2015年11月1日更新

【静岡】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

静岡県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

ユウ動物病院

特徴

小さな家族の健康とご家族の幸せを守るため、安心と信頼の動物医療を目指すという病院です。こちらの病院の腎不全での説明によると、慢性腎不全の場合、はっきりとした兆候が現れずにゆっくりと悪化していきます。そのため、定期健診による早期発見が重要だといいます。元気がない、よく眠るようになった、水を大量に飲む、オシッコが増える、食欲がない、食べたものを吐いてしまう、急にオシッコが出なくなるなどの症状が見られる時も来院をお勧めします。

犬、猫の腎不全としては腎前性(脱水、 貧血、フィラリア症、心不全などが原因で血流が少なくなることで腎不全に)、腎性(感染症や寄生虫、ケガや先天的な異常により腎臓が直接ダ メージを受ける)、腎後性(尿石症、膀胱の腫瘍、ヘルニアやケガなど、尿路に問題が生じて正しく排尿できなくなり腎不全に)と、3つに分類さ れるということです。一度失われた腎臓の機能は、元に戻すことができないので、臓に負担をかけないように療法食や投薬、輸液で進行を遅らせ、 辛い症状をやわらげてあげることがとても大切です。

アクセス・連絡先

住所 〒412-0045 静岡県御殿場市川島田174-12
電話 0550-70-1013
ホームページ http://www.you-amc.jp/

とりい動物クリニック

特徴

この病院での症例の一つとして、膀胱腫瘍と腎不全を併発した犬の例をあげています。体を震わせることがある、びっこをひくなどの症状があり、尿検査、膀胱造影検査、血液検査、腹部病音波検査、腫瘍の疑いがある場合腫瘍の細胞診などを勧めました。結果、膀胱がん、腎不全と診断し、腎不全は手術に対し麻酔リスクが生じるということから、癌の内科療法を選択しています。腎不全は悪化したときには皮下補液や点滴で改善させてから、薬剤投与を行っているということです。診療対象動物は犬、猫、ウサギが中心ということです(その他の小動物については問い合わせてみてください)。

アクセス・連絡先

住所 〒421-3303 静岡県富士市南松野59
電話 0545-56-3030
ホームページ http://www.torii-ac.com/

山田どうぶつ病院

特徴

こちらの病院では日本愛玩動物協会で「高齢の犬、猫との暮らし」という講演を行っており、その中に腎不全があげられています。腎不全は腎臓の働きが低下した状態で、進行性に悪化していきます。慢性糸球体腎炎、慢性腎盂腎炎、間質性腎炎、多発性嚢胞腎、先天性腎形成不全ほかとなっており、ネフロンの障害が年月とともに広がり慢性化するとしています。

小鳥、ハムスター、ウサギ、フェレット、モルモットなどの治療にも積極的に応じているということです。近隣の方で動物を連れてのご来院が困難な場合には、往診および送迎が行われています。相談してみてください。夜間対応、時間外については07:30-08:30(早朝)来院希望の場合相談してみてください。夜間は22:00まで、緊急時のみ、まず電話で問い合わせてみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒420-0816 静岡県葵区沓谷3-7-3
電話 054-246-5311 
ホームページ http://www.yamada-ah.com/

いるか動物病院

特徴

皆様に安心して相談していただける動物病院を心掛け、動物たちに優しい治療、ケアサポートを目指しているというところです。院内のセミナーとして、慢性腎臓病に対する食事管理などを看護師も受講したりしています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターとなっています。日祝も午前のみ診察があります。時間外診療に関しては、急患に限り対応できる限りはしているということです(留守電の場合は電話、名前、症状などを残してください)が、対応できない場合静岡市夜間救急動物病院(054-269-4199)を場合によっては紹介しているということです。初診のみ診察予約を受け付けています。ウサギは繊細なので、来院前に電話で相談し、予約診療をすることを勧めています。

アクセス・連絡先

住所 〒421-0115 静岡市駿河区みずほ3-1-1
電話 054-268-4333
ホームページ http://www.iruka-ah.com/

いしかわ動物病院

特徴

あなたの大切な家族のホームドクターという病院です。猫の場合、水をよく飲む、おしっこの量が増えた、便秘、下痢、嘔吐、元気がない等の症状があるばあい、慢性腎不全の疑いがあります。10歳前後の猫に多く見られるということです。初期は水をよく飲むようになり、尿の量が増えます。次第に腎臓の機能が低下してくると、尿毒症と言われる症状が起こります。多尿にもかかわらず、老廃物や余分な電解質やリンなどのミネラル類を排泄することができなくなり、体内に溜まってしまいます。また、水をたくさん飲んでも多尿によって失った水分を補うことができず、脱水を引き起こしてしまいます。これによって食欲や元気が低下し、毛艶も悪くなってきます。また、嘔吐や下痢、便秘も見られるようになり、体重も減少してきます。

慢性腎不全の末期になると、老廃物の蓄積やミネラル・電解質の異常、貧血などが重度となり、痙攣や昏睡状態に陥ることがあります。慢性腎不全は一度発症すれば治ることはありません。定期検診(尿検査と血液検査)を受けることを勧めているということです。場合により、時間外急患の受け入れも行うということです。犬猫以外の診察については問い合わせてください。

