2015年11月1日更新

【千葉】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

千葉県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

みながわペットクリニック

特徴

診療科目に腎泌尿器科があります。その中で、高齢の猫に最も多いということで例に挙げられているのが慢性腎不全です。最も良く見られる症状は 元気消失、食欲低下、体重減少、多飲多尿、脱水状態、さらに悪化すると毛づやが悪くなり、筋肉も落ち、行動が緩慢になる、よく寝る、吐き気、 食欲不振、口腔内潰瘍、口臭、下痢、便秘、貧血、網膜剥離など直接腎臓とは関係ないような症状もみられることがあります。

慢性腎不全は時間とともに進行し、体を維持する腎機能がなくなってしまうと「尿毒症」という状態に陥り、最終的には死を迎えてしまいます。検査は身体検査、尿検 査、画像検査(レントゲン・超音波検査)などを組み合わせて診断を進めていきます。血液検査では血中尿素窒素(BUN)と血清クレアチニン (Cre)を指標にしますが、これらは腎臓機能が75%以上障害されてからでないと異常値を示しません。尿検査においては、比重や蛋白などが重要視されます。尿検査で発見される異常の方が血液検査よりも早くに腎臓の異常を検出する可能性があります。

アクセス・連絡先

住所 〒272-0138  千葉県市川市南行徳4-12-18
電話 047-711-3232
ホームページ http://www.minagawa-pc.com/

すみよし動物病院

特徴

犬や猫を家族の一員と考えているという動物病院です。内科、外科、皮膚科のほか、眼科にも力を入れているといいます。腎臓の病気について、犬では腎臓が急に悪くなる犬種はヨーキーが多いのでは、という話があるということです。高齢な犬の飼い主さんは朝、1番の尿を病院に持って行って下さい。

尿比重のほかUPCも測定してもらってほしいということです。あと、地震などに備え、ホルモン系統疾患、心臓病疾患、腎臓病疾患のある動物のために、薬を多めに常備することを勧めているということです。診療対象動物は犬、猫を専門にしています。休診の告知については空き巣のピッキング被害が起こって以来掲載をしてないということなので、確認後来院したほうがいいかもしれません。

アクセス・連絡先

住所 〒千葉県流山市西初石3-3-22
電話 04-7155-5255
ホームページ http://www.sumiyoshi-ah.net/

あいペットクリニック

特徴

腎不全については、早期発見と早期の治療開始が重要ということです。腎臓の働きである、血液中の不必要な物質をろ過する作用が、急激に低下したものが急性腎不全です。原因は3つに分類され、腎前性急性腎不全(脱水や血圧の低下によって、腎臓/糸球体への血流が減少する)、腎性急性腎不全(腎毒性物質、感染症、DIC等によって、腎臓(ネフロン)が障害させる事で生じる)、腎後性急性腎不全(尿路閉塞や尿路損傷によって、尿が体内に漏れる事で生じる)ということです。慢性腎不全ではでは、急性腎不全から移行したり、糸球体腎炎やアミロイドーシスから起こったりする事が多く見られるといいます。

症状は第Ⅰ期(GFR 糸球体ろ過率50%以上)は明らかな症状なし、第Ⅱ期(GFR 糸球体ろ過率50~30%)軽度の食欲不振、貧血、多尿、尿比重の低下、第Ⅲ期(GFR 糸球体ろ過率30~10%)食欲低下、体重減少、貧血、脱水、多尿あるいは乏尿、尿比重の低下、第Ⅳ期(GFR 糸球体ろ過率5~10%)尿毒症の症状、乏尿、無尿、尿比重の低下となっています。この病院の治療は、 脱水の補正、高血圧の補正( ACE阻害薬など)、食事療法 (タンパク、リンの制限など)、貧血の改善などとなっています。年中無休、21:00まで診察があり、往診送迎も相談可能です。診療対象動物は犬、猫、小動物(ウサギ、ハムスターなど)
となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒263-0031 千葉県千葉市稲毛区稲毛東4丁目3-12
電話 043-248-1241
ホームページ http://www.jvets.co.jp/

ファミリー動物病院

特徴

動物たちを大切に思っている飼い主の要望に最大限に応えられるよう日々知識を高め、技術を修得するよう努めているという動物病院です。CTなど高度な医療機器が導入されています。こちらの病院の特徴の一つに再生医療を導入していることがあります。再生医療とは、体内の組織が疾病や外傷などで損傷を受けた際に、通常では再生することの難しい組織とその機能を回復させる医療分野です。幹細胞は、椎間板ヘルニアや背骨の骨折に伴う脊髄損傷、腎不全や肝不全、心筋梗塞や脳梗塞、骨折癒合不全、炎症性の関節炎などで臨床応用されています。また、エキゾチックペット診療室もあり、病気になっても症状を出しにくいエキゾチックアニマルの病気の早期発見・早期治療が実現できるよう相談し易い診療を目指しているといいます。夜間救急診療対応があります。まず電話し、症状を伝えてください。

アクセス・連絡先

住所 〒270-0161 千葉県流山市 鰭ヶ崎4-10
電話 04-7157-8618
ホームページ http://www.exotic-ah.com/

くわじま動物病院

特徴

納得のいく説明と希望に沿った治療内容を心がけ、信頼に応じられる病院を目指しているというところです。病院の業績として、ネコの腹膜透析に関する基礎的研究(ネコの腎不全では輸液療法が中心となりますが、人の腎透析と同様に透析により腎不全の治療ができるかどうか研究したもの。※実際行われているかどうかは不明です)があります。夜間救急については、ひがし東京夜間救急動物医療センター(03-3846-1299 年中無休 21:00-03:00)と提携をしています。診療対象動物は犬、猫、フェレット、ハムスターとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒273-0003 千葉県船橋市宮本6丁目26−18
電話 047-422-2045
ホームページ http://kuwajima-vet.info/

