2016年3月11日更新

『猫バンバンプロジェクト』気になる全国一斉調査の結果は…

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

画像出典:PR TIMES
2016年1月から日産自動車が本格的に進めている『猫バンバンプロジェクト』!そして、2月22日に実施した『全国一斉猫バンバン調査』の結果が発表されました。

 

猫バンバンとは??

寒い季節になるとゆっくりと過ごせる暖かい場所を求めて外猫さんたちは車のエンジンルームやタイヤの隙間に入ってしまうことがあります。『猫バンバン』とは自動車の隙間に入ってしまった猫さんに、こちらの存在を気付かせるため、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションのことです。
sub3
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000005522.html
猫に気付かずエンジン始動をしてしまうと…そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するという呼びかけが毎年冬前には行われていました。それを日産自動車がプロジェクトとして大々的に広めたのが『猫バンバン』です!

気になるアンケート結果は??

main
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000005522.html
SNSを使用してアンケートを実施した結果がコチラ!!

猫バンバンしたときに猫がいた割合

14%(208人中30人)

猫がいた場所

  • 車の下 14件
  • タイヤのそば、上 8件
  • ボンネット上 6件
  • ボンネットの中 3件
  • 屋根の上 3件

地域別猫がいた率

  • 北海道・東北地方 10%
  • 関東・中部地方 16%
  • 近畿・中国地方 19%
  • 四国・九州地方 12%

屋根の上やボンネットの上にいた猫さんたちは目で確認でき、車のそばから離れてもらう交渉も容易だと考えると、『猫バンバン』によって助かった猫さんたちはおよそ20匹!

暖かくなってきたからといって油断は禁物です。暗くて狭いところを好む猫さんたちは季節の関係なく、エンジンルームやタイヤの隙間に入っている可能性があります。猫さんを救うためにも、車を大切にするためにも、『猫バンバン』が広く浸透し、常識になることを願っています!!

 
 

関連カテゴリ