2015年11月1日更新

【神奈川】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

神奈川県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

たけうち動物病院

特徴

目指すは日本一のペットのホームドクターだという動物病院です。最新、最適治療は当たり前だというポリシーです。得意分野として腎泌尿器疾患(慢性腎不全の治療管理、過去に腹膜透析を研究)をあげています。また専門分野として院長が専門としているというのが内分泌疾患(内分泌外来がありますおよび二次診療であり、糖尿病、甲状腺機能亢進症(猫)、椎間板ヘルニアの手術、副審皮質機能亢進症、アトピー性皮膚炎の減感作療法、装具による椎間板疾患、関節疾患の治療、副腎皮質機能低下症、慢性胃腸炎(IBD)、甲状腺機能低下症(犬)、膵炎などとなっています。

わんにゃんドックも行われています。こちらの診療対象動物は犬と猫のみとなっています。猫専門の診察時間「Cat time」が設けられており、ホームページに開催日の告知が掲載されています。日曜日は予約診療のみで、急患の場合は当直の獣医師が対応するシステムとなっています。また、院長の診察は予約が必要です。

アクセス・連絡先

住所 〒259-1133 神奈川県伊勢原市東大竹1547-1
電話 0463-95-0221
ホームページ http://www.takeuchi-vet.com/

プリモ動物病院 相模原中央

特徴

一人でも多くの飼い主に動物医療のプロとして、毎回心からのありがとうをもらえるような質の高い獣医療と快適なサービスを提供しているという病院です。この病院の専門診療としては皮膚科があり、日本獣医皮膚科学会認定医が在籍しています。専門獣医師による特別診療が行われています(病気の中でも特に多い皮膚疾患に力を入れている病院です)。腎不全関連の治療では脊椎損傷や慢性腎不全の治療オプションとして「再生医療(幹細胞移植)」を導入しています。また、年中無休で休診日がなく、夜間診療(16:00-23:00)が行われている病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒252-0203 神奈川県相模原市中央区東淵野辺4-11-45 
電話 042-750-7880
ホームページ http://central.jprpet.com/

ナチュラ動物病院

特徴

こちらの病院の特徴としては総合医療を導入して、動物に優しい医療を目指していることです。総合医療とは、臓器(局所)を集中的に診る西洋医学だけではカバーできない身体・精神・心を統合的に診る医療です。悪性腫瘍(がん)、アトピー性皮膚炎、慢性腎不全、老齢性疾患、神経疾患、生活習慣病などの慢性疾患など、治療の困難な病気に対して、西洋医学をベースに治療を行いますが、西洋医療だけでは治療が難しかったり、動物への負担が大きかったリすることもあります。そういうときに有効な治療となっています。

こちらが取り入れている総合医療は、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法(がんとの闘病中に抗がん剤治療と併用して行ったり、手術でがんを摘出した後に転移や再発の防止として実施。重度の心不全や腎不全の動物には使用不可)、プラセンタ治療(肝機能の改善や創傷治癒促進の補助、アンチエイジング)、ホモトキシコロジー療法(慢性腎不全)などです。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・モルモット・フェレット・ハムスター・小鳥(セキセイインコ・文鳥)となっています。22:00まで診療がある病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒252-0024 神奈川県座間市入谷2-797-1
電話 046-200-7222
ホームページ http://natura-ah.com/

さいわい動物病院

特徴

動物たちと家族にとって優しい診療を、という動物病院です。高齢の猫に最も多い病気の一つとして慢性腎不全をあげています。腎臓が悪くなると身体の中に毒素が溜まった「尿毒症」という状態に陥り、最終的には死を迎えてしまうため、食欲がない、水や尿の量が増えた、体重が落ちてきた、便が固くて出づらいなどの症状が出たら、早めに相談してください、ということです。腎臓は一度壊れてしまうと再生することができません。ですから出来るだけ早期に診断して、腎臓に負担への負担を減らし、腎臓の悪化を遅らせることが大切だということです。

治療としては食餌療法、輸液療法(腎臓への負担を軽減)、薬物療法(①活性炭②リンの吸着剤③ACE阻害剤④造血剤ホルモン注射が一般的)で、ほかに嘔吐、脱水といった症状に対する対処療法と症状が重度の場合には、入院による点滴治療も必要となります。

アクセス・連絡先

住所 〒212-0012 神奈川県川崎市幸区中幸町1-18アルケディア御幸1F
電話 044-556-0550
ホームページ http://www.saiwai-doubutu.com/page1

福沢動物病院

特徴

大切な小さな家族の健康と幸せを願い、常にやさしさと最新最良の医療技術で答えるという動物病院です。こちらの病院ではオゾン療法を導入しており、癌、腎不全、アトピーその他の難治性疾患に効果が期待できるといいます。老齢動物の健康維持にも利用できます。診療対象動物は犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター等げっ歯類、小鳥などとなっています。こちらの特殊診療としては、内視鏡検査、がん治療、糸を残さない避妊去勢手術、再診眼底カメラ、遺伝子検査を使用した眼科検査などとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒254-0075 神奈川県平塚市中原2ー25ー20
電話 0463-31-2999
ホームページ http://www.fukuzawa-vet.jp/

