2015年11月1日更新

【群馬】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

群馬県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

あすなろ動物病院

特徴

地域のホームドクターとして信頼され、インフォームドコンセント(十分な説明と納得)を重視し、動物たちの苦痛や飼い主の不安を取り除くことができる動物病院を目指しているというところです。こちらの病院では、自宅点滴などにも対応をしてくれるという情報があります(確認してみてください)。また、漢方薬も取り入れており、腎不全の猫へ処方することもあるようです。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・ハムスター・フェレット・鳥類(小鳥)などとなっています。診療は来院順ですが、緊急の場合最優先となるということです。日祝(午前)も診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒374-0073 群馬県館林市足次町1048
電話 0276-60-5806
ホームページ http://www9.plala.or.jp/asunaro_ah/

桐生中央動物病院

特徴

長年の臨床経験及び最新の獣医学を常に取り込み、心のこもった診療に努めているという動物病院です。高齢になった猫には往々にして腎不全を発症しているケースを見かけます。生後8年を経過した猫の定期健診をお受けになる様、強く勧めているといいます。キャットドック(健康診断)も用意しているので、詳細は病院に問い合わせてみてください。診療対象動物は小動物、小鳥及エキゾティックペットとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒376-0005 群馬県桐生市三吉町2-2-31
電話 027-747-0743
ホームページ http://www.kiryu-ah.jp/

大久保動物病院

特徴

CTなど高度な医療機器が導入されている動物病院です。また、日本動物病院協会(JAHA)の定める認定病院でもあります。腎不全の症例も多く扱っているということで選ばせていただきました。診療対象動物は、猫、鳥類、小動物、爬虫類、両生類となっています(個体差、症状などにより診察ができない場合があるということなので問い合わせてみてください)。

アクセス・連絡先

本院
住所 〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町357−9
電話 027-361-2077

動物医療センター
住所 〒379-0115 群馬県安中市中宿1-9-13
電話 027-582-7177

ホームページ http://www.okubo-ah.com/

かなや犬猫鳥の病院

特徴

どんな小さなことでも気兼ねなく相談できるような動物病院を目指しているというところです。日祝(午前)も診療が行われていること、飼い主からの支持も多く集まっている病院であることからこの病院を選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、鳥が中心で、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、リス、チンチラ等も診療しています(爬虫類、両生類は診療していません)。休診の告知はホームページトップに記載されています。特に鳥は当日予約も可能ではありますが、込み合うので日数に余裕を持って予約をしてほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒370-0018 群馬県高崎市新保町264-3
電話  027-386-9275
ホームページ http://kanaya-inunekotori.com/index.shtml

カルテット動物病院

特徴

病気だけを診るのではなく動物を診て、飼い主とともにオーダーメイド医療を行なうという動物病院です。レーザー治療、鍼治療なども導入されています。基本全科診療となっていますが診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があります。日曜日も午前(10:00-13:00)診療があります。診療対象動物は犬、猫、鳥、ウサギ、フェレット、ハムスターなど小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒370-0802 群馬県高崎市並榎町349-14
電話 027-386-2662
ホームページ http://quartet-ah.com/

みどりの森動物病院

特徴

この病院では猫の代表的な病気として腎不全をあげています。腎不全が進行すると尿毒症症状が見られ、神経症状が見られてしまうことがあります。腎臓は物言わぬ臓器であり、発見が遅れる傾向にあり、また治療を積極的に行なうことの出来ない臓器であるため、腎不全は非常に頭を抱える疾患となります。多飲多尿や食欲不振、体 重減少などが主訴で来院されることが多いです。

血液検査や尿検査で確定診断に至りますが、軽度の腎不全では検査値に異常を来たさず、症状は殆ど見られないため、定期的な健康診断と各種検査を行なうことがよいでしょう。早期発見、早期治療が腎不全の進行を遅らせる効果がある為、検査値に異常が見られた ら生活環境の改善や処方食への移行が有用です。進行した腎不全の猫では、皮下補液や栄養管理、活性炭製剤による対症療法が行なわれます。

