2015年11月1日更新

【京都】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

京都府で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

足立獣医科病院

特徴

地域のホームドクターとして信頼される病院を目指しているというところです。動物の高齢化に伴う心疾患、腎不全、腫瘍などの高齢動物の治療に力を入れているといいます。腎不全についてはブログ等でたくさん記事を書いており、現在も慢性腎不全での治療継続中の猫が複数いるといいます。尿比重、高リン血症、リン濃度、貧血、その他についていろいろと書いている記事があります。犬の腎不全についてはシスタチンCという検査でかなり早期に発見できるようになったとあります。IRISという分類でステージ4(一番状態が悪いステージです)そして腎不全で一番嫌な事の一つに貧血があります。腎臓は尿を作るだけではなく、エリスロポイエチンという造血を促すホルモンを分泌します。腎不全の末期では尿が作れなくなる(乏尿、無尿)のが一般的ですが、もう一つの症状として、貧血があるといいます。時間外、夜間救急については、緊急の場合に限りできるだけ対応をしているということです(不在の時等、対応できない場合もあります)。まず電話をかけてみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒610-0121 京都府城陽市寺田新池81-4
電話 0774-52-4658
ホームページ http://www.adachi-vet.com/

みなせ動物病院

特徴

西洋医学と代替療法のそれぞれの長所を生かせるよう、統合医療を行っており、ホメオパシーや鍼灸等を活用したホリスティック医療を積極的に取り入れ、治療にあたっている動物病院です。この病院では複数の代替療法(ホリスティック治療)を受けることが可能です。副作用が少ないという特性から、他の治療との併用も可能です。通常治療で満足する結果が得られていないときご一考してほしいといいます。内容は、高濃度ビタミンC点滴療法(がん)、オゾン療法(アレルギー、椎間板ヘルニア、がん)、栄養療法、ホモトキシコロジー(腎不全など)、漢方、鍼治療(椎間板ヘルニア、後脚麻痺、腰痛)、リハビリ、レーザー温熱(がん、腫瘍)などがあります。診療対象動物は犬、猫、小動物、鳥、爬虫類などとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒618-0071京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田2-47
電話 075-952-7772
ホームページ http://minase-ah.com/

オリーブ動物病院

特徴

一般診療、予防医療のほか、犬、猫、フェレットの循環器疾患(心筋症、MR・TR弁膜症、肺高血圧症など)、東洋医学(鍼灸・漢方・ホモトキシコロジー・老犬猫ケア・ヘルニア疾患・腎不全・免疫)、しつけなどにも力を入れているとう病院です。ホモトキシコロジーは、他病院でも腎不全に有効とされている方法ですので、問い合わせてみてください。時間外診療については、できる限り対応をしているということです。留守番電話に切り替わった時は対応不可のときということです。その場合他院、もしくは南京都夜間動物病院を受診してほしいといいます。

診察対象動物は、犬・猫・フェレット・うさぎ・ハムスター・小鳥となっています(その他の動物は電話確認を手診てください)。予約は、前日までにネットか電話でします。予約なしの場合は、診療開始30分前から配布される整理券をもらってください。予約が終わり次第順次診療を受けるシステムです。急患に関してはすぐに処置をするということです。

アクセス・連絡先

住所 〒607-8035 京都府京都市山科区四ノ宮神田町12-5
電話 075-501-2139
ホームページ http://olive-vet.com/

オーク動物病院

特徴

コミュニケーションを大切にした診療とペットたちに最適な医療と心のこもった看護を心がけているという動物病院です。糖尿病、心臓病、肝臓病、腎不全、関節炎や腫瘍などの疾患になり易くなる中高齢期の犬猫に関しては、健康診断を勧めているといいます。

体内から徐々に進行していくこれらの病気は、外見だけでは判断できないものが多く、病気の早期発見、早期治療をするためには、血液・心電図・レントゲン・超音波検査などによる定期健康診断が有効だということです。ペットドック(健康診断)はかんたんパック、あんしんパック、しっかりパックがあります(いずれも完全予約制)。診療対象動物は犬、猫、フェレット、ハムスター、ウサギとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒606-0031 京都府京都市左京区岩倉南桑原町14
電話 075-703-7600
ホームページ http://www.oak-ah.com/

