2015年11月1日更新

【新潟】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

新潟県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

げん動物病院

特徴

動物たちが元気で健康に暮らせるようにお手伝いする、という病院です。健康検査のキャンペーンなどのとき(秋の健康検査など)は、通常より検査料金が安価になるので、そういうときに普段診断を受けてない場合、チェックを受けてほしいといいます。健康診断は問診、触診、聴診、血液検査16項目のセットとなっているそうです。(※腎臓病のチェックについては、尿検査も頼んだほうがいいかもしれません。)特に10歳以上の猫の場合、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症が良く見られる病気なので、より健康検査を勧めています。健康検査はこれらの病気を早期発見して、治療につなげることができます。

慢性腎不全は腎臓の機能が徐々に低下して、老廃物を尿として排泄することができなくなる病気です。慢性腎不全では機能が破壊された腎臓を元に戻すことができません。しかし、早期に発見して食生活の改善や薬の投与などで病気の進行を遅らせることができます。また、熱中症の季節には、高齢の場合、心臓や腎臓などの持病がある場合は特に注意してほしいということです(速く荒い呼吸、眼や粘膜の充血などが熱中症の徴候)。

アクセス・連絡先

住所 〒949-8615  新潟県十日町市中条甲451
電話 025-750-5562
ホームページ http://genanimal.com/

しろね動物病院

特徴

最近、食欲がない。毛艶が悪い。いつもと様子がちがう。などがある場合、早目に病院に行ってほしいといいます。早め早めの行動で、大事な動物を病気や怪我から守ってあげましょう。普段からの検査も重要だということです。犬猫の平均寿命が伸びているため、高齢性疾患は増加する傾向にあります。悪性腫瘍、心臓病、腎不全、肝不全があげられます。これらは先天的なものと、後天的なものがありますが、後天的なものとして栄養素バランス異常、高カロリー食過剰摂取、いわゆる太りすぎなどが引き金となっていることが多く見られるといいます。

病気の早期発見・治療をするためには糞尿・血液・血清・心電図・レントゲン・超音波検査が非常に有効だということで、また尿検査は健康診断の基本(この病院では蛋白(たんぱく)、ブドウ糖、潜血(せんけつ)、pH、比重、尿沈渣、など12項目以上にわたって検査)だともいいます。診療時間の変更などは、ホームページトップ「新着お知らせ」に告知が掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒950-1217 新潟県新潟市南区白根1242-9
電話 025-372-5234
ホームページ http://www.shirone.jp/

小島動物病院アニマルウェルネスセンター

特徴

家族に寄り添い、安心して来院できる動物病院を目指しているというところです。高齢動物のケアにも力を入れているといいます。一例としてこの病院があげているのは高齢の猫に多い病気のひとつ、腎臓病です。7歳以上の中・高齢期を迎えた猫では年齢がすすむにつれて慢性腎臓病にかかる割合が増えています。慢性腎臓病とは腎臓の障害が徐々に進行し、腎臓の機能が果たせなくなってしまう病気です。 腎臓に障害がおこると体の老廃物が尿とともに排泄されずに体内に蓄積して嘔吐や下痢をおこしたり、水分の再吸収ができずに脱水症状をおこしたりします。

腎臓の主な働きである「尿をつくる」最小単位をネフロンと呼びます。ネフロンはいちど障害を受けるとその機能は回復しません。腎臓は全体のネフロンの70%程度が機能していなくても残っている正常なネフロンで尿をつくるため特に症状として現れてきません。多飲多尿に気付いたときにはネフロンの70~75%が壊れてしまっているといわれています。そのため、早期に腎臓機能低下を発見し、食事療法、投薬による治療を始める必要があるということです。検査は、血液検査、尿検査などが大切です。慢性腎臓病の病気のサインは多飲多尿、元気、食欲の低下、毛づやが悪くなる、体重減少、嘔吐下痢、歯茎が白い(貧血)などとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒956-0832 新潟市秋葉区秋葉2丁目14-68
電話 0250-24-2223
ホームページ http://www.animal-wellness.co.jp/

エンジェル動物病院

特徴

「MSHT カーボンフードの猫腎不全に対する臨床試験」の臨床に参加した実績があります。そのためこの病院を選ばせていただきました。MSHTカーボンフード(ヘルスカーボン0.2%配合)を腎不全と診断された猫18例に給与し、嗜好性、効果について検討したものです。「血液検査においてBUN、クレアチニンの上昇を抑制できる可能性が示唆された。また血液検査においてBUN、クレアチニンの上昇を抑制できる可能性が示唆された。また臨床症状については、有意的な変化ではなかったが、口臭の改善傾向がみられた。また飼主判定および獣医師判定ともに有効率が85. 7%であり、高い有効率を示した。嗜好性においては、良いと普通の合計比率が平均,77. 7%とほぼ,問題ない結果であった。また,全症例で副作用は認められなかった。現在猫の腎不全において、活性炭製剤の,使用は一般的な治療方法であるが、今回の試験に用いたMSHTカーボンフードでも同様の効果が期待できると考えられた」(抜粋)ということです。