アクセス・連絡先

住所 〒431-3113   静岡県浜松市東区大瀬町2500
電話 053-434-6136
ホームページ http://www.ishikawa-ah.com/

清泉どうぶつ病院

特徴

思いやりの心と優しさをモットーに、飼い主には十分な説明をすることに努め、誠実な診療を心掛けているという病院です。皮膚疾患、眼科疾患に力を入れているといいますが、すべての分野に置いて診察が行われています。こちらでは往診も行われており、通院手段がない場合、多頭飼育の場合、継続処置を必要とする病気(腎不全、悪性腫瘍など)の在宅治療、老齢動物の在宅ケア、動物を車に乗せられないなどに対応をしているということです(急患には対応できない場合があります)。

また、わんにゃんドック(健康診断)があり、血液検査(血液化学)・尿検査・糞便検査・レントゲン検査・エコー検査などを行うので、早期発見、早期治療のために受けてほしいということです。検査は予約制で、基本犬猫対応ですが、ほかの小動物も可能です。夜間対応は急患に限ってできる限りしているということです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、小鳥となっています(それ以外の場合問い合わせてみてください)。

アクセス・連絡先

住所 〒424-0038 静岡県静岡市清水区西久保447
電話 054-388-9072
ホームページ http://www.seisen.co/

昭府獣医科

特徴

こちらの病院では糖尿病と併発する腎不全をあげています。尿の量が著しく増加し、のどが渇いて水を大量に飲むようになります。同時にたんぱく質も失われるため、食欲が増加しますが、体内にたんぱく質や脂肪をたくわえることもできなくなるため、やせてきます重症になると、腎不全や白内障などの病気を併発したり、末期になると、嘔吐や呼吸困難が起きるということです。また、尿チェックによる健康を守れる方法についてもあげており、排尿時のそぶりが違う、多飲多尿、尿が濁っている、尿の質が違うなどあった場合病院に相談してほしいということです。

腎不全には、尿比重、尿糖などの項目を調べたりするということです。早期発見、早期治療が重要な腎不全に関しては、7歳からの検診、10歳からの検診などが用意されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、小鳥、ハムスター、ミニブタなどとなっています。月-土は20:00まで診療があり、日祝も予約制で午前のみですが診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒420-0871 静岡県静岡市葵区昭府2-35-7
電話 054-272-3327
ホームページ http://www.shofujuika.com/

BELL動物病院

特徴

大切な家族である動物と飼い主が幸せにすごせるよう、少しでも手助けできればと考えているという病院です診療科目に一般診療、内科があり、腎・泌尿器科にも対応しています。健康管理や予防医療を中心とする一次診療を行い、その一方で日々進歩する獣医療に対応、提供できるよう自己研鑽に努めているといいます。腎疾患は早期発見、早期治療が重要なので、。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、その他小動物などとなっています。日祝も午前中診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒418-0062 静岡県富士宮市城北町755
電話 0544-26-0680
ホームページ http://www.bell-animal.com/

ルナ動物病院

特徴

大切な動物を安心して託すことができるあたたかい看護を提供するという動物病院です。浜松市の病院でも再生医療、酸化療法ができるようになった、ということです。その中でこの病院が可能としている診療は、酸化療法の中で「オゾン療法」「高濃度ビタミンC療法」(特にオゾン療法は、腎不全でほかの病院でもよくつかわれる療法です)、再生医療についてはこの病院で行っているかは不明ですが、特記があるので記載させていただきました。腎不全にも有用とされる療法です。腎不全の治療は、尿毒症物質の生態への取り込み抑制(食事療法、経口吸着材)、残存する腎機能の維持、別経路からの尿毒症物質の排泄となります。診療対象動物は犬、猫となっています。ほかの動物は優秀な先生を紹介するとのことですので、見つからない場合は相談してみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒430-0907  浜松市中区高林5-1-23
電話 053-522-9071
ホームページ http://www.lunahp.com/

渡辺動物病院

特徴

猫の腎臓病についてとりあげています。寒くなると、高齢の猫が調子を崩し、来院することが多いといいます。多飲多尿、体重減少などの症状がある病気の一つに慢性腎臓病があげられます。さらに脱水が続くと、毛がパサつく、元気がなくなる、さらに食欲が落ちる、吐き気が出たりします。末期だと体重が落ち歩けなくなったり、意識不明になったり、痙攣が起き、死に至る危険があります。高血圧になりやすい、貧血、体のむくみ、骨が弱くなるなどの小邦画出ることもあります。これらの症状が出るのは腎機能の60%以上が失われてからで、壊れてしまった腎機能は元には戻りません。治療法は食事改善、薬、補液療法などがあります。症状が出る前に早期発見、早期治療が重要となります。症状が出てない場合も尿検査で調べえることが可能です。尿検査で異常がある場合血液検査を行い、さらに詳細検査として超音波検査、血圧測定などを実施し治療方針を決定します。

アクセス・連絡先

住所 〒427-0101 静岡県島田市大柳825-10
電話 0547-38-0144
ホームページ http://www.wahpes.co.jp/default.asp

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【愛知】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【熊本】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【滋賀】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【徳島】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【群馬】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全