2015年11月1日更新

【滋賀】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

滋賀県で腎不全に強い動物病院10選

2015年11月現在 順不同

ちかむね動物病院

特徴

予防と治癒力アップに力を入れているという動物病院です。飼い主の希望に沿った治療を行うために、コミュニケーションを大切にしているといいます。腎不全の症例があること、飼い主からの支持も多く集まっている病院であることなどから選ばせていただきました。動物の立場に立った親身な治療だという評判があります。腎不全については嘔吐、食欲不振、多飲多尿などの症状がみられた時にはすでに腎臓機能の70%が失われているということなので、早期発見、治療のため定期健診を勧めています。

診療対象動物は犬、猫、ウサギ、エキゾチックアニマル(モルモット、ハムスター)などとなっています。エキゾチック診療経験も豊富だということです。予約は必要ありませんが、時間内での診療のため早めに来院してください。時間外については問い合わせてみてください。また往診も対応がありますが、初診での往診はできません。

アクセス・連絡先

住所 〒520-2132 滋賀県大津市神領3-4-12
電話 077-543-1222
ホームページ http://www.chikamune-vet.com/

野田山動物病院

特徴

「おもんばかる」気持ちを大切にしているという動物病院です。診療科目に腎疾患、泌尿器疾患をあげています。火曜日は休診ですが祝日(午前)、日曜日の全日も診療があります。休診の告知については、ホームページに掲載されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモットなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒522-0025 滋賀県彦根市野田山町1058-1
電話 0749-26-2528
ホームページ http://www.mt-noda.com/

もともち動物病院

特徴

飼い主と大切な動物へたっぷりの愛情でこたえるという動物病院です。正確な診断に基づく治療をモットーにしていますが、獣医師の方針を押し付けることなく飼い主とコミュニケーションをとりながら、数ある治療方針の中で最適な治療を提案し、互いに納得できる治療を行なうよう心がけているといいます。腎不全については、ブドウを食べると犬猫に良くなく、中毒を起こし、腎不全を引き起こす可能性があるので注意してほしい、ということです。

獣医師不在や休診などの告知については、ホームページに情報が記載されています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターとなっています。夜間、休日救急については、可能な限り対応をしています。留守電に名前、カルテ番号、電話、用件を残すと、対応ができるときは30分以内に折り返し電話があります。22:00-02:00は、南京都夜間動物診療所(0774-44-3139)に連絡をしてほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒520-0851 滋賀県大津市唐橋町22-6
電話 077-537-6437
ホームページ http://www.motomochi.jp/

クレア動物病院

特徴

それぞれの動物たちにあったオーダーメイドな治療、インフォームドコンセントの徹底などをポリシーとしている動物病院です。動物たちとの幸せな生活をつくって行くサポートをするといいます。CTなど高度な医療機器が導入されています。一般内科、総合診療科で、腎臓、泌尿器科を扱っています。急性・慢性腎不全、腎結石、尿管結石、膀胱炎、膀胱結石、尿道結石などの症例があげられています。

初診の場合、ホームページから問診票をダウンロードし、記入して持参すると受付がスムーズとなります。診察は予約制ではありません。手術、往診については予約制です。日祝午前(09:00-11:00)も診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒520-2101滋賀県大津市青山5-13-21
電話 077-549-8123
ホームページ http://www.crea-vet.com/

みかみ動物病院

特徴

腎不全については、療養食のメーカーのセミナー開催などを受けたりしています。高齢化する犬や猫にとって、今もっとも気を付けるべき病気が慢性腎不全です。犬では死因の3位、猫では1位になります。腎不全とうまく付き合っていくかが、さらなる長生きのポイントといいます。早期の治療であればあるほど、腎臓へのダメージからより多くの腎臓から守られます。

体調の変化をしっかり把握することはもちろん、定期的な尿検査、血液検査などを行い早期発見を心がけてほしいということです。また、こちらは実習生の受け入れ、ふれあい教室の手伝い、里親探しの手伝いなど、ボランティア精神がある病院でもあります。休診日についてはホームページのなかのブログに告知が掲載されています。木曜、日曜午後は休診ですが、日曜(午後)、祝日も診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町443
電話 0748-31-4712
ホームページ http://mikami-ah.com/

アツキ動物医療センター

特徴

技術の向上をもとに日々努力を重ね、それらの医療を紹介、追求すべく、高度医療部門(2次診療)を設立した動物病院です。従来道理の一時診療(よくある病気をできるだけ安く治療する地域医療)の方針も継続しているといいます。CTなど高度な医療機器が導入されています。腎不全についてはどの程度治療が可能かは不明ですが、前述の高度な医療も可能であること、木曜午後は休診ですが日祝も診療があることなどから選ばせていただきました。

