2016年4月29日更新

トイ・プードルの寿命ってどのくらい?長く楽しく暮らしていくためには?

飼ってみたい犬の人気ランキングでもいつも上位に入るトイ・プードル。カットの仕方で様々な表情を見せてくれるのが魅力ですね。最近では犬の健康に注意して、健康で長生きを心がけている飼い主の方が増えています。どうしたら健康で長生きできるのか?長寿の秘訣や、高齢になった時の注意点などを調べてみました。

トイ・プードルの平均的な寿命は?

トイ・プードルの寿命については色々な説があります。その1つにトイ・プードルよりティーカップ・プードルの方が寿命が短いというものがありますが、そもそもティーカップ・プードルはJKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)で正式に認められた犬種ではありません。またサイズによって寿命が異なるようなこともありません。これは一部の悪質なブリーダーが規定のサイズより小さく生まれてしまった体の弱い子犬を、ティーカップ・プードルとして販売していた結果だといわれています。

ではトイ・プードルの平均的な寿命はどのくらいなのでしょうか。トイ・プードルの平均的な寿命は12歳~15歳といわれています。人間の年齢に換算して考えるとおおよそ56歳~76歳ですね。最近では生活環境や医療の充実などから寿命も延びており、14歳~17歳が寿命だともいわれているようです。大型犬や中型犬に比べると5年~6年、他の小型犬と比べても1年~2年寿命が長い、比較的丈夫な犬種だといえるでしょう。

長生きのポイントは?

長く一緒にいられるのなら、できれば元気で楽しく過ごしていきたいですよね。では何に注意したら健康寿命を延ばしていくことができるのでしょうか?

基本は食生活

犬の死亡原因で意外と多いのが歯周病です。犬でも人間でも自分の歯で噛んで食べることは長寿の秘訣ですね。歯周病を防ぐのに1番よいのはもちろん歯磨きの癖をつけることですが、なかなか嫌がってきれいに磨かせてもらえないものです。サプリや歯磨きガムなどを利用するのもよい方法ですが、甘いお菓子やでんぷん質の高い食事をさけることでもかなり予防になります。また決められた量を1日2回に分けて与えること、おやつの量を決めておくことも大切なことです。

最近ではドッグフードも用途によって使い分けられるように多くの種類が販売されています。バランスのよい食事にするためには、かかりつけの獣医と相談して体にあったドッグフードを選ぶのもよい方法ですね。

imasia_1176710_S

ストレスをためさせない生活

トイ・プードルは小型犬のなかでも賢く、人の感情に敏感な犬だといわれています。そのため飼い主と離れることにとてもストレスを感じてしまうようです。でも留守番をさせないで生活していくのはなかなか難しいことですよね。

留守番をさせる時はお気に入りのクッションを用意してあげるなど、リラックスできる環境を整えてあげましょう。またストレスがたまったら発散させてあげることが大切です。お気に入りのおもちゃを見つけて留守番の時には置いておいてあげるのもよいでしょう。

トイ・プードルには散歩が必要

トイ・プードルは元は猟犬であるプードルを小型に改良した犬です。そのため猟犬としての気質や習性をしっかりと受け継いでおり、他の小型犬のように室内で遊ばせるだけで十分というわけにはいきません。

トイ・プードルの場合は1日最低でも30分の運動が必要だといわれています。足や腰への負担を軽減するためには、できれば1回10分~15分程度の散歩を2回くらいに分けて行うのが理想的です。

季節による室温の管理

トイ・プードルは体温も高くフワフワの被毛に体を覆われているので冬の寒さには強い犬種ですが、高温多湿の夏には弱く食欲が落ちてしまったりします。だからといって冷房をきかせてしまうと、常に室内の低いところで生活している犬にとっては冷え過ぎになってしまいます。

トイ・プードルの理想の室温は20℃以上といわれています。季節によるエアコンの設定温度ですが、冬場は28℃くらいで犬用のヒーターなどを利用しましょう。夏場は26℃くらいにして扇風機などを利用して空気を循環させてあげるとよいでしょう。

また梅雨時や夏場の湿気は皮膚病の原因にもなります。湿気の多い季節はブラッシングをこまめに行って、皮膚の状態を常にチェックしてあげましょう。

シニアになったら注意してあげたいこと

活発で元気なトイ・プードルは、いわゆるシニアと呼ばれる7歳~10歳くらいになってもエネルギッシュなため、老化を見落としやすい犬種でもあるようです。

本来は小型犬の場合は10歳くらいからはシニアとしての生活に移行していくとよいといわれています。シニアになるとどうしてもホルモンのバランスが崩れ、オスは前立腺肥大や精巣腫瘍、メスは子宮蓄膿症や乳腺腫瘍になりやすくなります。またトイ・プードルはシニアになると腫瘍のできやすい犬種なので、癌などの危険性も高くなります。どんなに見た目が若々しくても、半年に1回は定期検診に連れて行ってあげるとよいでしょう。

素材_shutterstock_302128775

元気に長く生活していくためには

犬にとっても人間にとっても、健康寿命を延ばすためにはストレスをためないことが大切なようです。そうはいってもまるでストレスなく生活させてあげることは、難しいことですよね。

ストレスとうまく付き合っていくためには、たまったらうまく発散させてあげることです。犬にとってのストレス発散は十分な運動と飼い主とのスキンシップです。出来る限り愛犬との時間をとって、好きなおもちゃで遊んであげたりマッサージを兼ねて体を触ってあげることが、愛犬と楽しく過ごす時間を長くしていくのかもしれませんね。

トイプードルについて詳しく知りたい方はこちら
トイプードルの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

トイ・プードルの性格や飼う時の注意点をまとめました!

トイ・プードルのかかりやすい病気 【関連記事】トイ・プードルの病気〜獣医師が解説するトイ・プードルのかかりやすい病気〜 犬種特有の病気では皮膚の病気、目の病気、関節の病気、てんか……

犬の習性

神奈川で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

愛知で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

トイ・プードルの寿命ってどのくらい?長く楽しく暮らしていくためには?

飼ってみたい犬の人気ランキングでもいつも上位に入るトイ・プードル。カットの仕方で様々な表情を見せてくれるのが魅力ですね。最近では犬の健康に注意して、健康で長生きを心がけている飼い主の方が増え……

トイ・プードル

埼玉で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気