2015年11月1日更新

【岡山】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

岡山県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

だて動物病院

特徴

動物の命に真摯に向き合う姿勢を貫きながら日々精進するという動物病院です。猫の腎不全については、ほとんどの猫は年をとると腎臓機能が低下してしまいます。 さらに腎臓は一度壊れると再生できない臓器という風に説明をしています。腎不全の症状としては、多飲多尿、脱水、尿毒症、貧血、高血圧などとしています。検査は尿検査の場合、早期診断が可能(腎臓での尿濃縮力を確認したり、尿タンパク有無の確認を行うことで腎臓の機能低下を早期に発見できる)ということで、7歳過ぎるころから年1回の尿検査を受け、できる限り早い段階で腎不全を検出することが重要ということです。

血液検査は、血液中のBUN(血中尿素窒素)、クレアチニンを測定することで、腎障害および尿毒症の程度を確認することができます。その他に、貧血の有無、血液中のリンやカルシウム、カリウムなどのミネラルバランスを確認することでより細かい病態の評価が可能です。療法は、食事療法、飲水量を増やす、吸着剤、ACE 阻害薬(降圧剤)、点滴、造血ホルモンの投与などとなっています。長生きする猫にとって“ きってもきりはなせない病気” です。早期診断、正しい 知識をもっての日常管理が行えれば、猫にとって、快適な生活が終生送れると考えているといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒719-1155 岡山県総社市小寺530-6 
電話  0866-90-0567
ホームページ http://date-vet.jp/

まび動物病院

特徴

些細な事でも相談でき、飼い主と動物にとって落ち着いた環境を提供できるようにしていきたいという動物病院です。腎不全のチェック(検査)として、尿検査(尿比重、尿タンパクの検査)、レントゲン検査、血液検査のBUN、CREA、TP、ALB、IP、腹部エコー検査などをあげています。休診日の告知については、ホームページトップに記載されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒710-1312 岡山県倉敷市真備町辻田183-2
電話 086-698-9011
ホームページ http://mabi-vet.jp/

倉敷いぬとねこの病院

特徴

健康診断・予防医療から専門的な獣医療まで幅広く提供させていただくホームドクターを目指しているという動物病院です。診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があります。腎臓病のチェックにも役立つい健康診断は、「健康診断セット」が用意されています。お手軽セット、一般健診セット、安心セットが用意されています。診療対象動物は犬、猫となっています。水曜日は休診ですが、日祝(午前)も診療があります。休診や時間変更の告知はホームページトップに掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒710-0802 岡山県倉敷市水江1198-6
電話 086-486-1843 
ホームページ http://www.kura-inuneko.com/

ひらい動物病院

特徴

診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があります。こちらの病院ではオゾン治療が導入されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターなど(鳥類・爬虫類・両生類・魚類の診察は行っていません。)となっています。水曜、祝日は休診ですが、日曜日も全日診療となっています。休診、院長不在などの情報はホームページトップに告知が掲載されています。夜間、時間外診療については、緊急の場合のみ(質問のみは受け付けていません)となっています。21:00以降については、ワクチンやフィラリアの予防を毎年している患者、重症例の動物にのみ渡している緊急携帯番号にかけるシステムです。

アクセス・連絡先

住所 〒719-0113 岡山県浅口市金光町佐方161-3
電話  0865-42-9050
ホームページ http://www.hirai-ah.com/

タキモト動物病院

特徴

動物の病気の治療を行うことはもちろんですが、オーナーに動物が病気にならないような飼い方の知識を持っていただけるように努めているという病院です。眼科診療に力を入れている病院ですが、診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があります。診療対象動物は犬、猫のみとなっています。診療は予約可能ということです。往診は予約制で対応可です。