アクセス・連絡先

住所 〒379-2312 群馬県みどり市笠懸町久宮110-38
電話 0277-40-5521
ホームページ http://www.midorinomori-vet.sakura.ne.jp/

木村動物病院

特徴

世界で一つの命に、家族と一緒に向き合いサポートするという動物病院です。わんにゃんドック(健康診断)が用意されており、幼~若齢期(~2歳)の場合、栄養状態・成長状態の確認や、心臓や肝臓の発達不全、寄生虫感染、骨格異常などのチェックを中心に実施、若~中齢期(2~9歳)の場合、食生活や習慣による肝障害、尿異常や、子宮の異常、中高齢での心臓の異常などのチェックを中心に実施、高~老齢期(10歳~)の場合、心臓、肝臓、腎臓などの内臓疾患、腫瘍疾患、骨関節異常チェックを中心に実施となっています。特に腎不全の場合は高齢から老齢期のドックを受けるとよいでしょう。尿路結石から、膀胱炎、細菌感染、出血、重度な場合は尿の通過障害や急性腎不全(尿毒症)を起こすこともあるので、泌尿器疾患も注意してあげてください。

アクセス・連絡先

住所 〒群馬県高崎市吉井町池1369-1
電話  027-387-2520
ホームページ http://kimuraah.web.fc2.com/

すばる動物病院

特徴

東京23区、埼玉県、栃木県、群馬県で往診を行っている病院です。応診料、初診料がかからないのが特徴となっています。腎不全の場合の点滴などをしたいけれど、自宅点滴は難しくてなかなかできない、多頭飼育で病院に連れて行きづらいなどの時に便利かと思います。21:00まで対応があります(火曜休診)。ワクチン、フィラリア予防薬、ノミダニ駆除薬、その他各種治療や検査なども受けることができます。一例として皮下注射2000円から、皮下点滴2000円から、静脈点滴3000円から、投薬量500円から、血液検査料4000円から、尿検査料1000円から、等となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒——————–
電話 080-9509-9696
ホームページ http://subaruclinic.jp/

アルプス動物病院

特徴

人と動物のコミュニケーションを大切に診察活動をしているという動物病院です。勉強会で、猫の慢性腎不全薬セミナーなどに参加しています。猫の慢性腎臓病は、ペットの高齢化に伴い近年増加傾向にあります。慢性腎臓病になると多飲多尿、脱水、食欲不振、嘔吐、体重減少、便秘、下痢などの症状が見られます。進行性の病気で、次第に老廃物の排出が出来なくなるため、尿毒症など死に至る症状に陥ることがあり、注意が必要です。腎臓病は比較的多い病気で、早期発見、早期治療が大切です。猫の様子がおかしいなと思ったら、早めに来院してほしいということです。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター等の小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒群馬県高崎市芝塚町1793-15
電話 027-322-1286
ホームページ http://alps-ac.jp/

たけごし動物病院

特徴

この病院では慢性腎臓病についていろいろと説明をしています。慢性腎臓病で明らかな症状がでているケースでは、すでに病気がかなり進行しています。したがって早期発見早期治療が大事になります。そのためには動物(特に猫の場合)が健康そうにみえても、定期的に検査を行うことが重要です。

慢性腎臓病を早期発見するためには尿検査(尿の比重が下がっていたり尿中にタンパク成分が含まれるなど)を行います。また、血液検査(腎臓が約75%壊れると、血液検査上に異常があらわれてきます。 BUN/尿素窒素やCRE/クレアチニンなどの数値が上昇)なども実施します。

アクセス・連絡先

住所 〒372-0812 群馬県伊勢崎市連取町1361
電話 0270-75-4505
ホームページ http://takegoshivetblog.blog.fc2.com/(ブログ)

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【徳島】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【三重】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【茨城】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【山梨】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【山形】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全