2015年11月1日更新

【愛媛】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

愛媛県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

泉動物クリニック

特徴

犬・猫の診療を中心とした小動物の動物病院です。通常診療において、動物が本来もっている自然治癒力を最大限に生かす治療を目指しているといいます。現代獣医学だけではなく、補完・代替療法を取り入れた統合的な治療を目指しているといいます。

この病院では、腎不全などに有用とされるホモトキシコロジー療法が導入されています。ホモトキシコロジーは特に猫の慢性腎不全に対する治療法としての認知度が高いようですが、実際は内科外科問わずあらゆる場面で使用が可能ということです。また、酸化療法(血液バイオフォトセラピー、過酸化水素(H₂O₂)点滴療法)なども受けることが可能です。

アクセス・連絡先

住所 〒792-0804 愛媛県新居浜市田所町 7-30
電話 0897-36-2070
ホームページ http://izumi-ac.com/animalclinic/

上一動物病院

特徴

東洋医学(漢方治療、鍼灸治療など)が導入されているという情報があるため選ばせていただきました。ホームページなどがなく、詳細が不明のため来院前に確認をしてみてください。診療対象動物は犬、猫となります。駐車場有(確認してみてください)。

診療時間
午前 月-土 09:00-12:00
午後 月-金 14:00-19:00

休診
日祝
土曜日午後

アクセス・連絡先

住所 〒799-3431 愛媛県大洲市白滝甲150-1
電話 0893-54-0158
ホームページ ———————————

セントラルシティ動物病院

特徴

家族の一員であるかけがえのない小さな命を、いつまでも守れる病院でありたいというところです。CTやMRIなど、高度な医療機器が導入されています。こちらでは輸血療法(そのためにドナー登録も募集しています)があるので、腎不全のための貧血時などに有効だと思われます。また腫瘍などに対する温熱療法も導入されています。診療対象動物は犬、猫、小鳥、ウサギ、ハムスター、フェレットなどとなっています。

アクセス・連絡先

宇野動物病院
住所 〒799-0112 愛媛県四国中央市金生町山田井181-3
電話 0896-58-7321

セントラルシティ動物病院
住所 〒799-0113 愛媛県四国中央市妻鳥町2014-1
電話 0896-22-3815
ホームページ http://www.unoanimal.co.jp/

にいはま動物病院

特徴

ひとりひとりの患者に対して十分時間をかけ、オーナーが納得のいくまで説明をした上で、最善の治療をするように心掛けているという動物病院です。CTなどの高度な医療機器が導入されています。腎不全については、獣医師の医師会での症例報告として、「フェレットの慢性腎不全による貧血に対しダルベポエチンαを用いた1例」が発表されています。また泌尿器疾患の症例として尿管ステント手術があげられています。

診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、小鳥などとなっています(爬虫類、両生類は診療していません)。

アクセス・連絡先

住所 〒792-0017 愛媛県新居浜市若水町1丁目1-11
電話 0897-33-2340
ホームページ http://niihama-a-h.sakura.ne.jp/

ほんぐう動物病院

特徴

最新の技術・設備を導入し親切・丁寧な治療を心掛けているという動物病院です。慢性腎臓病に関しては、ブドウを食べると腎不全を起こす可能性があるということ、また、それ以外でも食欲が無くて、吐いてしんどいように見えるということで来院し、検査の結果腎臓病ということがわかった場合、かなり進行していることが多いといいます。初期の段階ではなんとなく食欲がないとかたまに吐くという症状なので一時的なものかと思いがちということですが、血液検査で数値に変化がある段階ですら、腎臓組織の75%以上は壊れてしまっているといわれています。一度壊れた腎臓の組織は再生しないため、治療によって症状は改善できても腎臓を元に戻すことはできません。そのため進行した腎不全では輸液や透析をずっと継続して行なっていく必要があります。もう少し早期に発見するには、尿検査、超音波検査等をあげています。気になることがあれば早目に病院へ、ということです。診療対象動物は犬、猫、ハムスター、ウサギなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒794-0840 愛媛県今治市中寺950-4
電話 0898-32-2445
ホームページ http://www.hongu-ah.jp/

