2015年11月1日更新

【福岡】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

福岡県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

志免ペットクリニック

特徴

みんながほっこり笑顔になれる陽だまりのようにあたたかい、というのを目指している動物病院です。病気の早期発見、早期治療のために健康診断を勧めています。内容としては問診、身体検査(視診、触診、聴診、打診、体重測定など)、糞便、尿検査(全身の健康状態を知るためにも重要で、腎不全の発見につながる尿検査、消化器系の病気のチェックができる分便検査)、血液検査(肝臓や腎臓機能の低下具合、その他臓器の状態、持病の進行具合など)、レントゲン検査(呼吸器系疾患、心臓疾患の有無やその状態、骨の状態として胸部、各臓器の状態や腫瘍の有無などの腹部)、エコー検査、心電図検査などを実施しています。腎不全のチェックの場合、まず尿検査、血液検査だけでも実施してみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒811-2243 福岡県糟屋郡志免町志免東3-15-3
電話 092-402-8856
ホームページ http://www.uryu-kasuya.com/

伊都どうぶつ病院

特徴

腎臓病については、まず軽度の腎障害では薄い尿、大量の尿、水を飲む量の増加、便秘、たんぱく尿。腎障害が進むにつれ嘔吐、食欲不振、黒色便、ケイレン、など様々な症状が認められます。腎臓は症状が出にくく、明らかな症状が認められた時には腎臓のかなりの機能がダメージを受けていることが多いということです。

腎臓疾患の例としては、 腎不全(心不全・慢性腎不全・尿管(尿道)閉塞)、腎炎、腫瘍(腎臓腫瘍、膀胱腫瘍など)をあげており、検査方法は尿検査、血液、エコー検査などということです。治療の第一選択は食事療法です。その他、血管拡張剤や吸着材などを用いることもあるということです。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・ハムスターなどの小動物ということです。診療時間の変更などについては、ホームページトップに告知が記載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒819-1119 福岡県糸島市前原東3丁目5-3
電話 092-321-2299
ホームページ http://ito-a-h.sakura.ne.jp/

みどりが丘動物病院

特徴

飼い主と一緒に最善の診療を目指しているという動物病院です。治療の内容や経過・予定などを紙面上で分かりやすく説明し、飼い主にも状況を把握してもらい、納得してもらいながら治療を進めているといいます。こちらの病院でよく遭遇する疾患のうち、内科疾患のなかでは、泌尿器疾患として膀胱炎、膀胱結石、腎不全をあげています。健康検査(1日ドック)は、春(3月)の健康検査はフィラリア抗体検査、血液検査 15項目、秋(9-10月)の健康検査はシニア期の犬猫、春に心配な結果が出た場合などを対象にしているといいます。身体検査、血液検査16項目、尿検査を実施しています。レントゲン検査も可能で、一日ドックは、半日かけてほかにも糞便検査、X線検査(胸部・腹部)などを行います。

アクセス・連絡先

住所 〒813-0021 福岡県福岡市東区名子3-7-20
電話 092-663-2225
ホームページ http://midorigaoka.in/

エンゼルペットクリニック

特徴

東洋医学やホメオパシーなどの自然療法を中心とした診療が実施されています。ホモトキシコロジーについては、他病院でも腎不全について有効だという話を多く見聞きしますが、こちらの病院でも対応可能です。細胞のマトリックスに潜んでいる毒素を排泄し、個々の臓器の機能を改善し、免疫系を強化する働きがあります。

製剤は現代医療の世界でも使いやすいように錠剤、注射液、軟膏など多くの種類が用意されているということです。さらに、オゾン療法なども導入されているので、腎不全の場合相談するとよいでしょう。ほかに自然療法では東洋医学/漢方薬、鍼灸/レーザー治療、食事療法/ハーブ、各種サプリメント、ホメオパシー、フラワーエッセンス、自家血療法、組織細胞製剤なども取り入れられています。休診日、診療時間変更などはホームページトップに告知が記載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒811-3117 福岡県古賀市今の庄2-8-29
電話 092-944-0367
ホームページ http://www.q-fukuoka.com/angelpet/index.html

ゆじ動物病院

特徴

支えて下さる皆様に、より良い獣医療と安心感をお返ししたいという思いだという動物病院です。腎不全については、健康チェックを早期にすることを勧めています。猫にとって特に注意しておきたい腎臓についてですが、腎臓に障害が出ると老廃物がたまりやすくなるだけではなく、貧血、血圧以上も招き、体全体に影響を及ぼします。

腎不全の中の慢性のものでは、数か月から数年の経過で起こり、腎機能の低下、あるいは全く機能しなくなる状態を言います。初期段階では気づきにくく、明らかな症状(多飲、やせるなど)が出始めたときにはかなり進行している場合も多い病気です。猫の腎臓病の発生率は4-7歳で4%、7-10歳では5%、10-15歳では10%、15歳以上では30%と、最も注意しなければいけない病気となっています。腎疾患には処方食と新鮮な水をしっかり飲めるというのがとても大切だということです。