アクセス・連絡先

住所 〒953-0041新潟県新潟市西蒲区巻甲1537-2
電話 0256-76-2188
ホームページ ————————-

石山動物病院

特徴

町の小さなあたたかい動物病院をめざすというところです。家族としての掛け替えの無い絆、その絆をなるべく永く継続するお手伝いをするのが私共の使命だと思っているといいます。腎不全の猫について、飼い主からの支持もある病院なので選ばせていただきました(手がけた症例があり、セカンドオピニオンで腎不全の猫もこの病院を選んだという例もあります)。診療対象動物は犬、猫、モルモット、ハムスターとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒950-0836 新潟県新潟市東区東中野山1-2-11
電話 025-277-4427
ホームページ http://www.ishiyama-ah.com/

ワン!ペットクリニック

特徴

地域に密着した病院を目指し、”かかりつけ病院”システムを重視しているというところです。慢性腎不全の猫を診療した症例などがあります。インフォームドコンセントが行われていたと飼い主からの評判も高いといいます。診療対象動物は犬、猫、小鳥、小動物となっています。予約制塀用システムを導入しています。電話予約が可能で、あらかじめ予約をしておくと優先的に診療を行うということです。

アクセス・連絡先

住所 〒940-0875 新潟県長岡市新保5-4-1
電話 0258-25-2881
ホームページ http://www.wanpet.com/

永松動物病院

特徴

ひとと動物どちらにも優しい動物病院でありたいというところです。高齢な被災猫(福島で、震災時に保護され、新潟に避難した猫)の腎不全を治療していた実績があります。そのためこの病院を選ばせていただきました。この病院では、活性化リンパ球療法や幹細胞移植などの再生医療にも取り組んでいます。緊急疾患の場合は、診察時間外でもできるだけ対応をしているということなので、まず電話をかけてみてください。夜間については、獣医師不在などで対応できないときは、新潟動物夜間救急センターの会員病院ですのでそちらが対応となります。

アクセス・連絡先

住所 〒950-2044 新潟県新潟市西区坂井砂山2-3-10
電話 025-260-3513
ホームページ http://www.nagamatsu-ah.com/

もろみざと動物病院

特徴

病気には、慢性経過をたどったり、体質や食習慣や環境によってゆっくりと病気になっていくものが多くあります。そういう傾向を把握し、悪化させないようケアして生活できれば、健康寿命を長くしてあげることができます。この病院では定期健診の予約はいりません。血液検査をする場合は朝食を食べないほうが望ましいということです。また腎不全のサインを早い時点で拾うには、血液より尿検査(尿微量アルブミンクレアチニン測定含む)とエコーを合わせた診断がよいということです。当日の尿を持参してください。

定期健診は、犬4、5月、猫11、12月、ウサギ3か月に1回が普段より安価にできるということです。また、腎臓検診も用意されており、初診時に身体検査、血液と尿、必要に応じてエコーで検査診断します。診療対象動物は犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、モルモットということです。

アクセス・連絡先

住所 〒950-2015 新潟県新潟市西区西小針台1-16-11
電話 025-265-4837
ホームページ http://kemoja.punyu.jp/mrm/

シートン動物病院

特徴

自然を尊び動物を大切にすることで、豊かな社会が訪れると信じているという動物病院です。JAHA(日本動物病院福祉協会)認定病院でもあり、日本高度動物医療センターとの連携もあるため選ばせていただきました。また飼い主からの支持も多く集まっているところです。力を入れている部門はペインコントロールとなり、ほかに眼科専門医、麻酔鎮痛専門医が非常勤で在籍しています。診療対象動物は犬・猫・ウサギ・ハムスター・フェレット・モルモット・小鳥となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒940-0086 新潟県長岡市西千手2-6-13
電話 0258-34-4970
ホームページ http://seton.jp/

山田動物クリニック

特徴

診療科目に内科があります。CTなどの高度な医療機器が導入されています。日祝(午前)も診療があること、月曜日から土曜日は20:00まで診療が行われていること、飼い主からの支持も多く集まっている病院であることなどから選ばせていただきました。急性の腎不全の場合は診療時間が長いことがありがたいと思われます。

アクセス・連絡先

住所 〒940-0098 新潟県長岡市信濃2-13-21
電話 0258-33-2522
ホームページ http://www.yacnet.co.jp/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【熊本】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【長崎】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【奈良】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【鳥取】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【福井】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全