2015年11月1日更新

【宮城】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

宮城県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

菅原犬猫病院

特徴

「社会の要請に応える開かれた動物病院」「最先端の人医療技術の応用」が基本理念だという病院です。CTやMRIなど、高度な医療機器が導入されています。また放射線治療など最先端医療も取り入れられており、ヘルニア、腎不全、がん治療などを主な診療としてあげています(高度な機器があるので、脳脊髄疾患、がん治療などにも適しています)。

アクセス・連絡先

住所 〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼中江1丁目8-1
電話 0220-22-9308
ホームページ http://s-ah.com/

はらのまち動物病院

特徴

こちらの病院では体に優しい治療を心掛けているといいます。効果が大きいが福証もある治療法、治癒まで時間はかかるが体の負担が少ない治療法、安全で効果的だが費用が高額な治療法など様々ありますが、特に飼い主様の希望がない限り、体への負担が少ない治療法を優先するようにしているといいます。副作用のない免疫療法、食事療法や代替療法を組み合わせて、薬害をできるだけ最小限にすることが大切だと考えているといいます。

診療対象動物は犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスター、モルモット、チンチラ、ハリネズミ、セキセイインコ、オカメインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、マメルリハ、文鳥となっています(来院動物の3割がウサギだということです)。

アクセス・連絡先

住所 〒983-0842 宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目1-12
電話 022-296-3220
ホームページ http://www.small-animal.com/pc/index.html

エビス動物病院

特徴

人と動物がともに幸せに暮らすことを願っており、インフォームドコンセントを大切にしているという動物病院です。眼科診療に力を入れているということですが、診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があげられています。日祝(午前)も診療があります(金曜休診)。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒982-0034 宮城県仙台市太白区西多賀3-3-43
電話 022-341-6121
ホームページ http://ebisu-ah.jp/

先代プラム・アニマルクリニック

特徴

さまざまな症例に対応できる設備と技術を持って、的確な診断と診療ができる動物病院でありたいというところです。また、特徴として和漢治療を積極的に取り入れており、漢方薬や鍼治療、お灸なども導入しているということです。腎不全の疑いがある行動についてですが、猫が水をたくさん飲んでいて、尿の量も増えた場合の対応として、健康な猫一日の平均飲水量は、食事や運動量などにもよりますが、体重1kgで150ml、2kgで180ml、3kgで220ml、5kgで 310ml程度です。それ以上飲んでいて、尿の量が増える病気には、糖尿病や腎不全、肝不全、下垂体機能低下症、甲状腺機能亢進賞、クッシング症候群などがあります。病院で適切な診断を受けることをすすめているといいます。また、繰り返し嘔吐する場合、食欲があっても吐く場合は胃炎の疑いがあります。食欲がなく吐く場合は、感染症、中毒、胃内異物や腸閉塞などの胃腸疾患、肝炎、腎炎、耳内障害などの疑いがあるということです。

アクセス・連絡先

住所 〒981-0906 宮城県仙台市青葉区小松島新堤18-23
電話 022-739-9986
ホームページhttp://website2.infomity.net/8070000118/

伊藤動物病院

特徴

万が一病気、けがになった際は、再診の医療と丁寧な説明を提供するという動物病院です。こちらの病院でよく遭遇するという疾患の中に腎不全があげられています。健康診断は、春(3月)は尿検査や血液検査(血球計算・生化学検査)、X線検査を実施、秋(9-10月)は春に心配な結果だった場合やシニア期の犬猫が対象となり、身体検査、血液検査(9項目)、尿検査、レントゲンなどを受けられるようになっているといいます。猫が来院する場合、「かなり悪くなってから」が非常に多いように思うので、冬は、圧倒的に泌尿器の疾患が多くなりますが、飲水が減り尿が少なく濃くなる危険な時期ということを知っていれば、水の減り、尿量を注意し、異常を早期に発見できるということです。また、味付けが濃く飲水を促す尿用フードをいつまでも食べ続け、腎臓・肝臓を痛めている場合も高齢猫さんにはあるので注意をしてほしい、となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒982-0801 宮城県仙台市太白区八木山本町1丁目36-8
電話 022-229-9921
ホームページ http://ah-ito.com/