どい動物病院

特徴

わかりやすい説明、体に優しい治療をモットーにペットのかかりつけ医として治療を行っているという動物病院です。腎不全などについては、どの程度治療が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院であること、セカンドオピニオンにも選ばれることが多いということなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫となっています。水曜午前は電話確認が必要で、水曜午後、日曜午後は休診ですが、日曜(午前)は診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒790-0941 愛媛県松山市和泉南3-3-19
電話  089-905-0021
ホームページ http://www.doi-animal-h.com/

OK-ONE動物病院

特徴

診療のほか、看護に力を入れている動物病院です。慢性腎不全の場合、回復するということはなく、長く治療をすることになるので、看護体制があるとよい可能性もあるということで選ばせていただきました。基本的に休診日がないということです。

診療は予約優先で、急患の場合は例外となります。診療対象動物は犬、猫となります。こちらの病院のかかりつけの患者に関しては(継続治療、予防接種などを受けている場合)夜間救急対応などをしています。また同居のエキゾチックアニマル(小鳥・ウサギ・フェレット・ハムスター)の診療も行うということです。予約表に書いてある院長の携帯番号に電話し、名前、カルテ番号、症状を残します。対応できないこともあるといいます。

アクセス・連絡先

住所 〒791-0216 愛媛県東温市野田1丁目18-1
電話 089-964-5320
ホームページ http://ok-one.jp/

フェアリー動物病院

特徴

わかりやすい説明、細やかな心づかいをモットーに飼い主とペットのかけ橋となる手伝いをするという動物病院です。腎不全についてはどの程度治療が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院であること、木曜は休診ですが、日祝(午前)も診療があることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモット、小鳥となっています。休診などの告知はホームページ「お知らせ」に掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒790-0932 愛媛県松山市東石井3-8-3
電話  089-969-0123
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/fairy_ah/

むらかみ動物病院

特徴

7歳以上の犬猫に健康診断を勧めているといいます。長生きする動物が増えた一方、高齢化に伴い腫瘍性疾患や心臓病、腎臓病などの高齢期に特有の病気が増加傾向にあります。これらの病気は早期発見が病気克服のために非常に大切だからということです。内容は身体検査、尿検査(腎臓病発見に有用)、分便検査、眼科検査、血液一般検査、血液性化学検査(腎臓病発見に有用)、東部、胸部、腹部エコー検査となっています。

猫、小型犬(10キロ未満)で15000円、中型犬(10-20キロ未満)18000円、大型犬(20キロ以上)21000円となっています。追加検査(優良)でエコー検査、血液内分泌検査、血液凝固系検査なども用意されています。診療対象動物は犬、猫となっています。木曜は休診ですが、日祝(午前)も診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒790-0903 愛媛県松山市東野1丁目5-21
電話 089-977-991
ホームページ http://murakami-dogcat.com/

かむら動物病院

特徴

安全かつ高精度の診断・治療を可能にする最新の設備と、スタッフのきめ細やかな対応といったハード面・ソフト面の充実を図ることで、より満足度の高い医療の提供を目指しているという動物病院です。腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。腎不全の末期の猫まで丁寧に治療を行ってくれたという飼い主からの支持もあるところです。

日曜日も通常診療があります(祝日のみ休診)。臨時休診の告知などはホームページトップに掲載されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、鳥、陸ガメ 他応相談(エキゾチックアニマルの診療にも力を入れているということです)となっています。初診の場合、右のほうに問診票があるので、ダウンロードして記入して持参すると受付がスムーズとなります。

アクセス・連絡先

住所 〒791-3142 愛媛県伊予郡松前町上高柳596
電話  089-984-3881
ホームページ http://kamura-ah.jpn.org/

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【石川】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【千葉】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【山梨】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【兵庫】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全

【島根】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例……

犬の急性腎不全