2015年11月1日更新

【長野】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

長野県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

アネモネ動物病院

特徴

ホリスティック医療(ホモトキシコロジー、ホメオパシー、バッチフラワーレメディ、サプリメント、漢方をはじめとする各種療法)が取り入れられて いる動物病院です。こちらの病院はがん治療、アレルギー治療、関節治療となっていますが、慢性腎不全に有効とされるホモトキシコロジー療法も導入 されています。「ホモトキシコロジーはこれまで一度失われた腎機能は快復しないという定説をくつがえしているのではないだろうか。それほどまでに治療効果は高い。」ということです。

一般的な慢性腎不全の治療としてはACE阻害剤、腎血管拡張薬、 H2受容体拮抗薬、利尿剤、カルシウムチャンネルブロッカー、低蛋白食による食事療法等がありますが、それは低~中程度(StageⅠ~StageⅢ)だとある程度の効果が期待できるものの、それ以上の病状の場合は、ホモトキシコロジーは副作用もなく、ホモトキシコロジーは週1~2回の治療から始まり月1~2回の治療で状態を安定させることができるのもありがたいところだろうということです。

アクセス・連絡先

住所 〒393-0047 長野県諏訪郡下諏訪町西赤砂4350-12
電話 0266-26-8718
ホームページ http://anemone-ah.com

おおにし動物病院

特徴

地域密着、何でも相談しやすいホームドクターだという動物病院です。CTなど、高度な医療機器が導入されています。腎不全関連の検査に関連する機器としては、尿検査装置 クリニテックステータスのほか、血液検査関連として動物用血液凝固分析装置 COAG2V、血液生化学検査 フジドライケムシステム、自動血球計算機 日本光電セルタック、血液化学・内分泌検査 アイデックスベットテスト、超音波(エコー)検査関連としてALOKA PROSOUND α7、ALOKA PROSOUND SSD-3500、TOSHIBA Xario100などが導入されています。エコー検査では、腹部臓器の肝臓や脾臓、腎臓、泌尿器生殖器、副腎、消化管などの診断に有用です。休診日などの告知は、ホームページトップに掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒399-8302 長野県安曇野市穂高北穂高2177-1
電話 0263-84-0321
ホームページ http://www.ohnishi-ah.com/

陽だまり動物病院

特徴

この病院では、オゾン療法を導入しています。オゾンによる反応(酸化ストレス)は、身体に対して過度であれば障害を与えますが、コントロールされた濃度の適度な量のオゾンを用いた場合には、生体のバランス作用により一時的に抗酸化力を引き出すことが出来ます。オゾン療法により、免疫細胞の活性化、赤血球代謝の改善と酸素放出の促進、抗酸化系酵素の活性化に伴う生体の抗酸化能の向上などが期待できます。対象となる疾患の中に難治性疾患も含まれており、腎血流量改善(慢性腎不全)にも効果が期待されているということです。

鍼灸治療や漢方薬の処方といった東洋医学的な診療も行っています。夜間・休診日の救急対応も可能な限り行なわれています。休診日の告知については、ホームページトップに記載されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギが中心となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹4499-4 
電話 0265-49-8603
ホームページ http://www.hidamari-ah.jp/

信州松本 石川犬猫病院

特徴

MRIやCT検査による高度な診断と治療まで一貫して迅速に対応できる動物病院です。さまざまな設備の中で、腎臓の検査に使用するものとしては、生化学分析装置(肝機能、腎機能、血液電解質バランス等生体の機能検査に使用)、尿Alb/Cre比測定器(腎不全の早期診断に有効な器械)などが導入されています。診療対象動物は犬、猫を専門に診察するほか、小鳥・ウサギ・フェレット・その他小動物となっています(その他小動物については電話で相談後来院してください)。

アクセス・連絡先

住所 〒399-0036 長野県松本市村井町南2-22-14
電話 0263-58-1226 
ホームページ http://www.ishikawa-inuneko.com/

二子動物病院

特徴

飼い主からの支持も多く集まっている動物病院です。インフォームドコンセントが徹底されており、わかりやすい説明となったくできる治療だという評判があります。人気があるため混んでいる場合も多いので、余裕を持っての来院をお勧めします(すくなくとも診療時間が終了する30分前までには受付を済ませてください)。骨折や脱臼、腎不全、その他の疾患などについても多く治療を行っており、セカンドオピニオン先に選ぶ飼い主も多いといいます。診療対象動物は犬、猫となっています。駐車場有。

診療時間
平日 09:00-12:00 16:00-19:30
土曜 09:00-12:00 16:00-17:00

休診日 
日祝

アクセス・連絡先

住所 〒399-0033  長野県松本市笹賀5823-4
電話 0263-27-8611
ホームページ ———————-

小諸動物病院

特徴

傷の小さな手術、動物に優しい診療を目指しているという動物病院です。CTなどの高度な医療機器が導入されていますので、腎不全などの早期発見のための検査機器もいろいろと備えられているということで選ばせていただきました。ホームページのお知らせのところに、休診などの告知が記載されているので、来院前に確認するとよいでしょう。診察目的で来院する場合、ホームページから問診票をダウンロードして記入していくと、受付がスムーズとなります。