オカリナ動物病院

特徴

家族とその一員である動物たちとの信頼される懸け橋になりたいという動物病院です。診療科目として内科診療があり、また腎疾患、泌尿器疾患にも対応をしているといいます。火曜日は休診ですが、日祝(午前)の診療があります。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・ハムスター・鳥などとなっています(犬、猫、ウサギ以外は事前に問い合わせてみてください)。夜間診療についても仙台獣医師会 協同組合に加入し夜間救急動物病院(21:00-05:00 022-292-3299)と連携をとっているということです。

アクセス・連絡先

住所 〒981-3329 宮城県黒川郡富谷町大清水2-22-1
電話 022-725-8998 
ホームページ http://www.ocarina-ah.com/

丘の上動物病院

特徴

ペットの健康管理の基本は、「予防がすべて」と言っても過言ではない、ということです。最低でも年に1回はペットの健康状態をチェックし、把握する機会を作ってほしいといいます。その中でも内臓疾患、生活習慣病の予防として肥満・糖尿病・腎不全・歯周病などは、特に犬猫に多く見られる病気なので、体質や加齢による場合もありますが、食事をはじめとする生活習慣(歯磨きなど含む)を見直すことで予防が可能なこともあるとしています。自宅でのケアが心配な場合、気軽に相談してみてください。土日祝も診療があります(月曜午後、火曜は休診)。

アクセス・連絡先

住所 〒981-3102 宮城県仙台市泉区向陽台1-22-32
電話 022-218-9592
ホームページ http://okanoue-ah.com/

花園動物病院

特徴

インフォームドコンセントを重視した丁寧な診察、動物の健康を親身になって考え、より長く一緒に過ごせるように最善の治療を尽くすという動物病院です。診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があげられています。泌尿器とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道のことで、場合によっては尿路と表現されます。犬猫に多い病気で弱齢では尿石症・結石症、高齢では慢性腎不全が代表的で特に猫に多発する病気だといいます。慢性腎不全は高令(8才以上)の猫のほとんどが発症し、放置するとやはり尿毒症を起こし危険な状態となります。自己診断として水をたくさん飲む、嘔吐、年齢が8歳以上などを表記しています。一度検査をしてみてほしいということです。木曜日は休診ですが、特徴として日祝も16:00-19:00まで診療が行われています。

アクセス・連絡先

住所 〒981-0132 宮城県宮城郡利府町花園3-23-3
電話  022-356-7699
ホームページ http://www.hanazono-animal.com/

みやぎキャットクリニック

特徴

猫の診療が特徴の動物病院です。診療科目に内科があり、健康診断のCATドックがあること、また日祝(午前)も診療があることなどから選ばせていただきました。往診可(予約制)。猫以外の動物の診療は予約制となっています。入院などの対応は猫のみとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台3丁目13-86
電話 022-295-2885
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0222952885/index.html

よしなり動物病院

特徴

この病院では老齢動物で非常に多い疾患のひとつとして、慢性腎不全をあげています。腎臓は一度壊れてしまうと元には戻らず、輸液療法や食事療法などにより、残った腎臓の機能を維持していくことがメインの治療法となります。そして残っている腎機能を維持していくために、早い段階でフード変更や内服などを始めることが必要となってくるのです。しかし、血液検査での腎数値(BUNやクレアチニン)は、腎機能の70~80%が失われなければ基準値を超えてこないのが現状です。

尿検査、超音波検査のほかにこの病院では糸球体(腎臓のろ過装置)のろ過量を測定する方法を勧めているといいます(検査には時間がかかるので予約制)。岩手大学での猫の腎移植プログラムへの紹介も相談してほしいということです(腎不全以外の基礎疾患を持っていないことなど条件があります)。休診の告知はホームページトップ「新着情報」に掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒989-3205  宮城県仙台市青葉区吉成1丁目9-20
電話  022-346-1125 
ホームページ http://yoshinari-vet.com/