2015年11月1日更新

【兵庫】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

兵庫県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

バークレー動物医療センター

特徴

先端機器で最善の治療を、丁寧な説明で安心を、という動物病院です。CTなど高度な医療機器が導入されています。診療科目は、内科、皮膚科、整形外科、鍼灸治療、予防、避妊去勢まで総合的診療となっています。透析機器があるという情報がありますが、どの程度腎不全等に使用されているかどうかは不明です。夜間救急診療時間は20:00-23:00で、電話連絡が必須となっています(木、日、祝は休診)。診療対象動物は犬猫を中心とする小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒675-0032 兵庫県加古川市加古川町備後13
電話 079-422-2289
ホームページ http://www.berkeley-ah.com/

クーパー動物病院

特徴

インフォームドコンセントを重視しているという動物病院です。ホメオパシーや鍼灸などによる治療など統合医療を行っています。慢性疾患の管理、老衰、老齢動物のケアなども実施されています。特別外来として、ホメオパシー、ハーブ療法(要予約、ホメオパシー医学会認定獣医師・院長が担当)、鍼灸・レーザー治療(要予約、鍼灸師が担当)などがあります。夜間救急の場合は、夜間動物病院 北摂診療所(072-730-2199 20:00-05:00 http://www.heah.jp)、VRセンター大阪(06-6977-3200 21:00-05:00 http://www.neovets.com)が対応となります。電話必須です。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、リス、モルモット、小鳥、その他小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒662-0036 兵庫県西宮市大井手町11-29
電話 0798-72-0498
ホームページ http://www.cooper-net.jp/

ながた動物病院

特徴

動物にも人にも優しいホームドクターをめざしているという動物病院です。診療内容は一般内科、外科手術(入院設備有り)、自然療法(ホモトキシコロジー)、代替医療法となっています。慢性腎不全で、ホモトキシコロジー療法を受けるためにこちらの病院に通院される方も増えているようです。治療手順としては現在の状態把握(血液検査、尿検査など)経過の聞き取り、3~6日間 皮下補液、ホモトキシの皮下注射、二週目は改善度に応じてホモトキシ薬、補液を隔日投与、三週目はホモトキシ薬のみ皮下注射、以降状態を見ながら、ホモトキシ薬を週1~2回経口摂取となるということです。診療対象動物は犬、猫、その他小動物となっています。予約可。

アクセス・連絡先

住所 〒664-0865 兵庫県伊丹市南野2丁目4-35
電話 072-785-5030
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0727855030/index.html(iタウンページ)

グリーンピース動物病院

特徴

ペットと飼い主のよりよい関係づくりを応援しているという動物病院です。慢性腎不全は定期健診で早期発見を、と呼びかけています。慢性腎不全とは、腎臓の働きが徐々に低下してきた状態をいい、老齢の犬猫に多く、 その原因は、いろいろ言われるが、ほとんどの慢性腎不全では原因の特定は困難ということです。慢性腎不全になると、腎臓が尿を濃縮する能力を失ってしまうので、尿比重1.008から1.012の間の特徴ある薄い目の尿を大量に排泄するようになり、同時に大量に水を飲むようになる。 この1.008から1.012の間の尿比重は、腎不全に非常に特徴的な症状ということで、その他の症状としては食欲不振や元気の消失、嘔吐、慢性下痢、時には便秘、非常にゆっくりと進行する貧血、腎性の高血圧症による眼底出血や網膜剥離など様々といいます。こちらの病院ではシニア健康チェックサービスを実施しており、尿検査、血液検査、レントゲン検査で慢性腎不全を発見するということもあるそうです。

アクセス・連絡先

住所 〒675-0068 兵庫県加古川市加古川町中津460-1
電話 079-421-6644
ホームページ http://www.greenpeas-ahp.co.jp/

アールキャットクリニック

特徴

診療は猫専門、という動物病院です。価格が抑えられている、猫に特化している病院なので猫について詳しいなど、飼い主からの支持も多く集まっている病院です。腎不全は猫に多い病気ということで、この病院を選ばせていただきました。人気がある病院なので混むことも多いため、早めの来院をお勧めします。日祝も午前まで診療があります(日時などについては変更も考えられますので、来院前に確認をお勧めします)。専用の駐車場は内容ですが、受付に申し出ると提携駐車場の割引券がいただけるという情報もあるのでこちらも確認してみてください。

診療時間
午前 09:30-12:00
午後 月 火 水 金 土 16:00-20:00

休診日
木曜

アクセス・連絡先

住所 〒658-0011 兵庫県神戸市東灘区森南町1-7-5-1F
電話 078-451-6462
ホームページ ————————————

岸田動物病院

特徴

飼い主の望むベストな治療を提供することを基本としているという動物病院です。腎不全の検査に使用する機器として、血液・尿検査関連では血液生化学検査装置(肝臓・腎臓・血糖値など血液で内臓の状態を調べる)、尿中アルブミン測定装置(腎不全の初期から尿で診断)などが導入されています。休診の告知などは、ホームページトップに記載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒679‐2203 兵庫県神崎郡福崎町南田原2162‐1
電話  0790‐22‐3838
ホームページ http://kishida-ah.com/

兵庫ペット医療センター

特徴

動物たちの不安感、心の痛みを取り除くことから治療を始めるという動物病院です。中高齢以降の犬猫に多い病気として慢性腎不全をあげています。中でも猫は犬に比べ、腎臓トラブルが多いということです。検査としては一般身体検査にて、体重の減少や脱水はないかどうかをチェックし、血液検査で血中尿素窒素(BUN)、クレアチニン、ミネラルのバランスを調べます。血液検査にて異常がみられた場合には、尿検査や超音波検査などの画像診断を追加し腎臓の機能の他に、できものや結石等ができていないかを調べます。

治療は、食事療法や飲み薬による治療(血管を広げて腎臓に血液を供給するお薬や、リンや尿毒症物質を吸着し、便と一緒に体外に排泄するお薬があります。残念ながら病態によってはお薬が使用できない場合もあります。)および点滴による輸液療法(食欲不振や嘔吐あるいは脱水傾向がある場合に適用)を実施しています。また貧血にはホルモンの補充療法、嘔吐には胃酸抑制剤を用いて補助していきます。早期発見、早期治療が大切なので7歳以上の犬猫には年2回の検診を勧めているといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒661-0025 兵庫県尼崎市立花町3-1-5
電話 06-6428-2565
ホームページ http://www.hyogopet.com/

中山台ニュータウン動物病院

特徴

こちらの病院では東洋医学の漢方や鍼灸が導入されています。動物に施す東洋医学は、自覚症状を訴えられないからこそ正確な確定診断が大切だということです。腎不全になると貧血や多飲多尿(おもらしetc)、食欲がなくなる、嘔吐、高血圧など様々な症状が出てきます。原因も様々で、初期だと人間と同じく点滴で血液中の老廃物を尿へ出やすくしますが、反応が悪い場合は透析となります。腹膜透析や人工透析を行いますが、人も時間がかかるのと同様、動物では尚大変で費用もかかり、どこでも設備があるわけではないので、薬は点滴の補助と考え、食事療法も大切な場合が多いということです(この病院で透析をしているという記載はありませんでした)。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、小鳥、その他小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒665-0871 兵庫県宝塚市中山五月台3-7-3
電話 0797-89-5497
ホームページ http://www.matikado.com/bn/newtown/

南が丘動物病院

特徴

動物医療のために、常に最善を尽くすという動物病院です。この病院では、血液透析が実施されています。現在は最新型の透析装置が開発され除水コントロールを始め、効率の良くする為の改良がされ、いままでより透析が行いやすくなりました。腎臓の機能が低下し た動物の血液から尿毒素などを除去し、きれいな血液にして体内に戻します。

慢性の腎不全でも使用されますが、とくに急性腎不全での効果は非常に期待でき、急性尿細管壊死を起こし、まったく尿が作られず尿毒症がすすんでいた状態から、血液透析をおこない利尿期にもちこめる症例が増えているといいます。また、幹細胞療法(再生療法のひとつ。骨折・骨癒合不全、脊髄損傷、炎症性関節炎、腎不全、肝硬変、自己免疫性疾患、膵炎などの治療に使用し、良い経過が得られているといいます)も行われています。慢性腎不全に対して効果があるとされるオゾン療法も取り入れられています。

アクセス・連絡先

住所 〒669-1528 兵庫県三田市駅前町12番9号
電話 079-562-3612
ホームページ http://www.minamigaokaah.com/

マノン動物病院

特徴

こちらの病院では特に、歯周病と心不全、腎不全のケアに力を入れているといいます。9歳以上は定期健診を受けてほしいということです。歯周病から慢性腎不全や心臓疾患を引き起こす可能性があることを知って頂き、健康への意識を高めてもらいたいそうです。腎臓病については、犬よりも猫が一般的に慢性腎不全になりやすいといわれています。 それは、もともと水を少量しか摂取せず、腎臓で再吸収能力を発揮して濃縮された尿を生成する事ができるからです。

一般的に、慢性腎不全は老化とともに発生する事が多く、腎臓の機能が25%程度まで低下しないと、血液検査による異常値は検出できず、進行してからでないと症状は認められません。 はじめに変化が起きるのは、尿比重の低下(うすい尿をする)からと言われており、高齢になった動物は、血液検査と尿検査を行うことが推奨されます。 慢性腎不全の可能性があるならば、適切な検査を行い、状態に応じた点滴、食事療法、および薬物療法で病気の進行が緩やかになるようにするのが目的になるといいます。透析については、急性腎不全で、廊下による慢性腎不全では昨日の根本的な低下のため、回復する可能性があまりないということです。

アクセス・連絡先

住所 〒666-0129 兵庫県川西市緑台1-1-48
電話 072-792-0707
ホームページ http://manon12.com/

 
 

関連カテゴリ