2015年11月1日更新

【宮崎】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

宮崎県で腎不全に強い動物病院10選

2015年12月現在 順不同

コウロギ動物病院

特徴

西洋医学はもちろん、からだ全体の体質改善、治癒能力の向上や心のケアのため、ホモトキシコロジー等の統合医療を導入した診療(自然療法)も行っているという病院です。腎不全に関してはホモトキシコロジーが有効とする病院も多いので、相談するのに適したところだといえるでしょう。診療対象動物は犬、猫となっています。休診日の告知についてはホームページに情報が記載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒889-1609 宮崎県宮崎市清武町あさひ1丁目59番地 
電話 0985-67-4312
ホームページ http://www4.plala.or.jp/korogi_a_c/

宮崎大学農学部附属動物病院

特徴

こちらは高度な医療を受けられる二次的診療施設です。CTやMRIなど高度な医療機器が導入されています。宮崎県獣医師会の会員動物病院とともに「宮崎地域動物医療ネットワーク」を運営する中核病院ということです。完全予約制であり、かかりつけの動物病院からの紹介が必要となりますが、他病院で対応ができない場合のためにということで掲載させていただきました。基本的に犬猫が対象となっています(エキゾチックアニマル/ウサギ、ハムスター等、鳥類、野生動物の診療は原則的に行っていません)。

アクセス・連絡先

住所 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1(宮崎大学木花キャンパス)
電話 0985-58-7286
ホームページ http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~vet/vet_hosp/

たばる動物病院

特徴

動物に優しい治療を目指しているという動物病院です。猫の腎不全について触れており、人やマウスと異なり、猫の腎不全は食事療法がその進展(悪化)を抑制するということです。一般的なのは、家族性腎症といって、遺伝性です。猫では、アビシニアンやペルシャ種では他猫種の2倍以上の確率で腎不全が起きます。犬では、シーズーやゴールデンリトリバーの先天性腎低形成などです。

後天性の原因には糸球体腎炎が多いとされ、これは免疫複合体が糸球体に沈着して腎不全を起こすと考えられていますが不明の点が多々あります。他にも、全身性エリテマトーデス(SLE)、FIP(猫伝染性腹膜炎)、腎毒性物質(エチレングリコールなどの不凍液、ヒ素、銀、鉛などの重金属、一部の抗生物質などの薬剤)など、さまざまな要因で腎不全が発症するといいます。第Ⅰ期(予備能力の減少:正常の50%以下)・・・臨床兆候はなし。腎臓が徐々に障害を受ける,第Ⅱ期(代償性腎不全期:正常の50~30%)・・・多飲多尿の症状。腎機能検査の軽度異常,第Ⅲ期(非代償性腎不全期:30~5%)・・・腎不全期。CreおよびBUNの上昇,第Ⅳ期(尿毒症期:正常の5%以下)・・・尿毒症が併発。多彩な臨床症状。末期腎不全ということです。

対応は食餌療法、脱水補正、尿毒素をためない(活性炭など)、高血圧、貧血を防ぐ、最後の手段として腹膜透析などがあるということです。早期発見のため健康診断を勧めているということです。(自宅点滴についても相談できるという情報もあります。確認してみてください)

アクセス・連絡先

住所 〒880-0925 宮崎県宮崎市大字本郷北方3112
電話  0985-52-5767
ホームページ http://tabaru.9syu.net/

緑ヶ丘どうぶつ病院

特徴

腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院のため選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫となっていますが、ウサギなどのエキゾチックにいも対応しているという情報もありますので、来院前に確認することをお勧めします。駐車場有(少ないという情報あり。)電話での予約も可能ということですが、診療時間などについての情報が少ないため、こちらも確認してみてください。

アクセス・連絡先

住所 〒882-0863 宮崎県延岡市緑ケ丘2丁目23-5
電話 0982-26-2766
ホームページ ————–

いきめ動物病院

特徴

飼い主と相談して、検査・治療に際し多くの選択肢を用意し、飼い主に選択してもらうことにより、オーダーメイドな治療を目指しているという動物病院です。一般診療、各種外科手術(整形外科、椎間板ヘルニアなど)、再生医療(幹細胞治療)を行っています。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、昼休みが短くとられていること(09:00-12:00 13:00-18:00が診療時間)、再生医療も導入されていることなどから選ばせていただきました。こちらは予約制となっています。電話予約をして来院してください。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒880-2104 宮崎県宮崎市大字浮田3036-4
電話  0985-47-6006
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0985476006/index.html(iタウンページ)