いなげ動物病院

特徴

なんでも話せる、何でも聞けるあなたの町の動物病院だというところです。猫の慢性腎不全について、院長によると老齢の猫の場合、一見元気そうでも、診察・検査で発見されることも すくなくないということです。日頃から、飲水量・尿量の変化に気をつけておくと良いでしょう。放置しておくと、尿毒症を招き生命に関わる、危険な状態になります。腎臓は、水分の保持排泄を調整し、老廃物を排出します。 骨代謝・造血及び血圧調整も行っています。

慢性腎不全は、長期間(数ヶ月~数年)に渡って、腎組織が徐々に損傷を受け、正常に機能できなくなった状態を言います。 その初期症状にはほとんど症状が見られません。早期発見・早期治療によるQOL(クオリティオブライフ)の向上が望めますので、日頃から診察、検診を受けてほしいそうです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒263-0024 千葉県千葉市稲毛区穴川4丁目1-13
電話 043-284-8368(診療時間内のみ)
ホームページ http://www.inage-ahp.jp/

ムカイ動物病院

特徴

人生の伴侶である動物の健康を守り、飼い主さんの幸せな生活のお手伝いが出来れば、と考えているという動物病院です。診療科目の中の一般診療科のなかに、泌尿器科があります。対応している病気として 腎不全、腎結石、尿管結石、膀胱炎、膀胱結石、尿道炎、尿道結石などをあげています。ペットの高齢化により、老齢疾患で来院する患者が増えているといいます。関節疾患、腫瘍、痴呆や心不全、腎不全等ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒284-0001 千葉県四街道市大日464-2
電話 043-424-1212
ホームページ http://www.mukai-ah.com/

秋山どうぶつ病院

特徴

治療だけでなく、動物を含めたご家族がより良い生活を送れるようお手伝いできたらと考えているという動物病院です。猫の慢性腎不全について、特に寒い季節になると、多飲多尿で来院する患者が続いたりしているということです。もともと飲水量が増える夏場では飼主さんがその異常に気がつかないことが多いようです。慢性腎不全は急性腎不全と違って徐々に進行してくるものですので、なかなか初期~中期の段階で発見されづらいと思われます。寒い季節に多くなるのは、寒さというストレスがその悪化を急激に進行させることが多いからということです。

早期発見の具体策をあげるならば、飲水量・尿量のチェックはもとより、被毛粗剛(毛づやが悪い)、脱水(皮膚の弾力性がない)がみられる場合や、中~高齢の猫は定期的な血液検査、尿検査(腎機能のチェック)を受けておくのもよいでしょう。参考までに、多飲多尿を示すその他の疾患(猫)として、糖尿病、甲状腺機能亢進症、肝不全などがあげられます。この時期、似たような症状として頻尿もありますが、この場合は膀胱炎、特に尿石症がらみのものが多くみられますので、こちらもあわせて注意してほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒262-0018 千葉県千葉市花見川区畑町1311-8
電話 043-213-3313
ホームページ http://www.akidou.com/

しらい動物病院

特徴

日本動物病院協会(JAHA)認定病院です。診療科目の中に泌尿器科があります。泌尿器科の診療実績として、腎臓病では種々の原因による急性腎不全、慢性腎不全、腎不全在宅療法、腎不全食事管理指導、尿崩症、腎腫瘍、腎先天奇形、腎炎、腎結石、腎盂腎炎、糸球体腎炎、水腎症となっています。この病院では総合診療科の一部としてエキゾチックペットの診療を行っています。レオパ、陸ガメ、ジリス、ハリネズミ、ハリスホーク、フクロウ、カメレオン、コモンマーモセット、カンムリヅル、インドクジャク、オオハシなどほかの病院では診療を行ってないようなエキゾチックペットも診療が行われているようですが、一部診療ができない動物種もあるようですので、事前に問い合わせてみてください。

大型犬で寝たきりだったり、病院に連れて行くのが難しい場合、往診やスタッフの介護セットでの訪問介護も可能だということなので、詳しくはこちらも問い合わせてみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-36-6
電話 043-462-1122
ホームページ http://www.geocities.jp/shirai_animal_hospitale/index.htm

あおぞら動物病院

特徴

連れてきてよかったと思われる動物病院でありたい、というところです。こちらの病院では、慢性のじん不全で点滴治療が必要な場合、ケースによっては自宅での点滴も積極的に進めているといいます。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレットとなっています。ウサギ、フェ レットの患者も多く、各種手術、検査が行われています。夜間救急対応は、できる限り対応をしていますが、連絡が付かない場合、イオンモール幕張新都心内の夜間救急センター(21:00- 043-298-1124 ウサギ、フェレットは対象外)、ひがし東京夜間救急医療センター(21:00-03:0003-3846-1299)などが対応しています。

アクセス・連絡先

住所 〒273-0862 千葉県 船橋市夏見1-10-31
電話 047-424-8370
ホームページ http://homepage3.nifty.com/vet/

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

評判のよいおすすめの青森県の動物病院4選

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。 そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任……

猫の動物病院

【富山】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっ……

猫の動物病院

嫌がる猫でも大丈夫! 猫に薬を飲ませる方法とは?

猫を病院に連れて行って診察してもらった後、獣医さんから「家に帰ったら、食事の後にお薬を飲ませてください」と言われて、焦った経験、ありませんか? そもそも猫は強要されるのが大嫌いです。薬……

猫の動物病院