ダクタリ動物病院 京都医療センター

特徴

HANB(人、動物、自然の絆)の精神のもと、動物医療を通じて人と動物が共存して暮らせる幸せな社会を目指しているという動物病院です。CTなど高度な医療機器が導入されています。セカンドオピニオンも実施しており、受け付けています。免疫療法、リハビリテーション、輸血、CT、行動診療などの特殊診療を希望される場合は、予約の際にその旨を伝えてください。腎不全の早期発見のための健康診断は「ダクタリ診断(AまたはB)」が用意されています。定期的検診を行い、病気の早期発見に努めてほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒615-8234 京都市西京区御陵塚ノ越町20-9
電話 075-382-1144
ホームページ http://www.daktari.info/

たかやま動物病院

特徴

ちょっときになる、そんなときに頼ってもらえる医院でありたいというところです。腎不全については、初期は無症状のため、定期的な検診を勧めています。症状としては多飲多尿、よだれ、嘔吐、食欲不振、体重減少、ふらつき、寝てばかりいる、などとなっています。原因は高齢になったためのほか、食事の偏り、慢性口内炎、ウイルス感染などとなります。治療は、投薬治療、注射、点滴、食事の改善などを行っているといいます。休診の予定などはホームページトップに告知が記載されます。夜間は、南区の京都夜間動物救急センター(21:30-0200 075-693-9912 電話必須)に連絡をしてほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒601-1375 京都市伏見区醍醐高畑町68-5
電話 075-575-3555
ホームページ http://www.takayama-ac.com/

吉田ペットクリニック

特徴

新医療を取り入れ、動物の健康維持と飼い主の幸せな暮らしのために、スタッフみんなで精励していく、という動物病院です。早期診断・早期治療は健康家族の最低条件です。特に、猫の慢性腎不全は早期治療が不可欠だということで、定期健康診断を勧めています。ほかに標準体型を保つこと(心臓・関節・内臓機能に悪影響を与えないように)、避妊去勢をすること(病気の発症を抑える)、歯を磨くこと(歯をきれいにしないと歯槽膿漏、その他腎臓疾患にもつながる場合があります)なども推奨しています。臨時休診などの告知はホームページトップに掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒616-8126 京都府京都市右京区太秦椙ケ本町5-7
電話 075-881-3588
ホームページ http://www.yoshidapet.com/

いろは動物病院

特徴

日進月歩の獣医療の知識・技術を取り入れながら、日々の診療に真摯に取り組み続けたいという動物病院です。腎不全についての注意としてこの病院があげているのはブドウです。ペットが食べていけない食物はたくさんありますが、中でもブドウ類(ブドウ、レーズン)は腎不全を引き起こすとして注意を呼び掛けています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、小鳥などとなっています。来院が難しい場合往診(予約制)が可能ということです。地域にもより、診療内容に限りがあるので相談してみてください。診療時間外の急患対応については、留守電に指名、電話、動物の状態、症状などを残すろ、対応可能な場合は10分以内に折り返し電話をするということです。

アクセス・連絡先

住所 〒619-0218 京都府木津川市城山台7-41-1
電話 0774-46-9099
ホームページ http://www.iroha-ac.com/

青木獣医科病院

特徴

ペットと飼い主を大切にし,信頼に応える診療施設を目指しているという動物病院です。腎不全については、急性腎不全などについても症例があります。慢性についても一般診療、健康診断、投薬治療など様々な対応があります。飼い主からの支持も多く集まっている病院です。高齢の場合や、車がないなどで病院に行きづらい場合は、往診も可能ということです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターとなっています。予約可。時間外についてもできる限り対応をしているということですので、まずは電話をかけてみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒617-0002 京都府向日市寺戸町渋川22-7
電話  075-933-0124
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0759330124/index.html(iタウンページ)

さわべ動物病院

特徴

ペットの病状、飼い主の希望を十分考慮し、多種ある治療法の中から最もあった治療法を探すという動物病院です。西洋医学から代替医療まで様々な医療を行っています。他病院でも腎不全に効果があるとされているホモトキシコロジー療法も導入されています。ホモトキシコロジー製剤は、植物、鉱物、動物などを原材料として作られ、基本的に副作用はありません。またこの製剤は病気の症状を無理に押さえ込むことはせず、症状の根本的な原因に対して効果があります。 ホモトキシコロジー製剤と他の薬剤間で相互作用はありません。したがって、従来の西洋医学の治療との併用も問題なく使用できます。

アクセス・連絡先

住所 〒606-0047 京都市左京区上高野薩田町1-8
電話 075-723-0002
ホームページ http://www.sawabeac.jp/

 
 

関連カテゴリ