らせ」(ブログにリンクされています)に掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒361-0023  埼玉県行田市長野1-35-10
電話 048-553-7722
ホームページ http://naru-animal.com/

あさか台動物病院

特徴

診療科目に泌尿器科があります。腎機能が低下すると、毛づやの悪化、多飲多尿、脱水や嘔吐などの症状がみられます。その他にも、膀胱への細菌感染や結石の存在により、頻尿、血尿や排尿困難など多様な症状を示すので、診療としては問診、身体検査、血液検査、尿検査、X線検査、超音波検査、血圧測定などを実施します。腎不全は腎臓全体の3/4の機能が停止した場合に起こります。

腎臓病の発生率は年齢とともに増加し、特に猫では10歳齢以上になるとその発生率が急増します(10 歳齢で5%)。通常、障害を受けた糸球体は不可逆性に障害を受けるため、早期発見し、いかに病気の進行を遅くするかが大切になります。血液検査、尿検査および血圧測定によって、病期を分類していくといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒351-0022  埼玉県朝霞市東弁財3丁目16-13
電話 048-460-5522
ホームページ http://asakadai-ah.jp/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【山形】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【栃木】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【神奈川】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【福島】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【広島】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全