2015年11月1日更新

【三重】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

三重県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

けい動物クリニック

特徴

地域に親しまれ、人も動物も安心できる病院づくりで大切な家族の笑顔と健康な生活をサポートするというところです。診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があります。腎疾患の早期発見につながる健康診断として「わんにゃんドック」が用意されています。と9才までは年1回、10才からは半年に1回の「わんにゃんドック」の受診を勧めているといいます。10歳を過ぎると、心臓病・腎臓病・関節疾患・白内障などの病気が多くみられるため、初期段階で発見して治療していくためにも半年毎の健診が必要ということです。

コースは基本コース、安心コース、しっかりコース、ねこちゃん腎・泌尿器コース(一般身体検査、尿、分便検査、爪切り、耳掃除、電解質検査、血液/腎機能検査のみ)があります。現時点で通常料金3700円のところ腎・泌尿器コースのドック料金は4000円となっています。木曜は休診ですが、日祝も診療があります(ほかの日は20:00まで、日祝は18:00まで診療あり)。

アクセス・連絡先

住所 〒511-0924 三重県桑名市城山台10番地
電話 0594-24-9912
ホームページ http://kei-ac.net/

ルナ動物病院

特徴

安心して来院できる動物病院を目指しているというところです。慢性腎不全についての説明は、高齢の猫では死因の上位を占める怖い病気としています。発症のリスクは、おおよそ7~8歳ごろから急速に高まるといわれています。腎臓は正常な腎臓機能の75%が失われないと、症状が現れません。逆に、症状が現れたころには腎臓がかなりダメージを受けている状態といえます。肝臓と違って、腎臓には自己再生能力がありません。症状としては、多飲・多尿、食欲低下、毛ヅヤの悪化、嘔吐、元気消失、貧血などが現れます。治療の大原則としては、完治が望めない病気だけに、病気の進行を少しでも遅らせることにあります。

初期の治療としては、点滴による脱水の改善、尿を作らせて尿毒素を排泄させます。ほかに、進行度合いによって腎不全用療法食の給餌、尿毒素吸着剤の投薬、皮下点滴による水分補給、血圧降下剤の使用、リン吸着剤の投薬、.血液検査にて定期的な腎機能のチェックなどを実施します。診療対象動物は犬、フェレット、ウサギ、ハムスター、小鳥などとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒514-0007 三重県津市大谷町148
電話  059-222-5115
ホームページ http://www.luna-animal.com/

東山動物病院

特徴

腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院なので選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫となっています(看護師がおらず獣医師1人という情報もありますので、暴れる犬猫の場合、保定できる飼い主が診療に行くことが必要かと思います)。診療時間については不明なので、来院前に確認したほうがいいかもしれません。また、日曜日も診療があるという情報もあるので、そちらも確認をしてみてください(定休は水曜日という情報もあります)。

アクセス・連絡先

住所 〒510-0234 三重県鈴鹿市江島本町22-1
電話 059-388-4688
ホームページ ————————-

こんどう動物病院

特徴

幅広い分野の知識を網羅した、総合診療医(ジェネラリスト)を目指しているという動物病院です。治りにくい皮膚病、目の病気に特に力を入れているということですが、この病院では慢性腎不全にかかわる病気として、高血圧性眼症、 高血圧性網膜剥離などをあげています。いずれも一般的には、猫の慢性腎不全に伴う2次性高血圧症が多いといいます。そのため性腎不全の高齢猫では、血液検査だけではなく、定期的な血圧測定を勧めているといいます。腎不全であれば、腎不全の治療と並行した降圧剤を投与する治療となります。10歳を越えたら、血液検査と血圧検査を、猫ではご検討してほしいといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒519-0504  三重県伊勢市小俣町宮前724
電話 0596-22-3929
ホームページ http://kondo-vet.com/

さくらペットクリニック

特徴

症例に腎疾患・泌尿器疾患があることから選ばせていただきました。また、飼い主からの支持も多く集まっている病院です。対応が動物にとってとてもよく、インフォームドコンセントも丁寧だという評判があります。診療対象動物は犬、猫となっています。診療時間、休診などについては確認の上来院をしてください。

アクセス・連絡先

住所 〒518-0810 三重県伊賀市平野東町14-1
電話 0595-26-4111
ホームページ ——————–

アニー動物病院

特徴

あなたの大切なな命のために、にQOLを考えた心ある治療を目指している、という動物病院です。腎不全については、「リン吸着製品」の登場による為、猫の慢性腎不全の治療法が新しくなった(2012年11月)ということを表記しています。猫の慢性腎不全はとっても多く、高齢の猫の死因の上位をしめる怖い病気です。この病気に罹っている猫の血液中にはリンという成分の数値が高くなりそれが慢性腎不全をより悪化させていることが判っています。そこで新しい薬「リン吸着製品」を使用する事によって、食事中のリンを吸着し低減します。

残念ながら、失われた腎機能が完全に回復する事は有りません。しかし早期に治療を開始する事で進行を遅らせる事が出来ます。最初の症状は水をよく飲む、尿を多量にする、です。気になる猫は血液検査をしてほしいといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒514-0003 三重県津市桜橋3丁目433
電話 059-228-3555
ホームページ http://anny-ah.com/

菜の花動物病院

特徴

思いやりの診療を心掛け、地域の皆様の大切なペットを守る、という動物病院です。腎不全の猫の症例が複数あるため選ばせていただきました。シニアの猫などの食欲が落ちたり元気が無い様子が見られたら 早めに来院してほしいということです。飼う主と一緒に治療の方針を立て、ホームケアやセカンドオピニオン紹介、専門病院紹介もしています。ホームページで里親募集を掲載するなど、ボランティア精神がある動物病院でもあります。日曜(午前)も診療があります(水曜日、祝日は休診)。診療対象動物は犬・猫・兎・フェレット・モルモット・ハムスター・シマリス・小型インコ・文鳥となっています。必要に応じ、専門的な治療を行う病院を紹介したりセカンドオピニオンを行うということです。

アクセス・連絡先

住所 〒519-0165 三重県亀山市野村4-1-2
電話 0595-84-3478
ホームページ http://www.nanohanavet.com/

佐々木動物病院

特徴

「十分な説明、相談、適切な治療」を心がけ、地域に根付いたホームドクターであることを目標としているという動物病院です。診療科目に各種予防、一般診療、内科があります。こちらの病院で腎不全の原因の一つとして挙げているのが、ブドウ、干しブドウです。有害成分は特定されていませんが、犬で嘔吐・下痢・腹痛を呈し、数日後に腎不全が発現するとされ、腎不全から死亡した例もあります。猫ではまだ報告はありませんが、注意が必要ということです。

診療対象動物は犬、猫となっています。その他は問い合わせてみてください。一般外来は予約なしでも可能です。手術、特殊検査は予約が必要です(電話予約も可能)。往診対応あり。時間外診療は救急については可能な限り対応をしているということです。

アクセス・連絡先

住所 〒510-1233 三重郡菰野町菰野2278-2
電話 059-394-3050
ホームページ http://www.sasaki-ah.com/

津北動物病院

特徴

大切なペットのホームドクターを目指しているという動物病院です。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院なので選ばせていただきました。日祝(午前)も診療があります。診療時間については、ホームページ「動物からのお知らせ」で告知しています。基本、来院順の診療となっています。動物の状態によっては順番の変更をすることがあるということです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、その他小動物となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田2097-1
電話  059-236-5060 
ホームページ http://www.tsukita-ah.com/

原獣医科病院

特徴

飼い主が納得いくまで親切・丁寧に病気や治療の説明をするよう心がけているという動物病院です。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院なので選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、鳥などとなっています。

アクセス・連絡先

原獣医科病院
住所 〒517-0023 三重県鳥羽市大明西町14-5
電話 0599-26-3411

志摩動物病院
住所 〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3235-1
電話 0599-43-0032

大王動物病院
住所 〒517-0603 三重県志摩市大王町波切楠木2107
電話 0599-72-4632

ホームページ http://www.hara-vets-group.jp/

 
 

関連カテゴリ