東保動物病院

特徴

人もペットもともに幸せになれる、心豊かで穏やかな毎日を願っているという動物病院です。こちらの病院では東洋医学と現代医学を融合させたペットの体に優しい最善の医療を取り入れており、あきらめていた様々な症状も漢方や鍼を使った治療で改善する場合があるとしています。また、腎不全の猫や腰痛・頸部痛の犬には お灸も有効ということです。(ただ、鍼治療はハンモック状の補定台で20分ほど静止して行いますので協力的な子にしか行えません。)診療対象動物は犬、猫、うさぎ、鳥、ハムスター等小動物となっています。

アクセス・連絡先

東保動物病院 本院
住所 〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-25
電話 0463-35-6872

東保動物病院 田村病院
住所 〒254-0013 神奈川県平塚市田村6-2-5
電話 0463-54-2800

とうほホリスティック動物病院
住所 〒254-0052 神奈川県平塚市平塚4-24-6
電話 0463-75-9586

ホームページ http://www.toho-ah.com/

動物病院ヘルスペット

特徴

通常の診療時間外でも獣医師が常駐し、急患対応をしているというのが特徴の動物病院です。変わった様子に気づかれたらすぐに来院してほしいといいます。それが病気の早期発見につながる一番確実な方法です。腎不全については猫に多い病気としてあげられており、腎不全、腎臓疾患(症状:多飲・多尿)にも気を付けてほしいそうです。人間が1年に1回健康診断を受けるのであれば、犬猫は3ヵ月に1回の健康診断が必要なことになりますが、それが難しいならば、1年に1回、予防接種を機会に「ドッグドック」(キャットドック)を受けてほしい、となっています。年中無休、急患対応可能となっています。

アクセス・連絡先

本院
住所 〒238-0006 横須賀市日乃出町1-8 第二角田ビル2F
電話 046-825-1961

馬場海岸分院
住所 〒239-0801 神奈川県横須賀市馬場海岸2-27-6 西友馬場店内
電話 046-844-1961

逸見分院
住所 〒238-0046 神奈川県横須賀市西逸見1-1
電話 046-825-3674

ホームページ http://www.healthpet.net/

リアン動物病院

特徴

口の開けないペットと飼い主との“絆”の架け橋となるような病院を目指しているというところです。一般診療、避妊手術、去勢手術、歯科疾患・ワクチン等の予防医療をはじめ、二次診療施設における診察経験をいかし、腫瘍疾患や心臓病、腎臓病、尿路疾患、 骨・関節および脱臼の病気、肝臓病、ヘルニアやてんかんなどの神経病、貧血など血液病、口内炎や歯科疾患、難治性の胃腸疾患、皮膚病など、様々な疾患にも対応しているそうです。腎不全については、学会で「形質細胞腫瘍に併発した重度の過粘調症候群、腎不全および高カルシウム血症に対して血漿交換を実施した犬の1例」などを発表しています。

アクセス・連絡先

住所 〒224-0021 神奈川県横浜市都筑区北山田2−1−3 GO第2ビル102
電話 045-534-8058
ホームページ http://www.lien-ah.com/

かみくらた動物病院

特徴

診療、診察、病気や治療に関する質問に可能な限り答えているという動物病院です。腎臓については、腎臓病早期発見のため尿検査を勧めています。腎臓は一度機能が壊れてしまうと元に戻ることができません。人の医療では人工透析、腎移植などが行われますが、犬猫では困難なので、早期発見、早期治療がとても重要となるということです。

血液検査で腎機能を調べえることが可能ですが、血液検査場で異常血が出る段階ではすでに腎機能の75%が不全に陥っています。なので、早期発見のためには尿検査を勧めるといいます。尿中のたんぱくを測定し、数値で表すことにより腎疾患の早期発見が可能となります。7歳以上の犬猫は健康診断として年1度検査しておくと安心です(こちらでは1回2500-3000円など)。密閉容器に入れて早めの来院をお勧めします。(※補足:私が聞いた話だと30分以内の尿でないと数値に狂いが出る場合があるという話でしたので、尿を採取した場合、すぐに持っていく必要があると思います。)

アクセス・連絡先

住所 〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田2011-1 ウェストハレー壱番館1階
電話 045-390-0030
ホームページ http://www.kamikurata.com/

さくら台動物病院

特徴

難病治療の経験豊富な動物病院です。セカンドオピニオン外来も受け付けており、高度医療センター及び大学等からもセカンドあるいはサードオピニオンで来院される方も多数いるということです。腫瘍(白血病、リンパ腫、肥満細胞腫、メラノーマ、乳腺腫瘍、その他固形癌への化学療法および分子標的薬によるがん治療)、中枢神経疾患(椎間板ヘルニア、てんかん、水頭症、認知障害(痴呆))腎不全(透析治療)、眼科疾患(白内障、緑内障、進行性網膜萎縮(PRA))、心臓疾患、免疫介在性疾患(アレ ルギー、免疫介在性腸炎(IBD)、免疫介在性貧血(IMHA)、免疫介在性血小板減少(ITP)等)、肝疾患(門脈シャント、免疫介在性肝炎)、遺伝性 外科疾患(股関節形成不全、膝蓋骨内方脱臼)等難病治療の相談を受け付けているといいます。中にある通り、こちらでは腎不全の治療として透析を行っています。

診療対象動物は、犬、猫、鳥、ハムスター、ウサギ、モルモット、フェレットなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-35-14
電話 045-989-4112
ホームページ http://home.u03.itscom.net/s-vet/index.html

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【福井】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【北海道】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【沖縄】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【島根】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【三重】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全