アクセス・連絡先

住所 〒525-0058 滋賀県草津市野路東4丁目17-3
電話 077-567-5999
ホームページ http://atsuki-animalhospital.com/

唐崎アニマルクリニック

特徴

腎不全についてはどの程度治療が可能かは不明ですが、下記に記載しているように救急対応があること、東洋医学(漢方)を導入しているという情報などから選ばせていただきました。東洋医学については、腎不全に効果があるとされるホモトキシコロジーなどの相談がしやすいということもあるかと思います(ホームページには東洋医学の記載は特になく、
必ずしも使えるかどうかはわかりません)。

診療対象動物は犬、猫、小鳥となっています。休診についてはホームページに告知が掲載されています。年末年始の夜間救急などについても記載があります。こちらの病院では夜間救急ダイヤルが用意されており、夜間、深夜で救急の場合の対応があります。月-金22:00-05:00が対応時間で、日祝は完全休診です。11/28からは火、水が完全休診になるなど、変更がある場合もあるので電話で確認などをお願いします。

アクセス・連絡先

住所 〒520-0006 滋賀県大津市滋賀里4-9-1
電話 077-521-5410
ホームページ http://karasaki-animal.com/

もみじが丘動物病院

特徴

こちらでは猫の腎不全の症例があります。腎臓の機能を十分に果たせなくなった状態を腎不全と呼びます。「慢性腎不全」の猫も全ネフロンの75%が失われていく数年間はほとんど無症状で、血液検査上も何ら異常が現れることはありません。しかし、それ以上のネフロンが失われると、腎臓の機能に不足が生じ、排泄しなければならない老廃物が体内に残り始めます。この状況に至ってはじめて血液検査 で、「BUN」や「クレアチニン」と呼ばれる尿素を含む化合物の数値が上がり始め、そして、嘔吐や体重減少など私たちにもわかる症状が出てくるのです。

ネフロンの破壊が75%に近づいてくると、水をたくさん飲み、たくさん尿をするという「多飲多尿」という症状が現れます。この症状は、衰えた腎臓の機能を「水を余分に飲む」ことで補おうとする症状で、「BUN」や「クレアチニン」の上昇に先立って現れます。この症状のおかげで「BUN」や「クレアチニン」が正常に維持されるとも言えますが、反面、残存したネフロンに通常よりも大きな負荷がかかり、ネフロンの崩壊を早めているということも覚えておかねばなりません。「多飲多尿」のSOSサインが出たら、まず動物病院で検査を受け、血液や尿の状態を調べてもらうことが大切です。「BUN」や「クレアチニン」の上昇はないか?オシッコは薄くないか?また、最近では腎臓の形や大きさ、内部構造に至るまで、エコー検査を受けたりするといいます。

休診などについては告知がホームページに記載されています。日祝(午前)も診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒520-2277 滋賀県大津市関津6丁目22-22 
電話 077-546-0066
ホームページ http://www.momiji.org/

たねい動物病院

特徴

喜びと驚きを飼い主にプレゼントするという、地域密着型のアットホームな動物病院です。腎不全の症例があること、水曜日、日曜午後は休診ですが日曜午前、祝日も診療がある病院であることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、その他小動物となっています。初診受け付けは診療時間の終了の30分前となっているので注意して来院してください。

アクセス・連絡先

住所 〒523-0892 滋賀県近江八幡市出町874
電話 0748-33-5777
ホームページ http://www.tanei-ah.com/

うの動物病院

特徴

予防獣医学に力を入れているという動物病院です。外耳炎を含めた皮膚疾患に力を入れているというところなのですが、腎不全についてもふれており、初期には何ら症状はないのですが「多飲多尿」ではじまり「嘔吐」「食欲不振」「貧血」「体重減少」などの症状があらわれてくるといいます。特に慢性腎不全は進行性の病気のため完治する事ことはできません。

早期に病気を発見し適切な治療をすることで病気の進行を遅らせペットの生活の質を良い状態で維持する事が治療の目標となります。この病院では、経口吸着剤 や腎血流量増加作用剤などの薬物療法、腎臓に負担をかけるリンや蛋白質、塩分を制限した処方食による食事療法を推奨しています。休診などについては、ホームページ「病院からのお知らせ」に告知が掲載されます。

アクセス・連絡先

住所 〒527-0033 滋賀県東近江市東沖野1-6-21
電話 0748-25-0018
ホームページ http://unoahc.com/

 
 

関連カテゴリ