アクセス・連絡先

住所 〒384-0808  長野県小諸市御影新田2728-1
電話 0267-23-6644
ホームページ http://www.komoro-animal.jp/

あきやま動物病院

特徴

猫の泌尿器疾患の診療を多く手掛けています。急性、あるいは慢性の腎不全、下部尿路疾患~尿道閉塞などになりますが、その殆どが持続点滴による輸液管理が必要ということなので、できるだけ早期発見、早期治療をするように病院に相談をしてください。診療対象動物は犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター、フェレット、その他小動物(馬、その他の動物もご相談下さい)となっています。こちらの病院は予約制ではなく、基本来院順の診察となっています。急患の場合は優先となります。

アクセス・連絡先

住所 〒386-0001 長野県上田市上田1495-4
電話 0268-26-6610
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0268266610/index.html(iタウンページ)

小諸さくら動物病院

特徴

日本動物病院福祉協会(jAHA)認定病院であり、長野どうぶつ眼科センターを併設している動物病院です。整形外科、再生医療、高濃度ビタミンC点滴療法、減感作療法(アレルゲン免疫療法)などの実施病院でもあります。腎臓についてのこの病院の話としては、機能は様々ですが、その中でも代表的なものは尿を作る事です。そして、尿といっしょに不要な排泄物を捨てて健康な体を維持をするとても大事な臓器です。

腎不全のなかで急性腎不全は、原因が生じてから早くて6時間、遅くても1週間以内に発症し、急激に症状が悪化します。一時的に低下した機能は、回復させることができるが緊急を要します。症状:急激な下痢、嘔吐、痙攣、虚脱などです。この場合一刻も早く病院に来院してください。慢性腎臓病は、腎臓の機能には余裕があるため、ある程度ダメージを受けていてもほとんど症状が表に出てきません。5年以上にわたってゆっくり進行するケースが多く、失った腎機能は回復が難しいと言われています。

慢性腎臓病がどの程度進んでいるかは、血清クレアチニン濃度の数値によってステージを分類できます。慢性腎不全は初期段階だと食欲元気もあり普段の様子と変わらなく、しいて言えば少しおしっこの色が薄くなったかな?や、水の飲む量も運動や興奮のせいで少し多くなっただけかな?と飼い主も見落としてしまうケースが多い為、7歳を過ぎたくらいから動物病院での定期的な健診や検査を出来るだけこまめにしてもらう事をおすすめするということです。

アクセス・連絡先

住所 〒384-0802 長野県小諸市乙518-22
電話 http://www.sakura-komoro.jp/
ホームページ http://www.sakura-komoro.jp/

やまびこ動物病院

特徴

動物に優しい治療を目指しているという動物病院です。この病院の特色としてはホモトキシコロジー、中医学、フラワーレメディ、オゾン療法などを導入していることです。がん検診も実施されています。一般的な抗生物質やステロイド剤を使う西洋医学的な治療はもちろん、ホメオパシー・ホモトキシコロジーや鍼灸などのホリスティック医療(代替医療)と言われる様々な治療を組み合わせています。

腎不全の場合、他病院でも使用されている療法は、このなかでホモトキシコロジー、オゾン療法などです。ホモトキシコロジーは、ハンス-エインリッヒ・レクヴェク博士が開発した理論で、病気は、細胞内を埋め尽くす毒性物質(ホモトキシン)に対して身体がとる防衛反応であると捉えたものです。またこの病院のオゾン療法は、このオゾンガスを使った治療法で、大量自家血療法、腹腔内注射療法、直腸注入法、少量自家血療法、皮下注射、オゾン水やオゾン化オリーブ油を使った治療を行っています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、小鳥などとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒399-8101 長野県安曇野市三郷明盛5040-1
電話 0263-77-1200
ホームページ http://www.yamabiko-ah.jp/

佐久平どうぶつ病院

特徴

こちらの特徴としては、自然療法、ホリスティック医療実践病院であることです。この病院で実践し、成果をあげている代替療法、自然療法としてはバイオレゾナンス療法(波動療法)、ホメオパシー、ホモトキシコロジー療法、バッチフラワー療法,光線、宝石療法(遠隔治療可)、放射線ホルミシス療法,栄養療法(体質に基づくサプリメント、食事)、メディカルアロマテラピー、フィジオセラピー、マクロビオティック的食事法、波動水の活用、環境生物学的改善などということです。腎不全にたいするものでほかの病院でも使用されていたりするのはホモトキシコロジー療法となります。診療対象動物は小動物(犬、猫、小型げっ歯類、小鳥)となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒385-0021長野県佐久市長土呂道常1242-2
電話 0267-66-7266
ホームページ http://www.ukai-hp.jp/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【茨城】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【山口】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【鹿児島】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【香川】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【獣医師監修】犬の急性腎不全〜原因・症状と対策

腎臓は泌尿器系の器官のひとつです。腎臓は体内の老廃物や余分な水分などを排出するはたらきを担っており、生命活動を行う上で特に重要な臓器といえます。 犬の急性腎不全は突発的に腎臓が機能しな……

犬の急性腎不全