アクセス・連絡先

住所 〒819-1121 福岡県糸島市荻浦583-1
電話 092-324-6941
ホームページ http://www.yuji-hospital.com/

むく動物病院

特徴

腎臓などの健康状態を調べることができる院内の設備としては、血液生化学検査機 (肝臓、腎臓など様々な項目を検査することができます。炎症の度合いを示すCRPという項目も測定できます。血糖値や電解質、臓器の障害程度、などを確認可能)、比重計(尿の比重を確認する機械です。腎臓の機能を確認可能)、ウリエース(尿の中に糖や蛋白、鮮血がないかを確認可能)などが導入されています。内科的治療としては、内服薬や外用薬を使用して治療します。当院では、漢方薬やホモトキシコロジー、ティートリーオイル・ワセリン(抗菌・抗真菌作用が強い唯一毒性試験などの研究が行われている精油です)なども状況に応じて使用しているということです。バッチフラワーレメディ、温湿布(びわこんにゃく、琵琶の葉エキス)、直線偏光近赤外線治療器等も導入されています。07:00から受け付け可能となっています(通常診療は09:00から)。診療対象動物は犬、猫、エキゾチックアニマルとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒811-1242 福岡県筑紫郡那珂川町西隈1-12-2
電話 092-408-2096
ホームページ http://www.muku-club.jp/

ペットクリニックハレルヤ

特徴

地域に密着した温かい医療を目指しているという動物病院です。こちらの病院の院長の学会発表として「猫の慢性腎不全30例の高血圧の発生とその治療効果」などがあります。腎不全に対応できる設備としては、日立アロカメディカル社のハイエンドモデルの超音波診断装置(心臓・肝臓・腎臓・消化管など体腔内の重要な臓器を詳細に調べることが可能)、日立アロカメディカル社の高画質かつコンパクトな超音波診断装置(心臓・肝臓・腎臓・消化管など体腔内の重要な臓器を調べたり、腫瘍の早期発見に役立つ)、アークレイ社製血液性化学自動分析装置(栄養状態・肝臓病・腎臓病・糖尿病・脂質代謝などを調べることが可能)、ドップラー血圧測定器(心臓疾患、腎臓疾患、内分泌疾患、糖尿病などで高血圧症を併発していないかをチェック)などとなっています。

アクセス・連絡先

平和本部
住所 815-0071 福岡県福岡市南区平和1-30-63
電話 092-521-3267

粕屋病院
住所 〒811-2304  粕屋郡粕屋町大字仲原2544-1
電話 092-629-9171

愛宕病院
住所 〒819-0015  福岡県福岡市西区愛宕4-18-31
電話 092-885-7771

新宮病院
住所 〒811-0117 粕屋郡新宮町大字上府898
電話 092-962-4370

ホームページ http://halleluya-vet.com/

さくら動物病院

特徴

動物たちを癒してあげることを考え、自然療法を行っているという動物病院です。西洋医学的な治療と、自己治癒力を刺激して治癒に導くホメオパシー・ホモトキシコロジーを中心に鍼治療・オゾン療法も行っています。オゾン療法、ホモトキシコロジー療法については、他病院でも腎不全に有効とされているケースも多い療法です。飼い主のいない猫の避妊去勢の手術支援を実施しているなど、ボランティア精神がある動物病院です。診療時間の変更についてはホームページに情報が記載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒811-3304 福岡県福津市津屋崎4丁目13-15
電話 0940-52-1437
ホームページ http://www.sironeko-sakura.com/

中村動物病院

特徴

犬猫の体に負担のない優しい治療を行っているという動物病院です。こちらの病院ではホモトキシコロジーを導入しており、他病院でも腎不全に有効としているケースが多いため、こちらの病院を選ばせていただきました。ホモトキシコロジーの考え方は、「体内の毒素がうまく排泄されないときに病気が引き起こされる」ということが基本になっています。注射・錠剤・内服薬などの製剤があり、急性疾患・慢性疾患(腎臓病・肝臓病など)・老齢疾患・けがなどにほとんど副作用がなく積極的に処方しているということです。

診断・治療の流れとしては、問診・視診・聴診・触診・糞便尿検査・血液検査・レントゲン・エコーなど西洋医学的に・・・・西洋医学の肝臓の薬を処方するところ、ホモトキシコロジーの方が効果もあり副作用が少ないと判断されれば、ホモトキシコロジーの肝臓の注射や飲み薬などを処方します。診療科目に腎臓病、泌尿器系の疾患があげられています。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒811-2415 福岡県糟屋郡篠栗町津波黒65-3
電話  092-948-3844
ホームページ http://www.nakamura-animal.jp/

バーツ動物病院

特徴

犬猫はもちろん、フェレットやウサギをはじめとする小型哺乳類、カメやトカゲ、ヘビなどの爬虫類、カエルなどの両生類までを含めた脊椎動物の病院です。この病院では慢性腎不全を取り上げています。慢性腎不全は数ヶ月から数年の経過で腎機能の障害が進行していく病気です。よくみられる症状として、水をよく飲む、尿をたくさんする、食欲がない、体重が減ってきた、口臭が強い、よく吐くなどがあげられています。

診断に必要な検査としては血液検査尿検査、X線検査、超音波検査としています。治療は基本的には点滴、補液を行いながら、微粒活性炭の投与、食事療法で対応していきます。 いったん失われた腎臓の組織は元に戻りません。残された部分をできる限り長く維持することが目標になります。腎疾患は高齢でよく見られるので、早期発見、治療を継続してあげることが重要となるといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒812-0893  福岡県福岡市博多区那珂2-21-5 九創ビル1F
電話  092-483-8281
ホームページ http://www.verts.jp/

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード