2015年11月1日更新

【北海道】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

北海道で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

アース動物病院

特徴

飼い主とのコミュケーションを大切にしているという病院です。猫の腎不全(尿毒症)についてですが、急性腎不全、慢性腎不全に分かれています。腎臓の働きは排泄機能による老廃物を体外に除去するとともに、水分や電解質などの調節をし、体内の恒常性を維持しています。 他にも骨代謝、造血および血圧調節なども行っています。腎臓の機能は75%まで代償されますが、それ以上の障害を受けると腎不全を起こしてしまいます。

急性の場合発症の約1週間以内に腎臓に障害を受け、急速に進行した状態をいいます。初期には多尿になる場合もあ りますが、末期では乏尿そして無尿となることが多く、食欲不振や嘔吐、神経症状などを示し、尿毒症状態となります。この場合、これらの状態を引き起こす原 因を除去し、輸液療法や人工透析などの迅速な治療が必要となります。 慢性は、数ヶ月~数年に及んで徐々に腎機能が低下し、末期では腎臓が萎縮してしまうことが多くみられます。 慢性腎不全は腎機能障害の程度で4段階に分類されます。早期に診断し早期に食餌療法を開始することが重要となります。早期診断のためにも健康診断を勧めています。日曜診療あり。

アクセス・連絡先

住所 〒090-0052 北海道北見市北進町4丁目3番43号
電話 0157-22-6367
ホームページ http://www.earth-pet.jp/

まつもと動物病院

特徴

安心して大切な命を託せる病院を目指している、というところです。循環器疾患、特に心臓病に関して、高度な検査、治療を行えるという病院なのですが、この病院の医師の学術論文のなかに、「慢性腎不全症例に対する経口吸着剤(クレメジンR)の臨床的検討、動物臨床医学」などがあります。診療は予約優先制です。新患で、検査が必要と思われる場合は、終了時間の1時間以上前に来院してほしいということです。ネット予約可能。犬と猫の夜間救急外来はまず電話が必須です。20:00-00:00対応。救急度合いが高い場合は休日、深夜、早朝受け付けも可能ということです。日祝も午前診療があります。不定期に休診がある場合があるので、そのときはホームぺージ「臨時診療時間変更」に告知が掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒041-0808 北海道函館市桔梗2-35-6
電話 0138-46-8151
ホームページ http://matsumoto-ah.com/

イコロ動物病院

特徴

飼い主の不安やご心配な気持ちをなくせるよう話を伺う事を第一に考えているという動物病院です。この病院では、腎不全の一例として、まずてんかんを起こした犬の例があげられています。よだれを垂らしボーっとする軽いものから、意識を失い全身ガチガチと痙攣し糞尿を漏らしてしまう重いものがあります。発作が起きている時間も数秒で終わるものから数分間続くものと様々だといいます。

てんかんの場合脳の異常(脳に病変がない場合と、病変が見られる場合に分かれる)、心臓の異常(不整脈、心不全など)、血液検査で異常が見つかる病気(低血糖・肝性脳症・低カルシウム血症・腎不全など)ということです。こちらでは、オゾン療法が導入されています。有効であると報告された症例の中に腎不全が含まれています。

アクセス・連絡先

住所 〒066-0029 北海道千歳市稲穂4丁目6-9
電話 0123-29-3156 
ホームページ 

大麻3番通り動物病院

特徴

気軽に相談でき、安全・安心を心がけた病院を目指しているという動物病院です。腎不全の症例があったためと、土日祝も、19:00まで診療がある(水、木は休診。)他病院が休みの際も診療があるということは、腎不全の通院には便利ということで選ばせていただきました。飼い主からの支持も多く集まっている病院です。診療対象動物は犬、猫、小鳥、ウサギ、ハムスター、モルモット、チンチラとなっています。電話に四つ診療受付を実施しています。診療の時間が近くなった時点で連絡があるシステムです(予約診療ではないので時間の指定はできません)。診療時間変更や臨時休診などの告知は、ホームページトップに掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒069-0846  北海道江別市大麻桜木町23-1
電話 011-388-1221
ホームページ http://sanhos.sharepoint.com/Pages/default.aspx

どうぶつ園通りの動物病院

特徴

グループ病院のコラムとして、「乏尿・無尿」があります。生理学的原因:血液量低下・低血圧(腎臓への血流量の不足:腎前性)、病的原因:急性腎不全と慢性腎不全の末期(腎臓での尿生産量が極度に低下:腎性)、尿管・膀胱・尿道に重大な障害(生産された尿が排泄されない:腎後性)という分類がされます。腎不全は、毒物摂取・電解質のアンバランス・アシドーシス(血液の酸とアルカリのバランスが壊れ、血液が酸性に傾くこと)・発熱・膿瘍・肝疾患などによって起こります。

急性腎不全では腎機能低下とともに乏尿・無尿がすぐに見られます。慢性腎不全ではオシッコを濃縮できず当初は尿量が増え、末期になると乏尿・無尿となります。乏尿・無尿は緊急を要する疾患です。命にかかわることも多いので、まず動物病院に問い合わせてほしい、ということです。その前に水ばかり飲んでいる、やせてきた、食欲が落ちてきた、吐く回数が増えた、下痢ばかりしているという症状が出ることもあるので、おかしいと思ったらすぐに問い合わせてください。年中無休で09:00-20:00までノンストップ診療を行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒078-8243  北海道旭川市豊岡13条5丁目4番25号
電話 0166-32-8899
ホームページ http://warabee.jp/doubutu/