アクセス・連絡先

住所 〒713-8102 岡山県倉敷市玉島1367-15
電話  086-522-6211
ホームページ http://www.optvet.com/

あおえ動物病院

特徴

犬・猫専門の動物病院で土日・祝日も診療しているというところです。慢性腎不全については、この病院によるとほとんどの猫が年をとってくると、最終的にはこの「慢性腎不全」になっていくということです。初期症状としては、水の飲む量が増える、おしっこの量が増えて薄くなる、体重が徐々に減ってくるなど。治療は、残念ながら、一度悪くなってしまった腎臓を元通りに治すことはできないので、残された腎臓の機能をこれ以上悪化させないよう、投薬や処方食を使います。

早い段階で発見し適切に治療を行い、弱った腎臓の機能を補助してあげれば、猫の生活をある程度快適な状態に保つことが可能です。なので、元気そうに見えても、最近水を良く飲むとか、少し痩せてきたかなとか感じるようであれば、早めの検査を勧めているということです。時間外、往診対応は可能な限りしているということなので、問い合わせてみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒岡山県岡山市北区青江5-1-1
電話 086-238-8090
ホームページ http://www.aoe-ah.com/

あさごえ動物病院

特徴

この病院では急性腎不全の症例があります。また、飼い主からの支持も多く集まっている病院で、対応もよく料金が良心的であるという評判も高いところです。インフォームドコンセントも行われており、またセカンドオピニオンにも選ばれていることも多いといいます。日祝(午前)も診療があるところです。診療対象動物は犬、猫です。駐車場有。診療は順番という情報がありますが、確認してみてください。

診療時間
月-土 09:00-12:00 16:00-20:00
日祝 10:00-12:00

アクセス・連絡先

住所 〒710-0026 岡山県倉敷市加須山302-3
電話  086-428-5885
ホームページ —————————–

おかだ動物病院

特徴

いつも家族みんなが笑顔でいられるようにサポートしたいという動物病院です。この病院では健康診断、ドックのなかに「腎臓ドック」が用意されています。主な対象として7歳以上の猫、退院もしくは多尿の場合としています。料金は(現時点で)9000円(と、再診料が必要で、追加検査をする場合もその料金がかかります)、検査項目は血液検査、尿検査、腹部レントゲン、泌尿器超音波検査となっています。わかる病気は腎不全、膀胱炎、尿石症としています。半日預かりで当日朝から絶食の必要があるといいます。ドックは予約制です。電話でも予約可能です。

アクセス・連絡先

住所 〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡600-26
電話 0865-63-7021
ホームページ http://okada-petclinic.com/

玉木動物病院

特徴

ペットの家族ひとりひとりとゆっくり症状について話せるように、遠慮なく気軽にご質問できるような雰囲気作りに努めているという動物病院です。慢性腎不全の症例があるので選ばせていただきました。診療時間は09:00-12:00で、午後は手術、検査、往診ということですので注意をして来院してください。日曜の診療もありますが、要予約ということです。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒704-8191 岡山市東区西大寺中野530-33
電話 086-943-5300
ホームページ http://www.geocities.jp/tamakianimal/

小出動物病院

特徴

動物の健康と命を守るために、という動物病院です。力を入れている(三次)診療科目として、軟部外科、肝臓、胆道系疾患の診断治療に最も力を入れているということですが、診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があります(高度医療が提供できるとしています。二次診療科目ということです)。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、モルモット、ハムスター、鳥類となっています。犬猫以外の生き物に関しては専門医がいないため、症状によっては診断を受けられないことがあるといいます。診療時間の変更、休診の確認はホームページ「診療時間」のところに告知が掲載されています。

一時診療については予約は不要ですが、セカンドオピニオン、および依頼診療(二次、三次診療)や特殊検査などについてはあらかじめ電話予約をするか、来院前に電話で確認してほしいということです。時間外診療については、原則として当院で毎年定期検診と各種予防(ワクチンやフィラリア予防)を実施されている動物の救急疾患と、当院で治療継続中の動物が急変した場合に限り対応しているということです。電話が必要です。

アクセス・連絡先

住所 〒714-1211 岡山県小田郡矢掛町東三成1236-7
電話 0866-83-1323
ホームページ http://www.ikasa-amc.com/index_top.html

 
 

関連カテゴリ