青葉どうぶつ病院

特徴

腎不全については、どの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持も多く集まっている病院であること、休診日がない(情報ではそうなっていますが確認してみてください)ことから選ばせていただきました。人気があるためこむことも多いようです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモット、フェレット、リス、小鳥などとなっています。予約診療ではないようです。駐車場有。カード対応なし。

診療時間
月-土 09:00-12:00 15:00-19:00
日祝 09:00-12:00 15:00-17:00

アクセス・連絡先

住所 〒880-0842 宮崎県宮崎市青葉町103-1
電話 0985-22-1228 
ホームページ ———————–

篠原動物病院

特徴

治療の第一歩は飼い主との信頼関係だという動物病院です。日祝(午前)も診療があること、エキゾチックへの対応が充実していること、爬虫類の結石などの泌尿器系疾患に対応した症例があることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、鳥、フェレット、カメ、小動物となっています。

エキゾチックアニマルについてはかなり本格的な診療を行っており、フェレット、ウサギの定期健診も実施されています。鳥類も血液検査やそのう検査も可能で、処方食も用意されています。爬虫類も診察だけではなく、手術も可能となっています。アカウミガメの保護活動を行っているなど、ボランティア精神のある病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒880-0021 宮崎県宮崎市清水3-5-4
電話 0985-26-1136
ホームページ http://sac.9syu.net/

マイルド動物病院

特徴

内科と、漢方薬を主体としたペットのガン、アレルギー性皮膚炎治療を行っている病院です。腎不全については、どの程度対応が可能かは不明ですが、漢方治療を行っているということで泌尿器関連、腎疾患についても対応があるのではということから選ばせていただきました。日祝、時間外、夜間救急については、対応が可能な場合は診療しているとのことです(電話確認をしてください)。

アクセス・連絡先

住所 〒880-0023 宮崎市和知川原2-20-3
電話 0985-28-4790
ホームページ http://mild.area9.jp/blog/(ブログ)

綾部動物病院

特徴

腎不全については、猫の結石から尿道閉塞を起こし、腎不全になる危険性をあげています。尿の病気として多いのが、ストレスや環境要因が原因とされる特発性膀胱炎と、膀胱結石や尿道結石などの尿路結石(ストルバイトやシュウ酸カルシウム)があるといいます。主な症状としてはいずれも血尿、頻尿、トイレ以外の場所の粗相、尿が出にくい、尿の際に痛そうになくなど。

リスク要因としてストレス、肥満、遺伝、食事、水をあまり飲まない、室内飼育、多頭飼育などがあるということです。予防にはストレスを減らすため多頭飼育を避ける、もしくは十分な空間の確保、トイレの清潔さ(頭数プラス1のトイレ)、食事に気をつける、水飲み場の複数の設置、肥満に気をつけるなどとしています。気になることがあればすぐに病院に相談してほしいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒880-0054 宮崎県宮崎市神宮町461-3
電話 0985-22-8584

赤江分院
住所 〒880-0054 宮崎県宮崎市神宮町461-3
電話 0985-63-5060

大塚分院
住所 〒880-0054 宮崎県宮崎市神宮町461-3
電話 0985-48-3906

ホームページ http://www.ayabe-ah.com/

玉田動物病院

特徴

動物本位の診療、インフォームドコンセントの徹底、診療料金の明確化、常に最新技術を取り入れる、というのがモットーの動物病院です。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、漢方なども取り入れるなどの柔軟な対応をしているということから選ばせていただきました。飼い主からの支持も多く集まっている病院です。

診療対象動物は犬、猫、鳥、ウサギ、ハムスター、モルモットなどの小動物となっています。日曜日は休診ですが、祝日は診療があります。学会等の臨時休診もあるため来院前に電話で確認するとよいでしょう。また休診予定日はトップページ「予定表」にも記載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒880-0036 宮崎県宮崎市花ヶ島町水町1847-1
電話 985-28-3055
ホームページ http://www.face.ne.jp/tamadaah/

 
 

関連カテゴリ