新ことに動物病院

特徴

飼い主と動物たちの暮らしをサポートしているという動物病院です。この病院では鍼、東洋医学、整体マッサージなどを導入しています。関係のツボに置針・念針・対針・遠針・動針などをくみあわせて 症状を改善します。椎間板疾患、歩行障害などの神経系疾患や関節炎、形成不全、亜脱臼、老齢による変形性脊椎症、活力低下などの筋骨格系疾患、また、胃腸障害や分離不安、精神的ストレスの解消などに多くの力を発揮しているということです。東洋医学では、マッサージ、指圧、鍼などを行い、未病を見つけ、病気などの早期発見を可能としているといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒001-0906 北海道札幌市北区新琴似六畳13丁目1-5
電話 011-763-4740
ホームページ http://www.animal21.com/

あさひ町動物病院

特徴

なるべく、わかりやすい説明を行い、飼い主と動物たちが安心して治療を受けられるように心掛けているといる病院です。この病院ではオゾン療法、鍼灸治療を取り入れています。人医学ではドイツを中心としたヨーロッパで盛んに行われている治療法です。注腸法(オゾンガスを肛門から直接注入する。腸の疾患に有効であるが、ペットでは最も用いられる方法)などをはじめ、少量自家血療法、皮下注射法、オゾン水、オゾン化オイルなどがあるということです。診療対象動物は犬、猫、牛、馬、ヒツジとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒073-0015  北海道滝川市朝日町東3丁目2-51
電話 0125-22-7795
ホームページ http://asahimachi-ah.com/

アニマルクリニック永山公園

特徴

<東洋医学>と<西洋医学>を取り入れた「統合獣医療」を実践する動物病院です。この病院では鍼灸治療、オゾン療法を導入しています。鍼、東洋医学で効果が見られた疾病は椎間板ヘルニア、皮膚炎、腫瘍性疾患、アトピー性皮膚炎などですが、免疫不全、腎不全、心不全、てんかんの補助療法としても効果が見込まれるということです(現時点での費用は、初診 3,240円+診察料 1,080円、再診 2,160円+診察料 648円など。内容によっては別途費用がかかる場合もあります)。オゾン療法は、ガン治療の補完やアトピー性皮膚炎・自己免疫疾患・椎間板ヘルニア・創傷治癒の促進などに用いられているといいますが、他病院で腎不全に使用する例も多くあるので掲載させていただいています。

主に注腸法という肛門から腸管のなかにオゾンを注入する方法をとっているため、動物への負担を少なく短時間で治療を行うことができるということです(現時点での費用は、初診 3,240円+診察料 1,080円、再診 2,160円+診察料 648円など。内容によっては別途費用がかかる場合もあります)。腎不全や貧血その他に有効とされるホモトキシコロジーも試みられています。

アクセス・連絡先

住所 〒北海道札幌市中央区北2条東7丁目82番地ラポール永山西棟1F
電話 011-251-8333
ホームページ http://www.animalclinic-nagayamakouen.com/

イセ動物病院

特徴

ちっぽけだけど尊い命を大切にしていただきたいという当院スタッフの切なる願いから生まれたという動物病院です。症例に猫の腎不全があります。実施されている一般検査として、血液検査(貧血、白血球、赤血球、総タンパク質、フィラリアの有無、各種抗原検査、アレルギー検査(ダニ・ノミ・花粉など)、尿検査(全身の代謝状態、腎機能、肝機能、膀胱炎、腎炎など)、特別検査として血液性化学検査(肝機能、腎機能、その他内臓の疾患について)などが実施されています。診療対象動物は犬、猫、小鳥、ウサギ、ハムスターなどとなっています。日祝は、10:00-11:00まで診療がありますが、要予約となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒088-0616 北海道釧路郡釧路町曙3-2-5
電話  0154-36-5280
ホームページ http://www.dotoinfo.com/ise/index.htm

北海道大学 動物医療センター

特徴

二次診療施設として高度な医療技術がある病院なので、それぞれ各分野に特化した専門診療科と、各診療科同士をつなぐ密接な連携により動物にベストなケアを提供できるようになっています。こちらの病院は基本、ほかの動物病院の紹介が中心となっていますが、セカンドオピニオンを希望する飼い主には、紹介なしの受信にも対応しているということです。腎不全ですと一般内科適応となります。

元気がない・食欲がないといった漠然とした症状や、腎不全や尿の問題、ホルモンの病気など、内科全般を広く診察する診療科です。病気の診断がついた後には、より適切な診療科へ紹介する場合もあります。予約制なので(当日も予約可能ですが、先に予約している方が優先となります)、まず電話をかけてみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西10丁目
電話 011-706-5239 ※電話による予約受付時間 8:30~15:00 (土日祝日、休診日を除く)
ホームページ http://www.vetmed.hokudai.ac.jp/VMTH/

 
 

関連カテゴリ